※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

★『ラパン』に行ってきた。★

                       報告者:D★、おかぴぃさん、マロン師匠、ベル☆さん



●種別 :フランス料理
●場所 
和歌山県和歌山市小野町1-24 
(※和歌山市酒直ビル付近、県庁から徒歩10分といったところ)

●営業 :11:30~14:30(L.O.13:30)、18:00~21:30(L.O.20:00)
             (定休日は日曜、祝日)
●駐車場 :店舗西に存在。7台は大丈夫だと思われ。
●見たカンジの予算 :晩飯で1人あたり、2,000円で大丈夫だと思われ



本日、噂の(単に職場でね)ラパンに言って来た。
外観は黄色い壁が目印。周辺にはないカンジ。




室内に入ると、チャペルっぽい雰囲気で結構天井が高いからか、
開放感がある。



2階もあるようで、窓付近ということもあり、出来たら
そこが良かったのであるが、残念、今回は1階からの報告。

さて、今回はディナーで参戦であったが、事前にお店に確認したところ
●プチコース @2,000円+tax
●フルコース @3,000円+tax
●フルコース @6,000円+tax
 
で、結論からいうとわしらは@3,000円コースを頼んだであるが、
3,000円にしては結構なボリュームであった。

まずは前菜。
普通にサラダと、クリームコロッケです。更につづくスープ(キャロットだったか?)&パン。






ここらへんはオーソドックスな責めである。
スープはクリーミーなカンジで、割と上品なお味。
そして、パンがオカワリしたい放題ということ。
(※おわかりしたい放題は推測で、10も20も頼めるか不明(笑))

そして、事前にバラすがが、ボリュームが多いので、
パン美味しいよママン!(誰?)ってカンジでパンのオカワリを頼むと後で
ダメージを食らう(笑)

なので、@3,000円コースを頼む方はとりあえず様子見するべし。

お次に出てきた魚のメニューは、鯛&車エビだったか?
わし、海鮮系が大の苦手な人なのであるが、生臭さは完全に消えており、
ついていたマスタードソース&アップルソースの味わいが上品で
これまたなかなか美味
アップルソースの上品な甘さと、マスタードの辛さという2種の味わいを
楽しめる。





で、通常このあたりで終わりそうなところを、
今回、フルというだけあって、まだまだ続く。。
お店の紹介曰く、『お口直しの』シャーベット!!!
レモンだったか?



シャーベット自体は普通のお味ですが、確かに柑橘類の
アッサリとしたシャーベットでクチの中で残っていた味わいがほのかに
消える。ここらへんは、次に出てくる肉料理に合わせているのであろう。

これで魚の味わいをクチから消した後、お肉参
ちゅうか、この時点で満杯なのですが、、、
お肉もそうですが、一緒についていたポテト??ぽいのが美味い。
肉自体も柔らかいですが、ソースがまた深みのある味わいであり、
先述したポテトと絡んで…このポテトがソースの強さを和らげている。




で、それだけで終わらず、再度デザート



まだ出てくるのか??
ちゅうか、このデザート甘すぎずめっちゃ美味いやん!!>特にプリュレ
プリュレは、表面がアメで包まれており、甘み自体がそれほど強くないのが特徴か。

これに紅茶(コーヒー)がついて3,000円+taxはなかなか満足です。

お店の雰囲気自体もあるので、まあまあ『アタリ』のお店でと言って良いか。
純粋に味の評価とよりも、値段の話=コストパフォーマンス的にいえば。

味は、残念ながら私は高級店に出入りしているわけではないので、
評価がしにくいのである。
職場の師匠と旧師匠との間でも評価がまるで違うしねぇ。

しかし、そんなところは気にせず。

ランチも大人気で、1,000円~でいけるので、
ランチから試してみるべし。
なお、ランチは事前に予約をしたほうがいいと思われ。
昼はマダムで大混雑してます。

夜は私らが行った際は混雑していなかった。
夜はまったりか?