V2Cwikiは移転しました



V2C公式サイト

  • V2C Top
  • V2C 使用法
Wiki Main Menu

  1. V2Cwiki Top
  2. 導入の手引
  3. よくある質問
  4. 使い方ガイド
  5. 機能設定ガイド
  6. 設定ファイル
  7. 外部コマンド
  8. レス表示スタイル
  9. アイコン
  10. Tips
  11. 企画
  12. その他
Twitter

  1. Twitterはじめに
  2. Twitterよくある質問
  3. Twitter使い方ガイド
  4. Twitter機能設定ガイド
  5. 設定ファイル
  6. Tweet表示スタイル
  7. TwitterTips
  8. Twitter企画
リンク


closeThreads.js

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

スクリプトを実行すると、条件を指定するダイアログが表示される。
実行ボタンを押すと開かれているスレにおいて、指定条件に合致するものを閉じる。

元レス

設定方法

  1. こちらの移動先にある『closeThreads.js』から同ファイルをダウンロードします。
  2. その後の設定方法については スクリプトの「設定方法」 を参考にしてください。

【登録場所】

【ラベル】

開いてるスレを閉じる

【コマンド】

${SCRIPT:Fr} closeThreads.js
  • チェックやテキストボックスの初期値を指定 (ダイアログの条件指定行ごとに6個の引数で指定)
${SCRIPT:Fr} closeThreads.js 「未読無し」 「dat落ちor1000到達」 「○時間書き込みなし」 「勢い」 「板指定」 「閉じる前に確認」
  • 各引数についての表記は、左端の上位桁から順に
    Ac(有効化、1ならON、0ならOFF)}、次が&と|(1なら|、0なら&、引数1~5で有効)、次がテキストボックスの中身(引数3~5で有効)
例1、時間の初期値が5、勢いが0.5
${SCRIPT:Fr} closeThreads.js 10 10 105 100.5 10 1
  • 「板指定」にcurrentを設定すると、現在開いている板に置き換わる
例2、時間の初期値が10、勢いが20 板初期値が(開いてる板,ソフトウェア板)
${SCRIPT:Fr} closeThreads.js 10 10 1010 1020 10current,software 1

コメント

名前:
コメント: