ある日の比呂美・番外編2-10


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



引っ張られる衝撃で、比呂美の裸体を包んでいたバスタオルの結び目が解けた。
「あ……」
布が床へと落ちる柔らかな音と共に、乳房と肺を軽く潰されることで漏れ出す甘い声。
湿った服で抱き締めることに遠慮があるのか、眞一郎の腕の力は普段よりも幾分弱かった。
ワンパターンなんだから、と胸中に呟いてみるが、比呂美はその抱擁を不満とは思わない。
迷いっているときに、自分をちゃんと繋ぎとめてくれる存在が感じられることは、とても心地よいことだから。
……しかし……
「あのさ……今日みたいな日は…」
「…………」
眞一郎の口から漏れ出た『今日みたいな日』という単語が、比呂美の瞳を瞬時に濁らせた。
今日みたいな日はしてはいけない……しないようにしよう、とでも言いたいのか。
(そんな常識論なんて聞きたくない。……それに……)
二人の愛が形となる可能性がある日を、眞一郎が《危険》と認識していることも、比呂美の癇に障った。
眞一郎の視野の外にある比呂美の唇が、キッと噛み締められる。
音どころか気配も発しない不満の発露であったが、眞一郎はそれを感じられないほど愚かではなかった。
比呂美とのズレを感じ取る本能が、《間違っている》ことに気づかせて、その口を噤ませる。
「……?」
想像した台詞を吐かない眞一郎を訝しみ、比呂美の唇が動きかけた。
だが、それは突如動いた眞一郎の腕が、比呂美の両肩を掴んで身体を引き離した事で打ち消されてしまう。
「!」
突き放されると思える程の勢いだったが、比呂美の上腕に食い込んだ眞一郎の指は、決して離れることはない。
乏しい腕力で比呂美の身体を自分に正対する位置に固定すると、眞一郎は真っ直ぐに目の前の曇った瞳を見据えた。
「ゴメン。 ……次は…ちゃんとするから」
「…え…」
二人の失敗を一人で背負い込もうとする眞一郎の気遣いが、比呂美の中の氷を溶かしていく。
多少のすれ違いはあっても、眞一郎の優しさと誠実さだけは変わらないのだという確信。
その揺ぎ無い事実が、比呂美の心に再び暖かな焔を灯した。
「…………うん……私も…次はちゃんとする……」
眞一郎の制服の胸元に、比呂美は額を摺り寄せるようにして甘えてみせる。
頼りにしてくれ、と相手が求めているときに、素直にそうすることもまた、愛の形だと比呂美は思った。
…………
…………
「じゃ、またあとで」
「うん」
バスタオルを身体に巻きなおし、比呂美は玄関ドアの向こうに立つ眞一郎に向かって、ひらと手を振った。
同じ様に軽く手を振り、扉の向こうに消えていく眞一郎を見送る。
金属製のドアが閉じる、バタンという大きな音。 そして徐々に遠ざかっていく眞一郎の気配。
比呂美はいつものように、去っていく眞一郎の姿を確認しようと、リビングの窓へと駆け寄った。
薄いレースのカーテンを少しめくり、仲上の家へと帰っていく眞一郎の後ろ姿を視界に入れる。
(……大丈夫……大丈夫よ……)
さっきの出来事は、ほんの些細なすれ違いでしかない。
気にするような……深刻になるようなことではないのだと、比呂美の思考が結論を出そうとした時……
「んっ……」
大人しかった胎の奥の器官が急に暴れだし、身体の主に抗議を始めた。
誤魔化すなと叫ぶように、収縮を繰り返して比呂美を責め立てる子宮。
(…………んぁ……なんで……)
不足しているモノなど無いのに…… 満たされているのに……
比呂美には自分自身が一体何を求め、欲しているのかが分からなかった。
「…私……何が欲しいの……」
無意味である事を承知の上で、沸き起こった疑問を声に出してみる。
だが、夕日に染められた部屋の壁が答えを返すことはない。
正体の分からない焦燥が、眞一郎のくれた温もりに取って代わり、体内に充満する。
(…………何なの?……何なのよッ!!……)
ささくれ立つ気持ちと、股間を濡らす愛液の感触。
比呂美はその二つを感じながら、暫くの間、窓際に立ち尽くしていた。

                      TO BE CONTINUED
                          新シリーズへ
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。