Amour et trois generation Basket!(バスケット!)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「痛テテテテ。三代吉、少しは手加減しろよ」
「悪ィ、悪ィ。あんまりにもゆっくり来るんでつい削っちまった」
「ナイス野伏。この人生の勝ち組男によくぞ鉄槌を下した」
「下平、てめえ!」
「怒るな、冗談だから」
 二学期が始まり、眞一郎らも元の生活に戻った。
 四時間目の体育を、A組との合同で受けていた。男子は校庭でハンドボール、女子は体
育館でバスケットである。
「A組ってバスケ部いないんじゃね?B組圧勝だろ」
「クラス対抗してるわけじゃないだろ」
「そりゃそうだが、勝負事と聞いて黒部が張り切らないわけがない」
 その言葉になぜか眞一郎も納得した。

 朋与が張り切っていたのは三代吉の読みどおりである。但し、意外な苦戦を強いられてい
た。
 A組の秘密兵器は――
「乃絵、お願い!」
「まずい!あさみ、寄せて!」
「え?あ、は、はい!」
 慌ててあさみが乃絵のマークに付くが、間合いが詰まる前にパスを通されてしまう。
 ボールを受けた乃絵のチームメイトが落ち着いて決め、得点となった。
「やったあー」
「乃絵、ナイスパス!」
 乃絵が仲間とハイタッチを繰り返す。これで三連続B組のポイントである。
「ごめん、朋与」
 あさみが朋与に謝る。朋与は額の汗を拭いながら、気にするなと手で合図する。
「しかし、厄介ね石動乃絵。比呂美とは全く別のやりにくさがあるわ」
 朋与が乃絵を強敵と認めた。ドリブルが上手いわけでも、正確なスローが出来るわけでも
ないのだが、相手の読みの裏を取るのが上手く、しかも味方の動きを見越したパスがノー
ルックで出てくる。パス精度自体は低いので必ず成功するわけではないが、判断力の速さ
と正確さは朋与や比呂美をも上回っていた。
「あの4番の妹なのは伊達じゃないって事ね。よし、あたしが石動さんとマッチアップする」
 朋与がスイッチを切り替える。読みの鋭さで劣勢な以上、反応の速さで潰していくしかな
い。
 あさみのスローでゲーム再開。美紀子がボールを受ける。美紀子からのロングパスがカッ
トされてしまう。
「ディフェンス!」
 声を出しながら、まっすぐに乃絵のマークにつく。まさかバスケ部のレギュラーが素人の
マッチアップをする事になるとは思わなかった。
 予想通りボールが乃絵に渡る。朋与が両手を広げ、コースを塞ぐ。身長で9センチ勝る朋
与がやるとかなりの圧力がある。
 乃絵はドリブルを止めずに間合いを取り、左右を素早く見回す。意外に様になっている、と
朋与は思った。
 重心が右に傾く。朋与が反応する。
 瞬間、乃絵が逆を突いてドリブルで抜けようと仕掛ける。
「させるか!」
 朋与が強引に切り返し、手を一杯に伸ばしてボールを叩く。勢い余って乃絵まで突き飛ば
す。
「いったーい。黒部さん、手加減なさ過ぎ」
「ごめんごめん。いやぁーつい血が滾っちゃって」
 朋与が乃絵を助け起しながら詫びる。もっとも、とても詫びているようには聞こえない。
「ドリブルじゃなくパスなら通ったかもしれないのに、まだまだねえ。ま、その読みの速さはう
ちのキャプテンに匹敵するかもね」
 既に自分がキャプテンである事は、きれいに忘れている。
「・・・・大人気ないにもほどがあるでしょうに・・・・」
 コート外で待機している真由が、隣の比呂美に囁きかけた。比呂美も苦笑するしかない。
「あれで敵を作らないのが朋与の才能よね」
 私が石動さんに同じ事したら、こうはいかないだろうな、と思った。人徳の差よりも、比呂
美、眞一郎と石動兄妹の話は虚実共に有名になりすぎている。
「でも、冗談はともかく、あの読みの正確さはうらやましいな」
「そんなに凄いの?石動さん」
「うん。未経験者って事を考えると、かなり。動きがまるで追いついてないけど」
 結局、ゲームはその後乃絵を朋与が完封し、朋与チームが逆転勝ちした。比呂美は朋与
ほどムキにはならず、流し気味でバスケを楽しんだ。



 体育が終り、昼休みへ。
「お先!」
 着替えもせずに朋与が飛び出す。
「ちょっと、朋与?」
「今日お昼持って来てないのよ。購買へ急がなきゃ。というわけで、失礼!」
「あ、私もだ、行く!」
 朋与を見て、乃絵まで体操服のまま更衣室を駆け出す。
「あの二人・・・・もしかしていいコンビ?」
「ただベクトルが同じだけでしょ、主に色気に関して」
 あさみと美紀子がやや容赦のない論評をする。
 周りも皆苦笑しながら同意するしかない。
 そんな周囲の評価を気にすることなく、朋与と乃絵は購買へ急いでいた。
「石動さん、お目当ては?」
「コロッケパン。あなたは?」
「勿論ナポリタンパン」
 微妙に定番からずれている機もするが、乃絵は気にせず走る事にした。
 前方からルミが歩いてきた。朋与が急停止し、釣られて乃絵も立ち止まる。
「あ、キャプテン」
「もう私はキャプテンじゃないってば。購買?」
「はい。え、先輩も行ってきたんですか?」
 ルミの手には購買部の紙袋があった。
「ええ、今日は少し寝坊しちゃって。たまにはこういうのもいいけど」
「え?先輩お弁当自分で作るんですか?」
「お母さん朝早かったり夜勤だったりするから・・・・」
 そこで初めて、朋与の隣にいる小柄な少女に気がついた。
「あら?あなたは・・・・石動さん?」
「え・・・・はい」
「朋与と仲いいの?・・・・純君はお元気?」
「ええ、まあ・・・・」
 乃絵から見て、ルミは面識のない上級生である。いきなり話しかけられてやや戸惑った。
「仲いいってほどじゃないですけどね。普通に同級生ですよ」
 朋与が機嫌よく答える。と言うより、この少女の不機嫌な顔はあまり見かけない。
「そう。ああ、ごめんなさい、呼び止めちゃって。購買に急いで」
「あ、ヤバ。それじゃ、失礼します!」
 そう言って再びダッシュする朋与。乃絵もあわせて走り出す。
――無邪気って怖いわね。
「!?」
 乃絵が振り返る。
 しかし、ルミは落ち着いた表情のまま歩いて行ってしまった。
「石動さん!急がないとなくなっちゃうよ!」
 朋与に催促され、ようやく乃絵は朋与を追った。



「・・・・で、結局それしか買えなかったと?」
「・・・・はい」
 三代吉の言葉に朋与は情けない声で答えた。手にはクリームパンが握られている。
 結局パン争奪戦には敗北し、同情した比呂美らからおかずのカンパを受けていた。
「高岡先輩のお母さんて何してる人なんだ?」
 眞一郎の問いに、比呂美は
「看護士さんじゃなかったかな。市民病院の」
「あのしっかりした所は母親譲りかね?」
「でも石動さんのお母さんも看護士さんて聞いたけど?やっぱり4番みたいなお兄ちゃんが
いると別の進化を遂げるのかな」
「おい、黒部」
 三代吉が肘で朋与をつつく。眞一郎と比呂美の前で、その名前を出すのは無神経ではあ
るまいか。
「大丈夫よ、野伏君。今更気にする事なんてないから」
 比呂美がそう言うと、眞一郎も隣で頷いた。少なくとも4番はもういないのだ。
「ああ・・・・そうか。余計な事だったな、すまん」
「あぁー、わかった」
 突然朋与が大声を出した。一同が、なんだ、と注目する。
「いやね、なんかずっと引っ掛ってたのよ。先輩、4番の事『純君』て名前で呼んでたんだ。だ
から違和感あったのね」
 一人納得する朋与を見ながら、比呂美は別の事に気がついた。
 ルミは三代吉も名前で呼んでいる。



 学校からの帰り道、愛子は手芸店の前で足を止めた。
 一年前、この店で愛子は毛糸を買い、着てもらえないと知りながら眞一郎のセーターを編
み始めたのだった。
(三代吉には本当に酷い事をしてしまった)
 今でも三代吉にはきちんと謝れていない。
 セーターが自分に編まれたものではないと知った時の三代吉の顔は、当時でさえ愛子の
罪悪感を締め上げた。今は三代吉がその話題を避けるので、愛子も触れないが、せめてそ
れだけでも謝りたいと思っていた。
(もう一度、編んでみようかな)
 セーターでなくても、マフラーでも、手袋でも、三代吉の為に編んでみよう。今から編めば、
いくらなんでもクリスマスには間に合うだろう。
 愛子は手芸店に入った。
 三代吉の事を考えて、彼に合う色を選んで――。
 毛糸を買って店を出る。
 出来上がったセーターを受け取る時の三代吉の顔を想像して、愛子は微笑んだ。


                             了


ノート
乃絵の読みの鋭さは、アニメで見せた洞察力によるものです。
乃絵が皆と溶け込んでいると言う記述は、あえてしませんでした。もう二年生になって半年であり、誰の目から見ても溶け込んでいる状態が普通になっているからです。
MS戦闘やチャンバラは書いたことがありますが、スポーツの対戦は初めて書いたので、迫力が出たかどうか・・・・
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。