ある日の比呂美・番外編2-9


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



比呂美の部屋の水周りは、ロフトの下にコンパクトにまとめられていた。
狭いながらも浴室とトイレは別になっており、洗面所の横に洗濯機を置くスペースも確保されている。
「……はぁ」
情事の後片付けを済ませた比呂美は、仕事を始めた洗濯機の横で髪を乾かしながら深く溜息をついた。
唸りをあげるドライヤーの温風に栗毛を泳がせながら、数分前の出来事を反芻してみる。
(……どうしちゃったんだろう…私……)
冷静さ、というより正気を取り戻した今の比呂美には、先刻までの自分が全く理解できなかった。
本当に妊娠を望んでいたのか、ただ中に出されたかっただけなのか…… もうそれも思い出せない。
(《気持ちいい》ってことに流されやすい……のかな、私)
……そうとしか考えられない…というよりも、そう考えたいと比呂美は思った。
眞一郎との約束された未来を破壊する結果を、自分が本心から望むはずはないのだ。
先ほどの異常な行動は、膣内射精による快感を欲した肉体の欲求に、精神が屈服しただけ。
それはそれで情けないことなのだが、受胎本能に踊らされて社会性を放棄したのだと認めるよりは、幾分マシと言えた。
「……だらしない…」
小声でそう呟いて、比呂美が内在する牝を罵倒した時、リビングに繋がるドアが外側から軽くノックされた。
「な、何?」
ドライヤーのスイッチを切って、ドアノブに手をかける。
まだバスタオルを巻いただけの姿だったが、居間にいるのは眞一郎だけだ。 別に恥ずかしがる必要も無い。
「雨あがったからさ。俺、先に行くよ」
そう掛けられた声に応えて扉を開けると、眞一郎は既に生乾きの制服を身につけ、帰り支度を整えていた。
今日は夕食を仲上の家で食べる曜日なので、二人が一緒に帰宅しても別段おかしくはないのだが……
「制服の俺と私服のお前が一緒に帰ったら……ちょっとマズイだろ?」
「……そう…ね」
眞一郎と比呂美の関係が『一線』を越えていることに、眞一郎の両親は気がついている。
しかし、たとえそうでも、『そうではないフリ』をするのが子供としての義務だ。
学校帰りの不自然な『寄り道』を見せ付けて、両親に要らぬ詮索をさせる訳にはいかない。
《二人の『深い関係』を感じさせぬよう注意を払う》 
それは大人になる前に性を繋いだ眞一郎と比呂美にとって、周囲に対してしなければならない最低限の礼儀であった。
「なるべく、暗くなる前に来いよ」
アリバイを気にしつつも、眞一郎は比呂美への気遣いを忘れることはない。
玄関でスニーカーを履きながら、「なんなら、着替えてから迎えに来るから」と優しい言葉を投げかける。
だがその眞一郎の声は、比呂美の耳には届いていなかった。
裸体にバスタオルを巻いただけの美しいシルエットが、何かに憑かれたように窓外へと視線を遣っっている。
(ホントだ……晴れてきてる)
雨は止んだ、という眞一郎の報告どおり、空を塗り込めていた厚い灰色が、所々ひび割れを見せていた。
そして、その割れ目から下界へと伸びる光の橋…… 差し込んでくるオレンジの光。
(…………きれい……)
世界はもう泣き止んだのだ。 もう美しさを取り戻しつつあるのだと、比呂美は理解した。
なのに自分の感情は、反比例するように『不』の方向へと変化したまま、薄闇の中に漂っている。 
『湯浅比呂美』を置き去りにして、明るさを回復しつつある夕空の輝き……
自身でも解読不能な混乱を抱えた今の比呂美には、その煌きが妙に妬ましく感じられた。
…………
「比呂美、どうした?」
窓の外を向いたまま固まってしまった比呂美の白い背に、玄関から伺うような声が掛けられる。
「ううん、なんでもない」
肩を小さくすくめてから比呂美は振り向き、眞一郎の元に駆け寄った。
明らかな『作り笑顔』を浮かべる比呂美に気づき、少しだけ陰りを見せる眞一郎の表情。
微妙な空気と微妙な感情が混濁し、向かい合う恋人たちの間に、気まずい沈黙が停滞した。
「……あの……」
重い気配を払い除けようと、比呂美の口が取り繕いの言葉を紡ぎだそうとする。
だがそれよりも早く、眞一郎の両腕が前に伸び、比呂美の身体を引き寄せようと動いた。

        [つづく]


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。