ロングトーン練習


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ロングトーン発声練習
楽器のロングトーンは音の質と安定と肺活量を上げる効果があります。
声楽に変えると、まずメトロノームに合わせ、テンポ60で4拍切りで連続に
一定音(基本はC=ド)で「ア~♪ ア~♪」と発声します→2~3分程。
次に同じ要領で8拍、16拍とやります。
終わったら今度は1拍毎に「ア・ア・ア・ア♪」と区切り、息継ぎは4拍毎で同程度やります。
次に同じ事を息継ぎ8拍毎、16拍毎と同程度やります。
スタッカート発声
まず、2分の1拍区切りで「ア・ア・ア・・・・・・・♪」と息継ぎ8拍でやります。
最後に4分の1拍区切りで「ア・ア・ア・・・・・・・♪」と同じく息継ぎ8拍でやります。
仕上げに「ア」を「トゥ」に変え舌のリズム、タイミングで上記要領で発声します。

メトロノーム再現ソフト
http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se085869.html
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。