※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

DIARIO Reverse Moon Legend


開発元: アイディアファクトリー株式会社
発売元: アイディアファクトリー株式会社
ジャンル: シミュレーションRPG
発売日: 2007/2007/02/08
本体: Xbox 360
Xbox 専用
¥6,800
ゲーム レーティング: CERO A - 全年齢対象
Xbox 360 公式ページ
アイディアファクトリー公式ページ



アイディアファクトリーXBOX360ソフト第2弾!
またPS2からの移植でしかもSF3のようなグラフィック書き換えなどもなくまんま移植!
XBOXに移植の際バランス変更などしたのか解りませんがPS2版未プレイの人のレビューです。

超簡易版テンプレ

Q.アイデアファクトリーのゲームは買いですか?
A.買うな


前回SF3でばっちりIFゲーにはまった感があり、続けて各所でク○ゲー扱いされてるPS2リバースムーン
の移植作品ディアーリオを購入しました。
グラフィックはPS2まんまということで非常に古臭いです。音楽もお世辞にはいいとはいえません。
しかしゲームシステムにはちょっとおもしろい要素があります。それは某社のロマンシングサガシリーズで
使われている「ひらめき」によく似たシステムで技を使い込むことで別の技に変化するというもの。
(正確には熟練度がありその範囲内で技がシフトしていくらしいです)
これがパクリといわれればそれまでなのですが、戦闘中にピッカーン!と新しい技をひらめいていくのは
快感でかっこいい技がでるまで使いまくったり、時には今のより弱くなったりと、気に入った技が発動したら
それをロックして今後使っていくこともできます。

成長システムも敵を倒してEXPを溜めてLvUPしていくわけではなく、相手を攻撃することでステータスが
上がっていきます。(あれ?これもどっかで?)
独特なシステムとして武器の本来の力を解放する想具を利用しての連続技があります。技ごとに行動力が
設定されていて、連続技を長くすればするほど次のターンそのキャラ順番が遅くなるというもので
この連続技を生かしてとんでもないダメージを叩き出すのがこのゲーム最大の魅力だとおもってます。

ぶっちゃけゲームバランスはむちゃくちゃです。序盤は結構バランス取れているのですが後半に入ると
ほぼ一撃です。敵も味方も。 なので相手に先手を取られないよう素早さをあげる必要があります。
キャラの成長だけだはとても足りないので武器を強化して素早さをあげていきます。
この武器強化が気が済むまでできるため素早さを強化するとずっと自分だけ動けるようになります。
このむちゃくちゃっぷりを楽しめるか、糞バランスと思うかがこのゲームの評価に繋がると思います。

あいかわらず魅力的なキャラクター、ぶっこわれたバランス、気がすむまで出来る武器強化、
クリア後のオマケシナリオ、音楽もDLCによってパワーアップ可能と結果的には
前回SF3よりも楽しんでたりしました。

ぶっちゃけおすすめはできませんが、なんとなく気になる方はやってみてはどうでしょうか?

筆者 PILKUL
実績 1000
プレイ時間 50時間ぐらい