歪んだ愛情


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シュシュシュシュシュ…
母の細い指が眞一郎の陰茎に絡みつき、優しい指使いでこすりあげている
「母さん…もう……こんなこと…」
「やめる?眞ちゃんがやめてほしいならやめるわよ
 その代わり、あの子にはこの家を出て行ってもらうことになるけどね」
「そんな……」
「当たり前じゃない。あの子は家の人間じゃないんだかから」
「母さん……くっ…」
「中学は出てるんだからもう働けるわ。高校に通いたいなら施設から通えばいい」
「…どうして……」
手のひらで包むように握りなおして上下運動を再開する
しっとりとした手のひらの感触に、眞一郎の腰はとろけそうな快感に襲われる

「眞ちゃんくらいの年頃の男の子は、すぐに溜まってムラムラしちゃうのよね……」
「うぅっ…」
「だからってあの子に対して特別な感情は持っちゃダメ。わかるわよね?」
「……比呂美は…うっ!」
比呂美の名前を口にした瞬間、母の手を動きが激しさを増す
「こうやって毎日出してあげるから、眞ちゃんは余計なことを考えなくていいの」
比呂美に対して性的な欲求を覚えないようにと、毎日欠かさず行われる母の歪んだ愛情表現

「あら?垢が溜まってるわよ。お風呂に入ったらちゃんと皮を剥いて洗いなさい」
「か、母さん!」
丁寧に包皮を剥き、亀頭の下のくびれに溜まったカスを、母の舌先が舐め取っていく
その感触に敏感な亀頭は耐え切れず、快感は一気に尿道を駆け上った
ビュッ!…ビュッ!ビュルッ!……ドクン……ドクン……
脈を打つように跳ね上がる。何度も何度も…
母の口腔内はドロリとした精液と、その強烈な臭いで満たされた

口の中いっぱいの精液をティッシュに吐き出すと
母は決して比呂美には見せることのない優しい顔で言った
「出したくなったときはいつでも言いなさい」
―終―
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。