※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

オペレーションダークネス


開発元:
発売元: 株式会社サクセス
ジャンル: ホラー・シミュレーションRPG
発売日: 2007/10/11
本体: Xbox 360
Xbox 360 専用
¥6,800



第二次世界大戦の裏に隠された暗黒の戦いを描くホラー・シミュレーション RPG。
設定はWW2もので出てくる武器や兵器などは実際のものを使っています。
しかしその裏舞台では魔法や吸血鬼やそのたいろいろファンタジーな事が起こっていた。そういう設定のゲームです。
ですのでミリタリーものに興味のある人にはちょっと不満が多く出る点が多いかもしれません。
そういう人向けに作られたゲームではありませんのであしからず。

まずグラフィックはPS2レベルです。モデリングもたいしたことありません。
ですのでグラ至上主義が多い次世代機ユーザーには見た目だけでボロカスに言われスルーされてしまうのが現実です。


こういったようにプレイする前から否定的な意見が多いこのゲームですが、このゲームの魅力はやってみなくちゃわかりませんよ。
そういう典型的なUNK向けゲームです。

一言でいうと マゾ向けゲーム です。
マゾにはたまらないゲームだそうです。
もっとも僕にはマゾ耐性ありませんのであれでしたけど。
序盤からかなり難易度高めです。SRPG素人の僕には結構大変です。
このマゾさがどういうものかも口で説明するのは難しいです。実際にやって確かめてください。

あとは戦闘テンポがなかなかいいです。この点は非常にいいとこだと思います。
不満点はカメラの操作性と全体位置の把握のしづらさですかね。
全体の位置がとても読みづらいです。ミニMAPも一応あるんですがみづらいです。
敵も唐突に沸くことが前提ですので、もう死んで覚えるのが前提となってくるステージもあったりします。

序盤10面しかやってませんがこんなとこです。誰かが打開して書いてくれるのをいのるのみ


筆者 ぷろ
実績 120(2007.10.14現在)
プレイ時間 15時間(2007.10.14現在)