眞一郎の脳内劇場


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

眞一郎の脳内劇場

やあ、我は仲上眞一郎の脳だ。
この体に存在するあらゆる感覚器官、運動、思考、記憶、ポエム等を
統合、制御しておる。
2箇所程ではあるが、我の統治を拒み続けている器官がある。
我としても時間の問題であるとは考えておるが、いかんせん強情な奴
らだ、忌々しい。

話は変わるが、我の主である仲上眞一郎は視覚と聴覚に優れておる。
これらを用いてデータを取得し、編集、構成するのは我が主導となり、
行っている大事な作業だ。
何に使われるかといえば、我の中に存在する仮想スクリーンに映像を
投影し、音声再生を行う為だ。まれにどちらかだけで行われる場合が
あるが、基本的には双方を用いる。
我々はこれを脳内劇場と呼んでおる。
おっ、教室でいつものターゲットである素材提供者、比呂美が話して
いるようだ。そちらに注目しよう。

「もう、やだぁー、朋与ったらぁ、へーん」ホゾンシマシタ
「そ、それでね…」 ノウナイフィルタ ニヨリ サクジョシマシタ
よし、ここでストップ。
今回は2つ程良い素材を得ることができそうだ。保存された音声デー
タをテンポラリィAとして、先頭部分から切り出すとしようか。

「もう、やだぁー、朋与ったらぁ、へーん」
  ̄ ̄←の部分をテンポラリィBとして、保存、と。

ふむ、次の素材は、もう一度テンポラリィAだな、よし、

「もう、やだぁー、朋与ったらぁ、へーん」
     ̄ ̄ ̄←の部分をテンポラリィCとして、保存。

よし、この2つはまあまあの素材だ、しかし我が主の趣向としては、
もう少しテンポの調整を望むであろう。雑音の除去も必要になる可能
性があるな、よし、テンポラリィBとCを音声処理班に任せよう。
我の中にある音声処理班は、とても優秀である。様々な素材の調整、
編集、構成に秀でておる。頼りになるヤツらだ、フッ。
簡単に依頼事項をまとめて、音声処理班に新たなデータを渡しておく。
おそらくそれ程時間を要せずに、調整が終わるであろう。

また、我の中にある映像処理班も負けてはいない。
こちらも、外部からのデータ処理を行うこともあるが、本来の業務は
ポエム・チームとの連携だ。彼らは、連携することによって記憶の中
にある断片から様々な映像を作り出すことができる。
最近では天使まで召喚する偉業を達成しており、我の中での階級にお
いて、上位を独占ほどになっている、侮れん。

おっ、さすが我が音声処理班だ、既に先ほどの処理が終わって、脳内
ライブラリに登録してきたか、やるな。
出来上がったばかりのファイルを再生してみすか、丁度仲上眞一郎は
居眠り中だ、いくつかの追加音声と先日"お気に入り"に登録されたば
かりの映像と組み合わせてみるとするか。

なんと言ってもこの映像データは、脱衣所での遭遇によって多くの情
報が補間されたとても貴重なものだ。次の日の朝には、座っている制
服姿から裸体を連想することができた時には、我が映像処理班の優秀
性を改めて痛感した。これで、いつでもどこでも、どんな姿でも、素
材提供者である比呂美を裸にすることができるからの。
しばらく映像処理班には頭が上がらんわい、はっはっはっ。
さらに驚くべきことは、比呂美の体育での動作から、モーションデー
タを抽出して、裸体を動かしたことだ、すばらしい。技術の進歩とは
これほどのものなのか、と痛感する。
次はモーフィングとやらをを用いて、"揺れ"まで構成すると言ってい
たが、我にはピンとこない、しかし彼らへの信頼が上回っておる。
こちらの期待以上の仕事をしてくれるであろうな。

さて、先ほどのファイルと既存編集済み音声と組み合わせてみるか。
<比呂美があられもない姿で悶えている映像をご想像下さい>
「やぁだぁぁ」「んっ」「もぉぅ」「あっ」

[ビィーッ、ビィーッ、ビィーッ]

い、いかん!居眠り中だからとて油断してしまった!
下半身の"アイツ"が起動し始めておるではないか?おおっ、血液まで
奪うというのか!やめんか!再生をやめろ!やめるんだ!
ふう、ゆ、油断大敵とはまさに事のことだな、うんうん。

では、諸君。次のよい素材が得られたらまた会うことにしようか。
アディオス!

END
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。