※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

GZOpdp+1O

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/01/21(月) 00:25:40.22 ID:GZOpdp+1O
女「御主人様」
女「働きたくないです」
男「おい。給料やらんぞ」
女「…私、病院に行けなくなりますよ…」
女「そうしたら、どうなるか解りませんよ…?」
男「…」
男「みかん、食べるか?」
女「食べる訳…」
女「…」
女「…ちょっとだけ」
男「食べたら働けよ」
女「…はあ」
男「今、溜め息ついたろ。お前」
女「…まさかぁ…深呼吸ですよ…」
女「…」
女「もういっこ…」
男「早く働けよ」
女「…はあ」


38 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2008/01/21(月) 00:52:53.14 ID:GZOpdp+1O
男「おう、おはよう」
女「…おはよ…らいやす…」
男「おい、朝から何だ。もう一回言え」
女「…おはようございます」
男「よし」

女「コーヒー…召し上がりますか?」
男「もう飲んだ」
女「朝食は…?」
男「済ませた。冷蔵庫の物、適当に使ったぞ」
女「ああ…」
女「そうですか…」

女「それでは、私はこれで…」すたすた
男「どこに行くんだ」
女「どこって…」
女「二度寝に…病人ですから…」
男「もう外に出るから…頼むから玄関まで見送ってくれ。業務だろ?な?」
女「…しょうがないなあ…」
男「何様だ、お前」


41 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/01/21(月) 01:07:14.97 ID:GZOpdp+1O
女「今日はいつお戻りに…?」
男「少し早いかも。六時位かな」
女「…はあ」
男「溜め息か返事かはっきりしろ」
女「…はあ」
男「…絶対早く帰ってきてやる」

男「それじゃ。しっかり仕事しろよ」
ばたん
女「…」
女「…」しゅん…
女「…」

がちゃ
男「おい、携帯忘れた。寝室…」
女「…」ぱぁぁ


43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/01/21(月) 01:18:53.90 ID:GZOpdp+1O
女「…」もぐもぐ
女「…」
女「…」しゃきしゃき
女「…」

ぴりりりり
女「!」びくっ
ぴりり
女「…」

『本文:もちろん、玄関前の掃除を終えてるよな?』

女「…はあ」ぱたん


44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/01/21(月) 01:26:22.99 ID:GZOpdp+1O
みなみけ観なきゃ…
少し離れます…


49 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/01/21(月) 02:10:53.64 ID:GZOpdp+1O
女「…」さっさっ
ぴりりりり
女「…」

『本文:もう花壇に水をやった頃か?』

女「…はあ」

ぴりりりり
『本文:花壇の写真を撮って、こっちに送ってくれ』

女「…はあ」かしゃ

ぴりりりり
『本文:綺麗だ。手入れが上手いな、お前』

女「…」さっさっさっ


52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/01/21(月) 02:17:57.71 ID:GZOpdp+1O
女「…」

女「…」かちゃ

『本文:今晩、カレーでも宜しいですか?』

女「…」そわそわ

女「…」かちゃ

女「…」ぱたん

女「お洗濯しよう…」


53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/01/21(月) 02:20:44.67 ID:GZOpdp+1O
女「…」ごうんごうん

女「…」そわそわ

女「…」ぱんぱん

女「…」そわそわ

女「…」かちゃ

女「…」ぱたん


54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/01/21(月) 02:31:20.04 ID:GZOpdp+1O
がちゃ
男「ただいまー」
男「居るのか?」

女「…」
男「おい、夕食の準備は?」
女「…」
男「カレーじゃなかったのか?」

女「…見てるじゃないですか」
女「何で、返事を頂けないんですか」
男「済まない…忙し…」
女「自分からは何度も何度もするくせに!」
女「私には何も返さないんですか!」
女「…」ぐすっ

男「…済まない」


56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/01/21(月) 02:39:30.99 ID:GZOpdp+1O
女「…」ぐず
男「楽しみにしてたんだ、カレー」
男「お前のカレーだから」
男「早く、帰ろうと思って」

女「…寂しかったです」
女「返事が欲しかったです」
女「気になって」
女「洗濯の時も、掃除の時も」
女「うまくお仕事出来なくて」
女「気になって気になって」
女「メールが届かないのは携帯のせいじゃないかって、何度も何度も確認して」
女「御主人様が事故に遭ったのかと思って」
女「とても怖かったです」
女「とても、寂しかったです」

男「…ごめん」


59 名前:何で俺、SS書いてるんだ[] 投稿日:2008/01/21(月) 02:56:47.26 ID:GZOpdp+1O
女「御主人様が居なかったら、私はどうすれば…」

彼は、椅子に座る丸い背中の彼女を、前から抱き締めた。
触れた彼女の背中は細かく震えていた。
強く掴むとすぐに壊れてしまいそうで、彼にはゆっくりとさする事しか出来なかった。

男「今度からは、ちゃんと返すから」
女「…」
男「忙しくても、絶対に返すから」
女「…はい」
男「俺は事故に遭ったりなんか、しないから」
女「…はい」
男「お前が待ってるなら、絶対に帰ってくるから」
女「…はい」
男「だから、泣き止んでくれ。主人の命令だ」
女「…ずるいです、それ」

彼女が、彼を抱き締め返した。
彼女が泣き止むまで、広いリビングには泣き声だけが響いていた。


60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/01/21(月) 03:09:45.26 ID:GZOpdp+1O
女「…もう、大丈夫です」
男「…ん」
女「恥ずかしいです」
男「…そうか」
女「あ…」
女「やっぱり…もう少し」
男「ここからの分は、給料から引いておくぞ」
女「…いじわる」

男「…」
女「…」

男「さあ、カレーを作るか」
女「…食べるんですか?」
男「もちろん」
男「俺は、帰った時から腹が減ってるんだ。早く食わせろ」
女「…はあ」
男「必要であれば、手伝うぞ」
女「…自分で作ればいいのに」

女はキッチンへと向かう。
食卓で座る男には、その背中が少しだけまっすぐに伸びたように見えた。


64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/01/21(月) 03:22:09.55 ID:GZOpdp+1O
男「…なあ」
女「はい」
男「ちょっと聞いてくれ。不思議な事が起きた」
女「何ですか…」

男「カレー作り始めたの、お前だよな?」
女「そうですね…」
男「俺は、椅子に座ってたよな?」
女「ええ…」

男「よく見てくれ」
男「いつの間にか」
男「立場が逆になってる」
女「…」

男→キッチンでエプロンを付けて調理
女→椅子に座り、食卓に頬杖をついてテレビ

女「…ちっ」


66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/01/21(月) 03:28:08.89 ID:GZOpdp+1O
キリが良いのでおしまいです…
テスト勉強しないと…
明日も残ってたら…参加したいと思います
それでは…みなさん、さようなら…


76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/01/21(月) 06:57:02.42 ID:GZOpdp+1O
女「ああ…今日という日がまた始まる…」
女「今日なんて来なければいいのに…」

男「おい、雪積もってるぞ」

女「…」
女「ちょっと外に出てきます」
男「元気じゃねえか」


104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/01/21(月) 14:44:53.49 ID:GZOpdp+1O
女「お風呂…先に頂いても良いですか…?」
男「いつも言ってるが、二階にもあるだろう」
女「いつも申していますが、一階の大きいのが良いんです…」
男「いつも言ってるが、一階は俺の物。二階は俺の物だけどお前に貸す。オーバー?」
女「いつも申していますが、一階の方が好きなんですよ…ねえ…」

男「…」
女「病人…」
男「お前が入った後は、いつも臭いんだよぅ!薔薇か林檎か知らないが…」
女「あ、よく分かりますね…薔薇と林檎、両方持ってます…うふふ…」
男「…はあ」

女「あ…もしかして、一緒に入りたいんですかぁ?」
女「えっちー」
男「入らねえよバーカ」
女「…」
女「もういいです」

男「林檎」
女「?」
男「せめて林檎にしてくれ。男が薔薇の匂いを醸し出してたら怪しすぎる」
女「…はあ」

女「素直に言えばいいのに…」
女「林檎なら一緒に入りたい、って…」
男「ちげえよバーーカ!」
女「うふふ…」


107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/01/21(月) 14:58:00.20 ID:GZOpdp+1O
女「もし、夕食作るのが嫌だと言ったら、どうしますか…?」
男「作りたくないのか」
女「いえ、例えばの話で…」
女「どうしても作りたくないと言ったら…」
男「別に。お前の給料から引いた分で、外食する」

女「…」
男「今日の夕食、何?」
女「…トンカツです」
男「分かった」
女「…はあ」

男「来週の月曜の夕方、空けとけよ」
女「え…?」
男「お前の食事に飽きた。外食して一から勉強し直せ」
女「…はい」
男「…化粧してなかったら減給な」
女「…はい」


108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/01/21(月) 15:10:27.63 ID:GZOpdp+1O
男「ただいまー」
女「お帰りなさいませ…」
女「お鞄、お持ち致します…」
男「ん」

女「…」じー
男「あ、上着はいいよ」

女「…」じー
男「…」

女「…」じー
男「…何か?」
女「…いえ、いいです」ぷいっ

男「はいはい、これだろ?はい、今週号」
女「夕食、用意してありますよ…うふふ…」すたすた

男「…自分で買いに行けよ、ジャンプくらい」


109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/01/21(月) 15:24:57.78 ID:GZOpdp+1O
男「ただいまー」
女「お帰りらさ…」
男「…ただいま」

女「噛みました。もう一回入ってきて下さい」
男「はあ?」
女「自分が許せません。このままだと、頭がグチャグチャになってしまいます」
男「もう…」
ばたん

がちゃ
男「ただい――って、居ねえじゃねえか!」
女「うふふ…小悪魔的存在です…」
男「うわーかわいくねー」
女「…」





男「ごめんなさい、入れて下さい」





男「お願い」


111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/01/21(月) 15:35:56.87 ID:GZOpdp+1O
男「ちょっと、そこの装飾どけて」
女「…?」
男「ダーツセット買ってきた」
女「…ダーツ?」

男「よっ」がつん
女「…」
男「よっ」がつん
女「おお…」
男「やってみ?」
女「…」

男「ここを指で、そう、持って」
男「腕の振りだけで…投げる」
女「…えいっ」かつ、ころころ
女「…むぅ」
男「修行が足らんな」

女「…つまらない」
女「つまらない…」
男「おい、刺す所が違うぞ。やめなさい」


113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/01/21(月) 15:44:05.40 ID:GZOpdp+1O
>>111
男「じゃあ、俺寝るから」
男「明日は六時起床な。絶対起きろよ」
ばたん

男「ふう…」

かつ…
ころころ…

かつ…

かつ…
ころ…

『つまらない…』

かつん…

男「明日から特訓か…」


155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/01/21(月) 22:52:32.42 ID:GZOpdp+1O
男「ただいまー」
男「うう、さむさむ」
女「あ、お帰りなさいませ…」
男「暖炉を俺によこせ」
女「元々、御主人様の物ですけどね…」
男「うるさい」

ぱちぱち
男「ふぅ…」
女「はい、コーヒーです…」
男「ん」

女「…」すっ
男「…」
女「…」すりすり
男「近いよ」
女「…」
男「…」
男「もっと近う寄れ」
女「…そういうのはキライです」
男「あっそ」

男「…」
女「…」


163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/01/21(月) 23:22:56.74 ID:GZOpdp+1O
女「可愛い…」
女「御主人様。さっき通り過ぎた男の人、私の事を可愛いですって」
男「うん」
女「恥ずかしいなあ…うふふ…」
男「気持ち悪いよ」

女「あ、そんな事言って良いんですか…?」
女「私、あの人と付き合っちゃいますよぉ…?」
男「うん」
女「毎日外泊して、夕食を独りで貪る事になりますよ…?」
男「あっそ」

女「…」
男「…」

女「あの、私どっかに行っちゃうんですよ…?」
女「寂しいですよね…?」
男「別に」
女「…」

女「私…どこにも行きませんよ」
女「どこにも…」
男「…分かったから、早く買い物済ませて帰るぞ」
女「…はい」


167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/01/21(月) 23:34:29.41 ID:GZOpdp+1O
男「…お前」
男「そのメイド服、ボロボロだな」
女「え…そうですか…?まだ着られるし…」
男「何で替えないんだよ。クリーニング代も衣装代も、必要経費で落としてやるよ」
女「…」
女「新しいメイドの境地を目指そうかと…」
男「一体、どこに向かってるんだよ。お前はここにいるよ」
女「はあ…」

男「用意してやるから、後で寸法測って、俺によこせ」
女「…」
女「えっち」
男「しばくぞ」


169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/01/21(月) 23:41:13.39 ID:GZOpdp+1O
女「…」
女「測って頂けますか…御主人様ぁ…?」するっ
男「…」

女「…いやんっ」ちらっ
男「…」

男「お前、そんなキャラじゃないだろ」
女「…つまんない」すたすた


170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/01/21(月) 23:54:00.58 ID:GZOpdp+1O
男「届いたぞ、新しいの」
女「…」

女「…」
女「覗かないで下さいよ…」
男「早く着替えろ」
女「…はぁ」
ばたん

女「…」
きぃー…
男「ん、出来たか」
女「…」
男「うん、やっぱり新しい方が清々しいな」
女「…生地がパリパリしてて、着にくいです…」
男「初心は大事だぞ。うん、やっとスッキリした」
女「自分だけ…」

女「もう宜しいですか…仕事に戻りますよ…」
男「うむ」
女「…はぁ」
男「女」
男「似合ってるぞ」
女「…」
女「…ばか」