ある日の比呂美14


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

比呂美と眞一郎……そして朋与の運命の日から、数日が過ぎた。
朋与は結局、あの日から病欠ということで学校を休み、二人と顔を合わせることは無かった。
比呂美が部活でキャプテン代行を務めた以外は、普段と変わらない日常が流れ、そして日曜日がやってきた……


…………
ブラインドが開くシャッという音と、その隙間から差し込む光が、眞一郎に目覚めを強要した。
(休みなんだから……まだ寝てたっていいだろうに……)
どうせ母だろうと見当をつけると、眞一郎は「ううん…」と低く唸って侵入者の要求に抗う。
昨晩は新作の下書きに夢中になって、深夜の四時まで作業をしていたのだ。
今が何時かは知らないが、まだ起きるつもりはなかった。
…………
…………パラッ…………
…………
作業机の方から、画用紙をめくる音が聞こえる。
(……ん……なんだよ……)
例え母親でも、作品に手を触れられるのは良い気分がしなかった。
眞一郎は寝返りをうって、重い瞼を開けると、机の前にいる人物に抗議の視線を送る。
「起きた?」
眞一郎の目覚めに気づき、声を掛けてきたのは母ではなかった。
ストーリー順に並べておいた下書きを、一枚一枚、ゆっくりとめくっている比呂美の姿が目に入る。
こちらを見ることもなく、できたての話を読むのに夢中になっている比呂美。
眞一郎は身体をベッドから起こし、眼の辺りを擦りながら訊いた。
「日曜に来るなんて、珍しいじゃないか」
休日は経理の仕事もないので、比呂美が朝から仲上家に顔を出すことは殆どない。
「うん、ちょっとおばさんに教えてもらいたいことがあって」
そう言いながら、比呂美は下書きをめくる手を止めない。
味噌汁のダシの取り方が何とか…と言っているが、理由は別にありそうだった。
なんだろう?と思い、眞一郎は、比呂美が口を開くのを待つ。
「…………あのね……」
「ん?」
眞一郎が小首をかしげたところで、会話は止まってしまった。
『あのこと』だろうか?と少し不安になったが、自分がしっかりしなければとも思う。
だが、二人が結ばれてから、まだ数日しか経っていない…… 『結果』が出るには早過ぎる気もする。
「……身体、調子悪いのか?」
問い掛ける眞一郎に、比呂美は少し驚いたような顔を向けてきた。
「……あぁ…違うの。そっちは平気よ。……一昨日…生理来たし……」
若干モゴモゴと口篭りながら、比呂美は新しい命が宿らなかったことを報告する。
覚悟が空振りして眞一郎は拍子抜けしたが、二人の為には、今はそれで良かったのだと思い直した。
(……?… それじゃ何なんだ?)
相変わらず比呂美は『なにか』言いたげな様子なのだが、それほど深刻に悩んでいるようにも見えない。
しばらく、迷いを含んだ視線をこちらに向けていた比呂美だったが、「やっぱりいい」と下書きに目を戻してしまう。
「この新作、猫が主人公なんだ」
「え? ……あぁ……」
一昨日に思いついた、まだ題名も決めていない話。物語の主役は、旅をする一匹の牡猫だった。
…………

    そのネコは、せかいじゅうを旅していました およめさんをさがす旅です
        ネコは《ノラネコ》なので、なまえはありません
    はやくおよめさんを見つけて、じぶんをなまえで呼んでもらうことが、ネコの夢でした

    あるとき、ねこは海岸を旅していました 
        そして、さみしそうに泣いているカモメの女の子にであいます
    《かわいそうなカモメさん、きみに涙はにあわないよ》
        ネコは涙をなめてあげましたが、カモメの女の子はなきやみません
…………
物語はそんな風に、ネコが旅先で色々な動物の女の子に恋をする、という形で進んでいく。
だが、結局ネコは、女の子が好きな相手とのキューピッド役を務めて、彼女たちの元を去っていくことになる。
そして紆余曲折の末、独りで最初の町に帰ってきたネコは、防波堤に登り、空に向かって泣く……
「『ぼくはひとりだ ぼくはひとりなんだ だれもぼくの名前をよんでくれないんだ』……か……」
ラフスケッチの最後の一枚を読み終えた比呂美は、絵本の世界に入り込んでしまったのか、とても悲しげだった。
「……悲しいお話…… 眞一郎くんらしくない……」
作家の端くれとしては、完成していない作品を口頭で説明するのは如何なものかと思う。
だが『一番のファン』である女の子が、自分の絵本で悲しい顔をしていることに、眞一郎は耐えられなかった。
「それで終わりじゃないんだ。結末はまだこの中」
そう言って人差し指で自分の側頭部を突っつき、昨夜描ききれなくてさぁ、と眞一郎は笑う。
「…………」
「…………比呂美、どうした?」
机に視線を落とす比呂美の表情は、薄曇りのまま変わることが無かった。
そして次に比呂美の口をついて出た言葉が、眞一郎に彼女の心が感じたモノを悟らせる。
「この子、朋与の……」
「…………」
その指摘に、今度は眞一郎が口を噤む番だった。
さすがだ、と思う…… 比呂美が見抜いたとおり、ネコのモデルは朋与の愛猫・ボーだった。
話すのを止めた眞一郎の様子を知るのが怖いのか、比呂美は視線を机に向けたままでいる。
だが、重苦しくなるかと思われた空気は、眞一郎の発した言葉で吹き飛んだ。
「そう。そいつのモデルは黒部ん家のネコ。そんで……それはアイツの話」
「!」
弾けるように、比呂美は眞一郎に向き直った。
眞一郎は『何も隠す事なんか無い』という風に、晴れ晴れとした顔をしている。
……キョトンとしている比呂美を真っ直ぐ見つめながら、眞一郎は続けた。
「アイツがくれた物、教えてくれた事、……形にして残したいって思ったんだ」
「…………朋与のために?」
その問いに眞一郎は、「アイツはそんなこと、望む奴じゃないだろ」と言って、首を横に振る。
「俺の中のケジメっていうか… 俺、バカだから、描いとかない忘れるっていうか……」
「プッ…… 何それ……フフフ…」
いつの間にか比呂美の顔は霧が晴れ、笑顔になっていた。
…………伝わったな、と思う…………
それから眞一郎は困ったような顔で「笑うなよ」と抗議をしたが、暴走をはじめた比呂美の腹筋は止まらない。
やれやれ……と苦笑しながら『笑い転げる美少女』を観察していると、対象の動きが突然、ピタリと静止した。
(??)
再び眞一郎に向けられた比呂美の顔は、まるで憑き物が落ちたような、透明な微笑みをしている。
「私が怒るとか…思わなかったの?」
「うん。全然」
間髪入れずそう言い切る眞一郎を、一歩近づいてきた比呂美の両腕が、包み込むようにして抱きしめた。
もう言葉はいらないな、と感じた眞一郎は、そのまま首を伸ばして、比呂美の唇を求める。
…………ペチッ!
目を閉じてキスをねだる眞一郎の額に、弾けた比呂美の指が直撃し、絆創膏の横に小さな赤い痣を作った。
「痛っ! ……もう、なんだよ~」
「早く起きなさい。休みだからってダラダラしない!」
そう言ってフフッと笑うと、比呂美は戸口をくぐって階下へと降りていってしまう。
「ま、待てよ」
『おあずけ』を喰らった眞一郎は、新しい痛みを擦りながらベッドを飛び出し、比呂美の後を追った。

洗面所で軽くうがいをしてから居間の戸を開けると、いつもなら上座で新聞を広げている父の姿が無かった。
食卓の上にも、一人分の朝食しか用意されていない。
「母さん、比呂美の分は?」
台所の気配にそう声を掛けてみると、引き戸が反対側からスッと引かれ、その比呂美本人が顔を出した。
「今 何時だと思ってるの? 私はもうとっくに頂きました」
「あれ? お袋もいないのか?」
比呂美の話では、一時間ほど前に二人で出掛けてしまったらしい。
挨拶回りか何かか?と想像しながら、眞一郎は朝食に箸をつけ始める。
「じゃあ、私いくから。後片付け、自分でしてね」
「え!? 何だよ、それ」
お茶くらい付き合ってくれると思っていた比呂美は、すでに帰り支度を済ませて、玄関側の戸口に回っていた。
用事があるから、と素っ気無く告げ、比呂美は戸をピシャリと閉めてしまう。
(……話があるんじゃないのかよ……ったく……)
どうやら本当に、母から味噌汁の味付けを習いに来ただけらしい。
恋人同士なんだから、嘘でも『あなたの顔を見に来た』くらいは言って欲しいものだと思いつつ、お碗にお茶を注ぐ。
微かな苛立ちを感じながら、眞一郎がお茶漬けを胃袋に流し込み始めたとき、閉じられた戸板が再び開いた。
「……ん?なんだ、忘れ物か?」
冷たくし過ぎたと反省したのだろうか。 肩越しに振り返って見る比呂美の様子は、どこか神妙だった。
「…………もしかして……デートとかするつもり……だった?」
「え??」
謝辞の気持ちから、想像が大きく飛躍してしまった様だ。
比呂美の脳内では『眞一郎は今日、自分をデートに誘うつもりだった』という事になっているらしい。
「いや…別に。俺も今日、用事あるし」
……決して『お返し』という訳ではない。本当に予定があるので、眞一郎は正直にそう言った。
「………… あっそう! じゃ、私いくわ!」
一際大きく雷鳴が轟いたかと思うと、今度はドンという轟音を立てて戸が閉まる。
……こういう面倒なところも可愛いよなぁ……などと考えながら、眞一郎は立ち上がって比呂美を追った。


「怒ったのか?」
ブーツを履いている比呂美を玄関で捕まえ、眞一郎は訊いた。
「別に。 ただ、言われた事をそのまま返してくるなんて、子供だなって思っただけよ」
比呂美はおとなしそうでいて、結構、気性が荒くて怒りっぽい。
だが、それは甘えの裏返しで、その本当の顔を見せるのは、自分と母、そして朋与くらいであるのも分かっていた。
頼られている実感は嬉しくもあるが、やはり、誤解は早く解消せねばと思う。
「用事があるのは本当なんだ」
と抗弁する眞一郎をキッと睨みつけ、「何の用事!」と問い詰めてくる比呂美。
本当は夜になってから話すつもりだったが、こうなっては仕方が無かった。
前触れもなく比呂美の上体を抱きしめ、その耳元に眞一郎は囁く。
…………これから行く場所、そしてこれから会う人たちのことを…………
…………
眞一郎の話を聞き、すっかり怒気が抜けてしまった比呂美は、「私も一緒に行く」と言い出した。
だが、眞一郎は首を縦には振らない。
「一人で行きたいんだ。 二人で行くのは……まだ早い」
それに、そっちにも約束があるんだろ?と問い掛ける眞一郎に、比呂美は短い逡巡のあとで、静かに頷いた。
比呂美が普段の落ち着きを取り戻したことを確認し、眞一郎は彼女を解放する。
「夜に……こっちの用事、何なのか話すから」
比呂美はそう告げながらブーツを履き終えると、クルリと眞一郎に向き直って瞼を閉じた。
なんだよ、と惚ける眞一郎に、「ん」と唇を突き出して『お出掛けのキス』を要求する比呂美。
「大胆だぞ、お前」
「いいじゃない。……ふたりっきりなんだしさ」
それもそうだ、と呟いて、眞一郎は比呂美の瑞々しい膨らみに、自らのそれを甘く重ねる。
従業員の少年が中庭からそれを目撃し、硬直している事に二人が気づくのは、それから二分後のことだった。


つづく
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。