※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

★いずみ釜あげうどんに行ってきた。★

報告者:D  H20.3.23

場所:和歌山市太田369-14(JR和歌山駅東口付近)
ジャンル:うどん専門
営業:10時~14時(売り切れで終了)
駐車場;ないので、近くの100Pに駐めること。


和歌山市内でうどんと言えばここ!ということで、いずみ釜あげうどんを食べに
行きました。
場所はJR和歌山駅東口の付近で…、うーん説明しづらい。
近くの風景はこんなカンジです。




で、お店ですが。こちらです。
結構外観は年期入ってます。



駐車場がないし、お店やってるのかなぁ?と思って来店しますと、

何と人がいっぱい。

なんじゃこりゃ!
外観から想像がつかないくらいですわ。広くない店内ですが、
2階もあるようで、客がよく来てます。
わしはとりあえずカウンターに座って、店長さんに何がお勧めですかと
尋ねたところ、『初めてなら釜あげうどんが良いよ』ということでしたので、
釜あげうどん(小)550円を頼みました。

で、メニューですが。完全にうどん専門です。

◆釜あげうどん小550円
◆釜あげうどん中600円
◆きざみうどん小600円
◆きざみうどん中650円
◆夏うどん650円


しかないっす。むー硬派だ。。。。
で、事前に『中はかなりの量』との噂を聞いてましたので、小を頼みました。

さて、年期の入った店内には張り紙が貼られており、
『注文からうどんを釜あげするので20分程度かかります』と書かれてました。
実際、通のお客さん?が来店前に『★★分頃に到着するので用意をお願いします』
とか何とか、店員さんに電話してた。。

わしは週刊誌を読みながら約20分ほど時間を潰してました。
するとやっっときました、釜あげうどん(小)。




うお…小でこれかよ!!


ボリュームはありますよ、これ。
つけうどん形式で、釜あげしたうどんと、つけだれ、そこに薬味(ネギ+生姜)を
入れて、わしは早速つけ込んでGO!!






むー、麺がめちゃもっちりしてる。。

かなりのもちもち感です。

タレ自体は生姜の風味が強いシンプルなもので、
特筆すべき点はないですが、少なくとも麺は
たまに行く、★★★とかチェーン店とかに較べるべくもない麺のもちもち感。
味は普通な感じなんですが、食感は逆に本格的な
うどんを余り食べたことのないわしのような人間には
新鮮か。
いずれにせよ
このボリュームで、550円はなかなか。
食いきれない…。。。



そうこういいながら、わしは流石に勿体ないので、
全部なんとか平らげました。中は、男性でないとまず無理。
(※わしは小できましたよ)

店内の客の様相をみていますと、きざみうどんも人気みたいですので、
今度はきざみもチャレンジしてみます。

外観から結構『隠れ家』的なイメージを醸すいずみ釜あげうどんさんですが、
行かれる際は下記に注意してください。
①開店時間が10時~14時であること。
②釜あげに20分程度かかるので、待ち時間が必要。
或いは、事前に予約すること。
③売り切れるとその時点で終わり。
④駐車場がないので、100Pに駐めること。

以上の4点。

わしの印象では、店長さん自体、結構趣味の域でやってる
カンジです。店じまいも早いし。
なんか和歌山ラーメンでいうところの、山為食堂とか
うらしまとかのイメージです。
和歌山でうどんとはなかなか硬派な選択ですが、一度チャレンジを。