ある日の比呂美6


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



眞一郎との約束の日は、この季節らしい曇天だった。
今にも雪が零れ落ちそうな……そんな空を、部屋の窓からボンヤリと見つめる。
朋与は今日、登校していない。
母が出勤したあとで、担任と部活の顧問に自分で連絡を入れ、『風邪』をひいたという事にしてしまった。
《湯浅が代わりに何とかするだろ。ちゃんと休んで、早く治せよ》
顧問の先生は、そう言葉で見舞ってくれるのと共に、比呂美が昨日の無断欠席を謝罪に来た事も教えてくれた。
(……比呂美は学校に来てる……)
……あれほど憔悴しきっていたというのに……
迷っている時のあの娘は、とても弱い。平気な顔で日常を営むことなど出来ないはずだ。
……比呂美も答えにたどり着いたのだな……と朋与は理解した。
分かるのだ。だって『親友』だから。
そして朋与は、『友情』という思考を閉じて、比呂美の事を考えるのを止める。
比呂美の想いを気遣って……などという言い訳はしたくなかった。
このあと起こる出来事に比呂美は関係ない。これは自分と眞一郎の問題なのだ。
…………
壁の時計に目をやる。もうすぐ眞一郎がやってくる頃だった。
(…………もう時間か……)
仮病の電話をしてからこれまでの時間、朋与は意図的に何もしないで時をやり過ごした。
テレビも観ないし、ネットも繋がない。漫画も文庫本も読まないし、音楽も聴かない。
時折、脚に纏わり付いてくる猫のボーも無視した。
何かに集中することで、時間が早く過ぎてしまうのが怖かったのだ。
もちろん、そんなことで物理的に時間が延長されるわけはない。
……それでも……朋与は自分の中で燻る『恋心』の要求を、完全に抑え込むことは出来なかった。
『終わりの始まり』を遅らせたい…… 少しでも長く、眞一郎を好きな自分でいたい……
…………
だが、現実はどこまでも朋与に対して残酷だった。
部屋の窓に切り取られた、彩度の失せた世界。その隅にライトグリーンの点が現れる。
何度か目にした事のある、特徴的なデザインのコート。
「変な趣味」とからかったことを思い出し、朋与は泣きそうになった。
(……なんで……約束どおりに来るのよ……)
少しくらい遅れて来れば良いのに。時間なんて守れない……いい加減な男になればいいのに……
…………いい加減な男に……なってくれれば……
そうすれば……比呂美と自分のあいだを……器用に立ち回って……そして……
…………
「ハハ……馬鹿じゃないの、私」
乾いた声を出して、間の抜けた妄想を笑う。
眞一郎がそんな男なら、自分も比呂美もこんなに彼を愛したりしない。
……こんな……胸の奥にある大切なモノが砕かれる苦しみを……味わうことはない……
…………
(……始めよう……)
朋与は窓から離れると鏡の前に立ち、今日の天気の様に曇った自分の顔に、ピシャっと平手で喝を入れた。
表情筋を想いとは逆に動かし、無理矢理に笑顔を作る。
自室を出て階段を降り、玄関へ。そしてチャイムが鳴るのを待っていると、ほどなく、眞一郎はやってきた。
朋与は呼び鈴と同時にドアを開け、満面の笑みで出迎える。
「……あ…」
眞一郎が口を開くよりも早く、その身体を中へ引っ張り込み、ドアを閉めてから乳房を押し付けるようにして抱きつく。
「……待ってたよ……」
眞一郎の反応は無い。平坦な表情を変えることも無く、朋与のしたいように身体を任せていた。
「来て、早く」と眞一郎の耳元で囁いて、一年前と同じ様に袖を引いて階段を上がる。
…………
朋与は気づいていた。
眞一郎が、自分と同じ様に感情を押し隠す『仮面』を付けていることに。
お互いに涙を隠す仮面を被って演じる、観客のいない二人だけのお芝居……
……そして……その仮面を外した時……自分と眞一郎は……
…………
(大丈夫……私は……大丈夫……)
覚悟はとっくに出来ている…… その固い決意とは裏腹に、笑顔の仮面の裏側で、朋与の心は泣いていた。

(変わってないな……)
朋与の部屋は『あの時』のまま、時間が止まっているかのようだった。
その景色はまるで、無意識に凍結させていた自分と朋与の気持ちが、形になって現れたように眞一郎には思えた。
「さぁ、しよ」
ドアの側から動かない眞一郎を放置して、朋与は服を脱ぎはじめ、あっという間に下着だけになってしまう。
ライトグレーのスポーツブラに包まれた朋与の乳房が眼にとまり、思わず視線を逸らす眞一郎。
朋与はクスッと笑いながら「今更なに照れてんの」と、幾分成長した胸を持ち上げてみせる。
そして机の引き出しを開けて中を漁ると、小さな箱を取り出して見せた。
「じゃ~ん!これ、買っておきました~!」
誇らしげに眞一郎に突き出される、高級スキンの箱。
朋与のテンションは上昇を続け、ニコニコしながら手にした物の説明を始める。
「これ凄いんだって。『つけているのに、つけてない感触』らしいよ」
薄々だよ~、きっと気持ち良いよ~、などと上機嫌な様子の朋与に、眞一郎は意を決して近づいていった。
見るからに不自然な浮かれ方をしている朋与から、スキンの箱を取り上げ、部屋の隅に投げ捨てる。
射抜くような眞一郎の視線に捕らえられ、朋与の動きがピタリと止まると、その顔から笑みが消えた。
…………そして…………
目の前まで迫った眞一郎の胸に、もたれ掛かるように身を預ける朋与。
「…………いいよ……眞一郎がつけたくないなら……そのまましてもいい……」
好きにしていい…… また中に出してもいい…… 妊娠したって……構わない……
そう囁いて、朋与は腕を眞一郎の背中へと滑らせる。
だが、その手が眞一郎を抱きしめる前に、朋与の身体は強い力で引き離された。
「…………眞一郎……」
「分かってるはずだ。俺が……何をしにここへ来たか」
朋与の瞳の色が濁り、眞一郎の眼差しが苦痛だと言わんばかりに眼を逸らす。
「……分かんない」
「朋与!」
「分かんないよッッ!!」
再び向けられた朋与の双眼は、悲しみに満ち溢れていた。
「…………比呂美なんて……眞一郎に相応しくないじゃん……」
朋与の口から漏れ出す、比呂美を罵倒する口汚い言葉の数々。
ちょっと可愛いからって調子にのってる…… 先に眞一郎に出逢ったからっていい気になってる……
いつも眞一郎を悲しませるクセに…… いつも眞一郎を苦しめるクセに……
瞳を真っ赤に充血させて比呂美を罵る朋与を、眞一郎も悲しみに染まった眼で見つめる。
「……ひ…比呂美なんてッッ!!!」
「もうよせッ!!」
眞一郎の両手が朋与の肩を鷲掴みにして、正気に戻れとばかりに、その身体を揺さぶった。
「『俺に嫌われるための芝居』なんて、しなくていいッッ!!」
「!!!!」
朋与の唇が半分開いたまま止まり、小刻みに震え出す。
……眞一郎には分かっていた。黒部朋与は、そんなことを考える人間ではないと。
…………朋を与えると書いて『朋与』…………
その名のとおり、『朋』……友情を宝として、周りを気遣い、そして与え続ける…… そんな優しい少女……
それが眞一郎の知る『黒部朋与』だった。
……もう……彼女を自分のために苦しめてはいけない……彼女に甘えては……逃げてはいけない…………
「俺がちゃんとするから。……ちゃんと……『終わらせる』から……」
その眞一郎の言葉を聞いて、苦しげに顔を歪め「嫌だ嫌だ」と首を振る朋与。
言いたくない。聞かせたくない。朋与を傷つけたくない。
……でも…… 言わなきゃ飛べない。進めない。自分も、朋与も。
…………
眞一郎は覚悟を決め、朋与の心を切り裂くナイフを抜き放った。

眞一郎が何か言っている…… 眼を潤ませながら、何か言っている……
目の前にある唇が動くたびに、頭から血の気が失せて、視界が黒く濁っていく……
(……あぁ……始まっちゃった……)
掠れそうな意識の中で、朋与は眞一郎の言葉を噛み締めていた。
二人が心の片隅に隠していた想い……その終わりを告げる言葉を。
鼓膜が働くことを拒否しているので、眞一郎の声自体は、あまり良く聞こえない。
でも何が言いたいのか……何を言おうとしているのか……それは分かる。
眞一郎の唇が生み出す優しい言葉たちは、最後に自分の想いを粉々にするだろう。
…………もう……二度と元に戻れなくなるほど粉々に…………
そして眞一郎は苦しみを一人で背負い込もうとしている。『自分を想ってくれる人を傷つける』という苦しみを。
(大丈夫だよ…… それ半分、私が背負ってあげるから……)
二人で始めた事だから、責任は半分づつだ。そして二人で終わらせよう。
眞一郎にだけ苦しい思いなんてさせない。自分も同じだけ苦しみたい。
……だって好きだから…… ……だって……愛しているから……
…………
…………
悲しみで靄の掛かっていた朋与の瞳が、スッと閉じられる。
そして、すぐに開かれた両眼には、萎えかけていた強固な意志が蘇っていた。
「……朋……」
突然、変化した朋与の様子に、眞一郎は一瞬だけ怯んだ。
朋与は肩に掛けられた眞一郎の手を払い除け、目線の高さにあるコートの襟元を締め上げるように掴む。
「!」
驚いている眞一郎を無視し、身体の反動を利用して、すぐ右側にあるベッドへ向かって眞一郎を投げ飛ばす朋与。
眞一郎の華奢な身体は突然の投げ技に逆らえず、無様にベッドの上で仰向けになってしまった。
「な、なにを…」
眞一郎が動転している僅かな隙に、朋与はブラとショーツを脱ぎ捨て、最後に髪留めを外し放り投げた。
壁に弾かれ床を跳ねる髪留めが、カツン、カツンと乾いた音を立てる。
眞一郎がその行方に気を取られた瞬間、朋与は眞一郎の腹に馬乗りになり、強引に唇を奪った。
「ッ!!」
眞一郎の口元全体を舐め回す様に味わったあと、朋与は唇を離してニヤリと笑う。
「ゴメンね……私、乃絵じゃないから……そんなのポエムみたいなこと言われても分かんない」
「……え……」
「それに……面倒くさいのも嫌い」
朋与の豹変ぶりに、眞一郎は言葉を失った。
そして乳房を眞一郎の目の前にチラつかせたまま、朋与は扇情的で下品な言葉の羅列を浴びせかける。

    《見て……おっぱい、大きくなったでしょ?》
        《眞一郎のこと考えて……ずっと一人でシテたの……》
    《忘れられないよ…… だって凄かったんだもん、眞一郎のアレ……》
        《ねぇ、しよ。もう濡れてるの…… 早く挿入れて……》

蛇が獲物を絞め殺すような動きで、自らの裸体を眞一郎に絡ませるはじめる朋与。
「しちゃおうよ…… そしたら全部忘れられるよ…… 比呂美のこともさ……」
舌で上下の唇をペロリと舐め上げ、フフフと笑う朋与が視界いっぱいに広がった時、眞一郎の心がキレた。

「やめろォォォォっっ!!!!」

絶叫と共に朋与の身体を突き飛ばして跳ね除け、眞一郎はベッドから転げ出る。
肺の中の空気を全て消費してしまったのか、呼吸がハァハァと荒くなっていた。
「…………」
起き上がり、体勢を立て直した朋与は、男を求める眼から一転して、侮蔑するような視線を眞一郎に向ける。
「なに格好つけてんのよ……本当はヤリたいんでしょ?」
「違うッッ!!」
即座に否定する眞一郎を、朋与はゴミでも見るかのように蔑み、そして笑った。

「フフ……おかしい。チンチン硬くして、なに言ってんの?」
さっきから勃起しっぱなしじゃない、気づいてないとでも思ってる?と眼を細める朋与。
「…………よせって言ったろ。そんな芝居」
「芝居? 何のこと? 随分と私のこと買い被ってるみたいだけど……勝手な妄想は迷惑なのよね」
馬鹿じゃないの?と吐き捨ててから、朋与の『口撃』は尚も続く。
あの時、優しくしてやったのは、上手くたらし込めば玉の輿に乗れると思ったから。
仲上酒造といえば、麦端で一二を争う名家だ。
ちょっと早いかな、とは考えたが、金持ちの家に転がり込むチャンスは、そう何度もやって来ない。
相手は失恋したての童貞バカ息子。相談するフリをして近づけば、簡単に堕とせる。
いい具合に妊娠でもすれば、後の人生、左団扇で暮らしていける。
「上手く行けばって軽い気持ちで始めたのに、それがこんな面倒なことになるなんてね~」
ハハハと乾いた笑いを漏らした朋与は、話を聞く眞一郎が全く表情を変えていないことに気がついた。
「!! ……な、何とか言ったらどうなのよッッ!!!」
瞬時に顔を険しくして、眞一郎に噛み付く朋与。
その朋与の様子を見て、眞一郎は両眼から大粒の涙を溢れさせる。
「! ……また……お、男のクセにッ!!」
もうこれで三度目…… 何度、自分の前で泣けば気が済むのか!!
そう声を荒らげて罵倒する朋与に、眞一郎は静かに言った。
「……じゃあ……お前のソレは……何だよ…………」
「!!」
頬の違和感に気づき、ゆっくりと顔をなぞった朋与の指先が、水分を吸ってしっとりと濡れる。
(……私……泣い…て…………)
いつからだろう…… いつから…… これでは台無しだ…… せっかく……上手く行って…………
眞一郎を…… 眞一郎を……解放して……
…………
「もういい……もういいから……」
泣きながら微笑む眞一郎の声を合図に、ゆっくりと壊れていく朋与の表情。
涙は眼球全体を覆いつくし、その眼に映る眞一郎の像を歪める。
「朋与……」
床に倒れ込んでいた眞一郎が、ゆっくりと立ち上がるのが、ぼやけて見える。
横隔膜が痙攣をはじめ、呼吸が途切れ途切れになっていく。
…………限界が近い………… 
そう感じた朋与は、眞一郎に向かって、声を絞り出すように懇願した。
「……言って……私…私が……壊れちゃう前に……ちゃんと!……言ってッッ!!」
その悲痛な叫びを耳にし、眞一郎は震える両脚を踏ん張り、拳を固く握り締めて朋与に向き合う。
そして……涙で透明に塗装された朋与の顔を真っ直ぐに見つめながら、眞一郎はその『想い』を切り裂いた。

    『俺が愛してるのは……『朋与』じゃないッ!『比呂美』だッ!!
          これから先、ずっと側にいて欲しいのは……『湯浅比呂美』だッッ!!!」

…………
…………
一瞬の……眞一郎と朋与にとっては、永遠とも思える静寂が訪れる……
……そして、それを破ったのは、地を這うような朋与の笑い声だった。

「……ハハ……ハハハ……」
再び顔を伏せ、狂ったように笑いながら、朋与が眞一郎に向かって最初に投げつけたのは枕だった。
虚ろな表情のまま、破壊された心を表現する様に、ベッドの近くにある物を次々と眞一郎めがけて投げ続ける朋与。
文庫本、CDケース、ぬいぐるみ……朋与が手に取れる、ありとあらゆる物が眞一郎に向かって飛んでくる。
眞一郎は身体に命中するそれらを黙って、ただ黙って全身で受け止めていた。
「……ハハハ……そんなこと……そんなことね…………」
右手に目覚まし時計を手にした瞬間、朋与はグシャグシャに崩れた顔を眞一郎に向け、そして叫んだ。
「…………最初からッ…分かってるわよおおおッッッ!!!!」
弓のようにしなった朋与の右腕が、プラスチックの塊を放り投げる。
壁に叩きつけるつもりで投げたそれは、真っ直ぐに眞一郎の顔面に向かい、ガツッと音を立てて額に直撃した。
それは微動だにしない眞一郎の気力で跳ね返され、硬い床の上で部品を撒き散らしながら転げ回る。
「!」
眞一郎の額……その左側に赤いものが滲むのを見て、朋与はハッとなった。
瞬間、怪我を案じる表情を浮かべ、ベッドに沈みかけていた身体を半分立ち上げる。
「……あぁ……」と声にならない声を漏らしながら、朋与は手を眞一郎に伸ばしかけるが、瞳を伏せて思い止まる。
……もう……『眞一郎』に近づいてはダメ……触れてはダメ……
今度は……私が『眞一郎』を……解放してあげる番…………
…………
眞一郎に差し出した手の平をギュッっと握り締め、朋与はそれをベッドに向けて垂直に打ち付けた。
ドスッという鈍い音に反応して、眞一郎の視線が僅かに動く。
ベッドにめり込ませた自分の拳を見つめながら、震える声で朋与は言う。
「…………消えろ…………」
「…………」
動くことも、口を開くことも出来ずにいる眞一郎。
その気配を感じた朋与は、最後の涙を溢れさせて叫んだ。
「…………私の中から消えろッッ!! 仲上眞一郎ぉぉぉッッ!!!!」
朋与が眞一郎に向けて放った最後の言葉……
それに込められた悲しみと苦しみが眞一郎の『想い』を貫き、粉々に砕け散らせた。
そして眞一郎も最後の別れを告げる。
止め処なく流れる涙を隠すこともなく、拭うこともなく、顔を上げない朋与の姿を目に焼き付けながら……
……最後の言葉を……

「…………さよなら……『朋与』…………」

朋与からの返事は無い……
もう二度と呼ぶことはない『朋与』という名前……
眞一郎は身体に残った想いの断片を、その一言の中に全て込めた。
……終わったのだ…… ……もう自分はここに……朋与の側に居てはいけない……
眞一郎はもう一度、肩を震わせて心の崩壊に耐えている朋与の姿を脳裏に焼きつけて、部屋のドアを開けた。
「!」
戸口をくぐりかけた時、廊下に鎮座していた朋与の愛猫、ボーの睨むような視線に、眞一郎は捕まってしまった。
「シャアアアーッッ!!」
ボーは眞一郎の姿を確認するなり、全身の毛を逆立てて牙を剥く。
……朋与を泣かせる奴は、この家から出て行け!!…… そう叫ばれた気がして、眞一郎の胸は更に深く抉られた。
ドアを開けたまま固まっている眞一郎の横をすり抜け、ボーは主人の元へ急ぐ。
眞一郎が静かにドアを閉めると、中から朋与を慰めるような、ボーの甘い鳴き声が聞こえてきた。
そして……眞一郎がドアから離れ、一階へと向かう階段に脚を踏み出した時……
「……うぅ…うわあああああああああああぁぁぁぁぁ!!!!」
壁を突き抜けて、朋与の激しい慟哭が、眞一郎の背中に突き刺さった。
それに呼応するように、眞一郎の眼からもまた、大粒の雫が零れ落ちる。
「……うぅ……ううぅぅっ……」
声を堪えるのが精一杯だった。拭っても拭っても、その雫の噴出は止まる気配を見せない。
それはまるで涙腺が意思を持ち、『人が人を想う気持ち』の不可解さと尊さを、眞一郎に教えているかのようだった


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。