※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

AIPSによる処理(2) AIPSにデータをロード


1. AIPS起動までの準備

1.1 ログインからAIPS起動まで
あらかじめ、使用する計算機上で有効なAIPS user ID番号を取得してお
く。計算機の管理者がいる場合にはその人に依頼する。自分自身の計算機
で あれば、AIPS user ID番号は自分で決めておける(2-46655の数
字)。AIPS user ID番号は、AIPS_ROOT/DA00/NETSP のファイルに 登録しておく必要がある(これは管理者のお仕事)。AIPS使用環境の
UNIX (Linux) 計算機にログインしたら、xterm を起動しておきます。 AIPSはxtermからでないと動作しません(ktermなどは問題あり)。
xtermの中で、AIPS_ROOTディレクトリに移動します。ここでは計算機の ホスト名を kaimon, UNIXのユーザーアカウントを kameno, AIPS ID 番号を3018としています。適宜自分の属性に読み替えてください。
kaimon[kameno]5: cd /usr/aips/usr/aips
AIPSを起動するための環境変数を指定します。ログインシェルは csh あるいは tcsh を使っています。
kaimon[kameno]8: aips tv=local
START_AIPS: Will use or start first available Unix Socket >based TV
<途中のメッセージを省略 >
AIPS 2: Enter user ID number? 3018
< 途中のメッセージを省略 >
無事起動できた場合、コマンドプロンプト > がメイン画面
(起動コマンドを打ったxterm)に表示されます。
その他に、X-AIPS TV Screen Serverのウィンドウ, Message Serverのウィンドウ, TK Serverのウィンドウも現れます。これらのウィンドウは、GNOMEなどのメニューDOCKに格納されているかもしれません。
1.2 AIPSの終了のしかた
コマンドプロンプト > がメイン画面に表示されている状態で、exit と打つとAIPSを終了します。終了したら、X-AIPS TV Screen Server, Message Server, TK Serverのウィンドウも、左上の赤丸ボタン●を押して終了してください。これらのウィンドウを終了させておかないと、Socketが足りなくなり、他の人が次にAIPSを使うときにこれらのウィンドウが開かなくなることがあります。
なお、AIPSを終了させてもAIPS内で作成したファイルは保存されています。次にAIPSを起動したときには、最後に終了したときのファイルが残っているはずです。

2. AIPSの基本操作

コマンドプロンプト > がメイン画面に表示されている状態では、AIPSのコマンドを打つことができます。AIPSのコマンドには、大別して task と verb の二種類があります。
2.1task
多数のパラメーターを要するコマンドです。実行するには、
  1. task 'タスク名' と打って、使用するtaskを宣言する。
  2. パラメーターを細々と入力する。
  3. go と打って、taskを実行する。
という手順を踏みます。以下に task の例を挙げます。
fitld FITSファイルをロードします。
fring フリンジフィッティングを実行します。
possm スペクトルを表示します。
tacop Extensionテーブルをコピーします。

3. FITSファイルをAIPSにロード

fitldというtaskを用いて、FITSファイルをAIPSのファイルシステムにロードしましょう。囲みの中で、アンダーラインを引いた部分を入力します。
task 'fitld'FITLDというtaskを使用すると宣言します。
inf 'fits:BK084.DA193.FITS'入力ファイル名を指定します。>fits: という部分は AIPS_ROOT/FITS を表します。
outn 'bk084'AIPSのファイルシステム内でのファイル名を指定し>ます。
outcl 'uvdata'AIPSのファイルシステム内でのファイル名を指定>します。
wtthresh 0.1weightが0.1を下回るビジビリティを捨てます。
inp  パラメーターの一覧を表示して確認します。
fitldのパラメーターの一覧はこちら
goと打つとfitldを実行します。実行時の
fitldのメッセージ
が MSGSRVウィンドウに表示されます。
KAIMON> FITLD1: Appears to have ended successfully
KAIMON> FITLD1:kaimon 31DEC06 TST: Cpu= 4.1 Real= 5
というメッセージが表示されたら無事終了です。

4. AIPSのファイルシステム

早速、fitldでロードされたファイルがAIPSのファイルシステム内にできていることを確認しましょう。それには、pcat という verb を用います。
pcat
AIPS 1: Catalog on disk 1
AIPS 1: Cat Usid Mapname Class Seq Pt Last access Stat
AIPS 1: 1 3018 BK084 .UVDATA. 1 UV 11-SEP->2006 17:30:52
上記のように、BK084.UVDATA.1 という名前のファイルができていますね。AIPSのファイルシステムはファイル名に name, class, seq の3つの属性があります。nameおよびclassは適当に設定できる名前で、seqは数字です。nameは8文字以内のASCII, classは6文字以内のASCIIです。上記の例で言うと、nameが 'BK084', classが 'UVDATA', seqが 1 です。これらの名前はfitldのパラメーターで outn, outcl で指定したものが使われます。
AIPS内でファイルを指定する時には、これらname, class, seqの全てを正しく示す必要があります。でもそれでは少々面倒ですよね。そこで、カタログ番号でファイルを指示することもできます。pcatで一覧されるときの先頭カラム Cat の下に示されている番号がカタログ番号です。BK084.UVDATA.1のカタログ番号は 1 ですね。カタログ番号を使うには、getn という verbを用います。
getn 1
AIPS 1: Got(1) disk= 1 user=3018 type=UV >BK084.UVDATA.1

5. データのソート

ソート (sort) とは、順番に並べることを言います。FITLDでロードしたファイルは、データが適切でない順番に並んでいることが間々あります。一方で、いくつかのtaskはデータが < 時間 - 基線 > の2次元配列(これをTB orderといいます。Time-Baseline orderのことですね)になっていないと正しく動作しません。そこで、msort という task を用いて TB order にソートします。
task 'msort'MSORTというtaskを使用すると宣言します
getn 1カタログ番号1番のファイル (BK084.UVDATA.1) を入力フ>ァイルと指定します
AIPS 1: Got(1) disk= 1 user=3018 type=UV >BK084.UVDATA.1
outn=inn出力ファイルの name は 入力ファイルの name
(BK084) と同じにします。
outcl='msort'出力ファイルの class を 'msort' と指定しま
す。
inpパラメーターの一覧を表示して確認します
msortのパラメーターの一覧はこちら
goと打つとmsortを実行します。実行時の
msortのメッセージ
が MSGSRVウィンドウに表示されます。
msortが終了した後にpcatで確認すると、ファイルが増えていることが分かりますね。
pcat
AIPS 1: Catalog on disk 1
AIPS 1: Cat Usid Mapname Class Seq Pt Last >access Stat
AIPS 1: 1 3018 BK084 .UVDATA. 1 UV 11-SEP->2006 17:34:40
AIPS 1: 2 3018 BK084 .MSORT . 1 UV 11-SEP->2006 17:34:40
次へ目次
前へ