V2Cwikiは移転しました



V2C公式サイト

  • V2C Top
  • V2C 使用法
Wiki Main Menu

  1. V2Cwiki Top
  2. 導入の手引
  3. よくある質問
  4. 使い方ガイド
  5. 機能設定ガイド
  6. 設定ファイル
  7. 外部コマンド
  8. レス表示スタイル
  9. アイコン
  10. Tips
  11. 企画
  12. その他
Twitter

  1. Twitterはじめに
  2. Twitterよくある質問
  3. Twitter使い方ガイド
  4. Twitter機能設定ガイド
  5. 設定ファイル
  6. Tweet表示スタイル
  7. TwitterTips
  8. Twitter企画
リンク


popupTweet.js


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

下記のようなURLにマウスオーバーすると内容をポップアップします。
http://twitter.com/n_or_a/status/21318031826

設定方法

1.こちらの移動先から popupTweet(HTML版) popupTweetAPI.js(API版) をダウンロードする。
 API版は以下の制限がありますが、html版より多少高速です。
  • 時間辺りのアクセス回数制限がある(150回/h 今後仕様変更される可能性あり)
  • リツイート人数がうまく反映されない(ポップアップ上では0と表示される)
2.ファイルを解凍しスクリプトをV2C保存用フォルダのscriptフォルダに入れる。(フォルダがなければ作成する。)
 両者に同梱されているpopupTweetフォルダの中身は同じなので、両方のスクリプトを導入する場合はどちらかのフォルダだけで構いません。
3.V2C保存用フォルダのURLExec2.datの任意の箇所に下記のような内容を記述する。(URLExec2.datがなければメモ帳等のテキストエディタを利用し文字コードをshift-jisにして作成する。)
HTML版
https?://twitter\.com/(?:#!/)?[^/]+?/status/\d+    $&    ${V2CSCRIPT:Fr} popupTweet.js
API版
https?://twitter\.com/(?:#!/)?[^/]+?/status/\d+    $&    ${V2CSCRIPT:FrS} popupTweetAPI.js
4.V2Cを再起動、または「メインメニュー」→「ファイル」→「再読み込み」→「URLExec2.dat」から、設定ファイルを再読み込み。

元レス

備考

  • popupTwitterInfo.jsとの違い

コメント

名前:
コメント:
添付ファイル