V2Cwikiは移転しました



V2C公式サイト

  • V2C Top
  • V2C 使用法
Wiki Main Menu

  1. V2Cwiki Top
  2. 導入の手引
  3. よくある質問
  4. 使い方ガイド
  5. 機能設定ガイド
  6. 設定ファイル
  7. 外部コマンド
  8. レス表示スタイル
  9. アイコン
  10. Tips
  11. 企画
  12. その他
Twitter

  1. Twitterはじめに
  2. Twitterよくある質問
  3. Twitter使い方ガイド
  4. Twitter機能設定ガイド
  5. 設定ファイル
  6. Tweet表示スタイル
  7. TwitterTips
  8. Twitter企画
リンク


PopupStatusYoutube.js


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

Youtube動画情報のポップアップ
この画像は初期のもので現在は表示が異なります

備考

  • フォルダ内の「使い方.txt」参照
  • 他細かい設定は、スクリプトファイル内「//設定」行以下にあります。

元レス

設定方法

1. こちらの移動先にある『PopupStatusYoutube.js』から同ファイルをダウンロードします。
2. ファイルを解凍しスクリプトをV2C保存用フォルダのscriptフォルダに入れる。(フォルダがなければ作成する。)

外部コマンドを使用する場合

3. スクリプトの「設定方法」 を参考にしてください。

URLExec2.datを使用する場合

3. V2C保存用フォルダのURLExec2.datの任意の箇所に下記のような内容を記述する。(URLExec2.datがなければメモ帳等のテキストエディタを利用し文字コードをshift-jisにして作成する。)
https?://(?:\w+\.)?youtube\.(?:\w+|co\.\w+)/.*?v=[\-_\w]{11}.*【TAB】$&【TAB】${V2CSCRIPT:FrxS} PopupStatusYoutube.js
短縮URLの場合は以下を記述する。
http://youtu\.be/[\-_\w]{11}【TAB】$&【TAB】${V2CSCRIPT:FrxS} PopupStatusYoutube.js
※【TAB】はTABキーで置換
4. V2Cを再起動、または「メインメニュー」→「ファイル」→「再読み込み」→「URLExec2.dat」から、設定ファイルを再読み込み。

URL判定の正規表現は配布されているImageViewURLReplace.datやURLExec.dat等を参考にしましょう。

【登録場所】

コメント

名前:
コメント:
添付ファイル