※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

61GjKdtB0

635 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/01/23(水) 22:24:52.04 ID:61GjKdtB0
メイド
「そろそろ消えそうです」
「でも、消える・ということは消える前までは存在していた、ということですよね?」
「つまり私は消えてしまっても存在を完全になかったことにすることにはできないのです」
「残骸、というか何かしら残ってしまうのです」
「何が残るのでしょうね?」
「きっと寂しさだとか懐かしい気持ちなどなのだ、と思います」
「気持ちが残ってしまうのです」
「誰かの心に何かしらの気持ちや、感情が残ると思うと消えてしまうのも少しは寂しくないような」
「気がまぎれるというか」
「悪くないような気もします」

主人
「……あの、誰と話しているんでしょうか」

メイド
「三日間も張り付いていたヒマな人たちです」
「dat倉庫はとてもとてもヒマそうで鬱です……」

>>624
なにこのハートフルストーリー……切な殺す気か