※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Athena 導入の仕方

別のバージョンが必要になることがあるのでメモしておく。

$mkdir -p testarea/14.1.0/cmthome
$cd testarea/14.1.0/cmthome
cmthomeをバージョン番号の下に置くと、バージョン管理が楽になる。
requirements をここにおく。内容は、
#---------------------------------------------------------------------
set CMTSITE STANDALONE
set SITEROOT /afs/cern.ch/atlas/software/releases/14.1.0
macro ATLAS_TEST_AREA ${HOME}/testarea
macro ATLAS_DIST_AREA ${SITEROOT}
apply_tag projectArea
macro SITE_PROJECT_AREA ${SITEROOT}
macro EXTERNAL_PROJECT_AREA ${SITEROOT}
apply_tag opt
apply_tag setup
apply_tag simpleTest
use AtlasLogin AtlasLogin-* $(ATLAS_DIST_AREA)
set CMTCONFIG i686-slc4-gcc34-opt
#---------------------------------------------------------------------
そして、
$source /afs/cern.ch/sw/contrib/CMT/v1r20p20080222/mgr/setup.sh
$cmt config
読み込むファイルのパスはバージョンによって違うので、そのバージョンの説明書きをみるとよい。

使用時は、cmthome内にできたsetup.shを読むとよい。
$source ~/testarea/14.1.0/cmthome/setup.sh -tag=14.1.0

必要なUserAnalysisパッケージをもってくる。
$cd ~/testarea/14.1.0/
$cmt co -r UserAnalysis-00-12-07 PhysicsAnalysis/AnalysisCommon/UserAnalysis
$cd PhysicsAnalysis/AnalysisCommon/UserAnalysis/cmt
$source setup.sh
$gmake

ところで、ここでインストールしたファイルをまるごと自分のコンピューターに移すことになるのだが、そのまえに適当なpythonファイルをもってきておくことにする。
$cd ../run
$get_files AnalysisSkeleton_topOptions.py
$athena AnalysisSkeleton_topOptions.py
これはAODファイルを読むためのもの。

  • 自分が使うコンピューターにもってくる
kerberosが使えないときは、lxplusにインストールしたものをそのままもってくる。
まず、lxplus側で、
$cd ~/testarea/14.1.0/
$tar cvfz PhysicsAnalysis.tar.gz PhisicsAnalysis/
次に、自分が使っているコンピューターの側で、
$mkdir -p testarea/14.1.0/cmthome
$cd testarea/14.1.0
$scp [your account]@lxplus.cern.ch:~/testarea/14.1.0/PhysicsAnalysis.tar.gz .
$tar xvfz PhysicsAnalysis.tar.gz
$cd cmthome
自分のコンピューター用に新しくrequirementsを書く必要がある。
たとえば、
#---------------------------------------------------------------------
set CMTSITE STANDALONE
set SITEROOT /atlas/14.1.0
macro ATLAS_DIST_AREA ${SITEROOT}
macro ATLAS_TEST_AREA ${HOME}/testarea
apply_tag projectArea
macro SITE_PROJECT_AREA ${SITEROOT}
macro EXTERNAL_PROJECT_AREA ${SITEROOT}
apply_tag setup
apply_tag opt
apply_tag simpleTest
use AtlasLogin AtlasLogin-* $(ATLAS_DIST_AREA)
set CMTCONFIG i686-slc4-gcc34-opt
#---------------------------------------------------------------------
ここから、インストール作業を始める。
$source /atlas/14.1.0/CMT/v1r20p20080222/mgr/setup.sh
$cmt config
使うときは自分のcmthome内のものを読むというのはlxplusのときと同じ。
$source ~/testarea/14.1.0/cmthome/setup.sh -tag=14.1.0