見せしめ情報


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

蛭川光彦

ウルトラマンメビウスに登場したゴシップ記者。
このバトルロワイアルの主催者である石堀光彦と同じ顔である。
記事の捏造なども平気でする、ウルトラシリーズでは珍しい人間サイドの悪人。その悪さときたら、人間なのに、ウルトラマンであるヒビノミライに殴られかけたほどである。
終盤で、ミライの正体がウルトラマンメビウスであることをマスコミで暴露。ミライが地球にいられなくなる……と思いきやそれが逆にウルトラマンと地球人の結束を促すこととなった。
ある意味で、彼は重要なキャラクターだったといえよう。

このバトルロワイアルでは不運にも見せしめとして選ばれ、闇に引き込まれていった…。
ウルトラマンやGUYSにもすがろうとするその最期は、なんとも哀れな姿であった。