呼気調整


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

呼気(鼻や口から吐く息)の基本
まず腹筋は意識せず歌いましょう。
音圧を上げる時に自然と適度な緊張をしていますから。
それと腹式呼吸は常に守って下さい。
声を控えたい時は呼気を50%前後に抑え発声すれば調整がし易くなります。
あと、多少の張り上げは良いのですがなるべく控える様にしましょう。
喉への負担と、サビ等で胸式になってしまい易いですから。
日頃の発声練習で音圧を上げる訓練をする事が大事です。
前にもレスしましたが、最大時の呼気は80%位にする事も忘れずにやって下さい。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。