※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ロストプラネット


開発元: 株式会社カプコン
発売元: 株式会社カプコン
ジャンル: アクションシューティング
発売日: 2007/11/01
本体: Xbox 360
プラチナコレクション
Xbox 専用
¥3,800



カプコンの今日の360での成功を支え、カプコンが誇る独自物理エンジンMTフレームワーク。これによって作られた傑作がこのロストプラネット。主人公のモデルがイ・ビョンホンなどで話題になりましたね。

このゲームの特徴はなんといってもアクション性でしょう。TPSというよりもアクション要素がかなり強いです。
オフラインはストーリー展開とか演出とか敵の迫力はなかなかよかったですよ。ただちょっとラスボスだけが不満でしたが・・・。まぁそれでも楽しめました。グラフィックもかなり綺麗です。次世代機の力をマジマジと感じましたね。

オンラインに関しては幅広い層がプレイしている感じがえられました。アクション要素が強いだけにふだんFPS・TPSをやらない層にもなじみやすかったんでしょうか。FPS・TPS入門としてはもってこいのゲームです。難易度も高くないですし。ですのでデモ解禁から発売当初の一時は余裕で1位とか取れましたね。だから楽しかったです。やっぱり勝てるゲームは楽しいですwwwwサーセンwwww

当時はロストプラネット(笑)なんて僕たちはみんなでいってましたけど(最初に某人のスレッドでそう言ったのは間違いなく僕です)、やっぱりなんだかんだでおもしろかったですよ。デモをやりすぎてしまったというのが悪かったですね。製品版する前にすでに飽きてましたから。それでも製品版自力で100試合やったことを考えるとやっぱおもしろかったですね。良デモは製品版爆死。これ僕たちの典型的なパターンです。

360をもってるのならやっとかなければいけないゲームのうちの1つですね。


筆者 ぷろ
実績 750
プレイ時間 30~50時間