比呂美スレ的 第1話 改訂版


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

比呂美スレ的 第1話 改訂版

仲上家にて。
カタッ、カタカタカタッ。比呂美が真剣な表情で、何か作業をしている。
「あ…」
「何?また手伝い?」
「うん、人手が足りないみたいだからね」
「気を使うなって、いつも言ってるだろ? そうだ、メシ…食わないのか?」
自分を気遣う眞一郎の言葉で、比呂美が元気に返事をする。
「お世話になっているからね!あれ?、もうそんな時間?」
「休んで食べた方がいいんじゃないか?」
「うーん、でも…もうちょっとだから、がんばるよ!」
「…そう…わかった」
眞一郎は少し残念そうな表情。
「あっ…」
「ん?、何?」
比呂美は微笑んで眞一郎に話しかける。
「ゆっくり食べててね♪早く終わらせるからっ♪」
「あ…うん…」
笑顔で画面に向い直り、帳簿の続きを始めた。

「何ですか?坊ちゃん、顔がニヤけてますよ?」
「そ…そんな事ないって!」
「ふーん、相変わらずアツアツですねー?」
丁稚のからかう声を背中に受けながら廊下を歩き、居間に入っていった。

 ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―

教室で。
「いや…、アイツなら…」
「なんかあったのか?」
三代吉は驚きの表情で眞一郎に聞いた。
「呪われた」
特に興味なさそうな返答だが、思い当たるフシがあった。
「ヤバイぜ…、それ…」
「何?」
「石動乃絵必殺奥義…悲劇を呼ぶおまじない」
「んん?」
「小さくなりますようにって呪われて、マジ使い物にならなくなったヤツが…」

「眞一郎くん?何の話をしているの?」
ひそひそと三代吉が話していた時、比呂美が話に割って入ってきた。
「うおっ」
「おっと」
「何か妙なことでも話していたんじゃないのー?」
同じく、いつの間にか近くにいた朋与まで加わってきた。
「石動乃絵って聞こえたんだけど…?」
声の調子がいつもと違う、表情も。何かを含んでいる。
「聞いてたのか?」
「き、聞こえたの!」
少し慌てた感じで、言い訳めいた返事をした。
「石動乃絵って、"あの"?」
「朋与、知ってるの?」
「変わってる、ってこととか、色々かな?噂がいっぱいあるじゃん」
「まあ、かわいいんだけどなー」
「やっぱ、愛ちゃんに言いつけよう」
「うげ」

「その石動乃絵を眞一郎くんは知ってるの?」
比呂美は追及することを忘れていない。どうやら、眞一郎の口から女子の名前が
出たことが気に食わないらしい
「歩いていてたら、裏庭の方から何か聞こえて行ってみた。そしたら木に登ってた…」
「はあ?何?それ?」
朋与にはさっぱりわからない。
「それで?どうしたの?」
「よく分からないけど…、呪われた」
「呪われた?どうして?」
「からかった、からかな?」
「どう呪われたの?」
「"不幸が訪れますように"、とか何とか…」
「はあ?何?それ?」
朋与にはやっぱりわからない。

「許せない…」
比呂美の雰囲気が変わった。怒っているようだ。
「比呂美?」
「眞一郎くん、私に任せて!」
「いや、何を任せればいいのか、分かんないんだけど…」
「いいからっ!行こうっ!朋与っ!」
「あっ、ちょっとっ!待ってよ…」
瞬く間に比呂美は歩き出し、朋与も慌てて付いて行った。
「良かったな、眞一郎。湯浅さんが何とかしてくれるらしいぞ」
「あん?どういう意味だよ?」
「愛されてるな、お前」
「ちょっ…意味ワカラン…」
と言いつつ、眞一郎の嬉しそうな表情には、弁解の余地が無かった。

 ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―

その日の昼休み。珍しく4人で弁当を食べている。
「というわけで、"呪い"は取り消すって。よかったね、眞一郎くん」
「あ…そう…」
何となく不機嫌そうな報告に、眞一郎はたじたじだ。
「ま、比呂美に感謝すれば?"呪い"を解いた功労者なんだからさ」
「そうだな、眞一郎が自分で解くのはムリだろうからな」
「…」
ここぞとばかりに朋与と三代吉がからかう。
「別に…感謝してもらわなくてもいいけど…」
今度は比呂美が少し頬を赤らめながら、ちらちらと眞一郎の顔を見ている。
「えっと…ありがと…」
「うん、どういたしまして♪」
にこっと笑顔を作って正面から見つめると、眞一郎もつられて笑顔になった。
「こういう場合、こっちはどうすればいいんだろう?」
「放っておく、でいいんじゃないか?」
朋与と三代吉は、ぱくぱくと弁当を再開した。

「そうだ。どうする?今日も"あいちゃん"、行くべ?」
その後、弁当が終わって話している時に何気なく聞いた。
「うーん、いいよ」
その言葉に反応したのが、他でもない、比呂美だ。
「ふーん、"また"行くの?眞一郎くん」
あれ?さっきまで上機嫌で話していたはずが…
「え?いや…野伏が…」
またも守備にまわる眞一郎。
「さっきのことをもう忘れているのかな?」
朋与のアシストは素晴らしいが、眞一郎には迷惑な話だ。
「え?いや…野伏が…」
「そんなに頻繁に今川焼きを食べなくてもいいでしょ?」
「あ…あの…」
「それに、今日は踊りの練習も無いよね?」
「無いけどさ…」
「…」

別に比呂美は責めているのではない、面白くないのだ。眞一郎にもそれが
何となくわかるのだが、三代吉と一緒だから別にいいんじゃない?という
気持ちもある。"呪い解除"の件を思い出して、こう言ってみた。
「じゃあ、部活が終わる頃にメールしてよ。迎えに来るからさ」
予想外の提案に、一瞬で比呂美の機嫌が回復する。
「うんっ!わかった!メールするね♪」
比呂美の笑顔を見て、自分も嬉しくなる眞一郎。嬉しくないのは二人だ。
「こういう場合、こっちはどうすればいいんだろう?」
「放っておく、でいいんじゃないか?」
朋与と三代吉は、同じやりとりをもう一度繰り返した。

 ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ―

夕方、眞一郎は校門の辺りで比呂美を待っていた。"あいちゃん"からここ
までは、もちろんダッシュだ。
「眞一郎く~ん♪」
にこやかな笑顔の比呂美が、駆け足でこちらへ向ってくる。
「おお!」
眞一郎は軽く手を振る。
「待った?」
「すげぇ待った。待ちくたびれた」
「うっそー!?だって、私はちゃんと時間を計算したよ?」
「ちょっと走ったからな」
「どうして?」
「聞くなっての」
「あははっ♪帰ろっか?眞一郎くん♪」
夕日に照らされて、仲良く並んで自宅へと歩いていく。
長く伸びた二人の影は、もう少しで重なりそうだ。

END


-あとがき-
もし第1話で比呂美が封印していなかったら…、というお話でした。
あれ?乃絵がモブになってしまった。乃絵好きな方、ごめん。
第1話にして最終回ですね。

<これ以下は、アップ後に追加しました(8話視聴前に書いてます)>
このSSの連想シーン=第1話の比呂美登場部分いっぱい
テーマ=女らしいけど、女らしくない行動

異母兄妹は?と思いませんでしたか?このSS比呂美がアニメと同じよう
に、気持ちを封印してるという解釈が可能です。
それは、眞一郎の女性関係を封印です。意味は同じになりますよね?
お遊びなんで。

実は最初は上のストーリーだったのですが、読み返したら比呂美がスト
ーカーになってました。なので、細部の入れ替えとオチを変更して封印
なし、という話になりました。最初の構成では比呂美が黒すぎて…

最後の文、"重なりそうだ"としています。"重なるだろう"ではないです。
異母兄妹問題が第1話では未解決なので、表現をあいまいにして余韻を
持たせたつもりです。
"重なるだろう"だと、比呂美が異母兄妹を無視して、眞一郎と結ばれる
ことを望んでいる様な意味になるので、こうしました。
日本語、ムツカシイデース。

ありがとうございました。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。