※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

uef0ETvT0

101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/01/21(月) 13:49:52.82 ID:uef0ETvT0
男「おはよう」
メ「……みんなしねばいいのに」
男「朝からご挨拶だな」
メ「だって欝だからしょうがない」
男「うわー、自分で言ってるあたり嘘くせー! どうせサボる口実だろ!」
メ「……そうですよね、どうせそういう風にしか見てもらえないんですよね」
男「お、おいおい。のってこいよ、何か俺がいじめてるみたいじゃん」
メ「いえ、いいんです。……ふふ、声をかけてもらえてるだけで幸せなのに。私ってば……」
男「あー、えーと……今日はゆっくり休め。な?」
メ「はい、そうします。では」

ガチャ バタン

男「……あるぇー、何か違うくない?」


110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/01/21(月) 15:31:56.06 ID:uef0ETvT0
メ「なんにもする気が起こらないです」
メ「だからー、何かね、もうダメなんですよ、何もする気が起こらなくて」
メ「そのくせ頑張らなきゃー、って思うけど思えば思うほど苦しくなって死にたくなって」
メ「だからこれは仕方のないことなんですよ、ね? 理解ある主様ならわかってくれますよね?」
男「働け」
メ「なっ!? こんな状態の私に何てひどい! 労働組合に訴えてやる!!」
男「とりあえずそのPCをシャットダウンしてからなら話を聞いてやる」
メ「無理無理。MMORPGやってるの見てわかんないっすか」
男「少なくともお前の頭の中での欝の定義がわからん」