※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

80b+oP2iO

174 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/01/22(火) 00:08:39.51 ID:80b+oP2iO
男「おい」
男「その着終わった衣装はどうするんだ?」
女「明日、燃えるゴミと一緒に出します…」
男「そうか」
女「…」
女「…欲しいんですか?」
男「お前も一緒に不法投棄してやろうか」
女「…はぁ」


ばたん
女「…」

がさごそ
女「…」

『おーい、ちょっと来てくれー』

女「…はぁーい」


私の大切な物が、また増えました。


女「…はぁ」
ばたん

『御主人様から頂いた物いれ』


250 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/01/22(火) 13:21:44.50 ID:80b+oP2iO
女「…」
メイドも、主婦と同じで、午後が一番暇なようです。

女「…する事が無い…」
女「…要らない存在なのかな、私…」
女「…」
女「…クッキーでも作ろう…」

『本文:クッキー焼くのですが帰ってから召し上がりますかまあ過度に期待されても困りますがどうしますか』
『本文:面倒だろうが、句読点はちゃんと打て。
日本人の常識だぞ。みんな躍起になって句読点を打ってるんだ。
クッキーは帰ってから食べるから、多めに作っておいてくれ』

女「…」ばたん
女「…しょうがないなあ、もう…」
女「…子供なんだから…」


251 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/01/22(火) 13:33:40.51 ID:80b+oP2iO
女「…」こねこね
女「…」ちーん

女「…出来た…」
女「…段々、手際が良くなる…つまらない…」
女「…」もぐ
女「…」
女「…おいしい」

女「…御主人様の分は、綺麗にラッピングしておこう…うん…」
女「うん…かわいい…」つんつん
女「…」
女「…」


252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/01/22(火) 13:42:52.09 ID:80b+oP2iO
男「ただいまー」
男「ん、バターの良い匂いがするな」
男「ただいま」
女「…」
男「クッキーは?」
女「…」
男「…作ったんだろ?」
女「…どうぞ」くしゃ
男「…何だ、この包装紙」

女「…」
男「…」

男「食ったのか」
男「お前、食ったのか」むにー
女「す…すびばせ…」


女「あ…私、おなか一杯なので夕食はご自由に…」
男「夕食も無いのか」


253 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/01/22(火) 13:43:59.36 ID:80b+oP2iO
男「いいよ、パスタでも作って食べるから…」


男「…」もぐもぐ
女「…」ちらっ
男「…」もぐもぐ
女「…」じー
男「…」
女「…いや、食べたくなんてないですよ?」
男「あっそ」もぐもぐ

男「…」もぐもぐ
女「…」じー