無題(ふしぎなおくすり)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「あれ?これなんだろう?」
首を傾げる比呂美の手には錠剤の入った小瓶
ラベルは貼っていない
「うーん・・・とりあえず・・・飲んでみようかなぁ。
あっ、もしかしたら眞一郎くんったら新しい・・・ふふっ可愛い。久しぶりだもんね」
まるで聖母のような比呂美の微笑み
「んっ・・・ごくっ」


「遅くなっちゃったなぁ。比呂美、待ってるかな」
こんこんとドアをノックする。
返事がない
「ひろみーー?」
「し・・・しんいちろうくぅーん」
「比呂美!?入るぞ!」
バン!と思いきりドアを開ける。
そこには・・・
「ひ、比呂美・・・?」
「し、しんいちろうくん・・・うっうえーーん」
眞一郎の足に泣きついてるのは比呂美
小さい。小学生くらいだろうか
そんな比呂美がいる。確かに比呂美だ
かわよい。眞一郎の脳みそはショートしている
「比呂美・・・なんで・・・?」
「だって・・・おくすり・・・おいてあったからぁ
しんいちろうくんの新しいびやくかとおもったの!
くる前に飲んでおけばいいのかなって・・・///」
眞一郎、暴走
「ひっ、ひろみぃっ!」
「きゃんっ」
その後は夜まで管理人の頭を悩ませましたとさ
~おしまい~


天国より比呂美の父母の会話
「ふふっ比呂美ったらもう・・・
眞一郎君も若いわね。血は争えないって奴かしら」
「ぐぬぅ・・・なかがみしんいちろう~我が愛娘に
なんてうらやま
(ギロリ)
「なんてうらや・・・うら・・・きれいな裏山だなぁあはは。ぐはっ・・・」
「あらおとうさん。いきなり気を失ってしまって可哀想に・・・いつもの発作かしら?
さっ病院に行きましょうか。」
「うっ・・・だれ・・・か・・・ぐはぁっ(チーン)」

~ホントにおしまい!~
いや電波だからきにしないで・・・


すまんちょっと修正いれた
連投すまそ
つかハズカシス
かぶってたらどうしよ・・・
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。