※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



# ウルージさん去ってまた一難

ウルージさんが居る間はどんな災難も寄り付かないが、
ウルージさんが去った途端に災難に見舞われる事。

# 一寸先はウルージさん

一寸先には何が待っているか予測出来ず不安だが、
ウルージさんが居ると思えば心が安定する事。

# 一寸の虫にもウルージさんの魂

一寸にも満たない貧弱そうな虫にさえも
ウルージさんの教えが行き届いている事。

# ウルージさんも歩けば棒に当たる

ウルージさんのような立派な方であっても自分の
持っている棒に激突するような失敗をする事があるという事。

#クマの耳に因果晒し

どんなに立派な人のどんなに立派な言葉も、何の意味もなさない哀れな生き物もいると言う事。


# 棒が身を助ける

困ったときにウルージさんの黒棒を使ってみると、どんな困難でも打ち破れるという教え

# 能ある僧正は棒を隠す

優れた僧正は棒を隠し、相手を油断させる事によって膝をついてやり過ごす様子


# 類は友を呼ぶ

ウルージさんのような立派な方の元には、立派な者がよく集まるということ

# 薮から棒

藪からいきなりウルージさんの黒棒が飛び出てくることがあるので注意せよという教え

# 笑う門には福来たる

ウルージさんの時代がキタということを示す言葉

# 前方の「海軍大将」後方の「七武海」

手加減終了の合図