※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



★富夢想野(とむそーや)に行ってきた。


報告者:D★、papa、女史夫妻、ウメ姉、たい氏(H20.11.22)


場所:海南市別所寺田922-4
ジャンル:イタリアン
営業等:土日休日限定、ラストオーダー22時ごろだったと
駐車場等:店前に数台OK


いや、だって仲間と飯といえばここだろ?みたいな。
和歌山では有名なとむそーやである。
NHKか何で特集されたとか何とか。
わしも昔デートでよく使った店だ。
お仲間をお連れするには最適ということで、店にチャレンジした。

なお、まず下記は抑えないと非常に場所がややこしいので、
行きたいと思った人は留意すること。

①初めてでいきなり夜に来店は事実上困難。
(海南金屋線途中のお寺の看板ちかくの、農道を見つけ出すのが困難。)

②初心者が大型車で…?無理ッ
(農道が細く、対向が困難。画像参照)






③平日に来店…?やってないぞゴルァアアアアア

以上の3点である。
しかしながら、以上の3点をよく踏破し、万障繰り合わせのうえ
到着したならば、汝ら我が眷属よ。
街中では見れない異空間が”其処にある”のである。







本場所は、
春~夏は屋外で桜を堪能しながら、
秋~冬は屋内で暖炉を堪能しながら、
まったりと過ごすのがよい。

本格的に楽しむには、夜行くべきだ。
昼間の明るいついは、景観が確かに綺麗かも知れないが、
施設自体の味はむしろやや暗い照明の映える”夜”であろう。








”それは人でなく魔でなく 夜でもなく昼でもない”ってか。いや、
全然関係ない話ですが。ぷ。


【ピザ評】

全品薄めの生地でカリッと系。
いくつかあるが、もっとも美味いと思われるのが
モツァレラチーズとトマトのピザ。

オーソドックスながら、飽きがこない。



ネギ焼きピザは、マヨネーズ風味とそうでないものがあるが、
マヨネーズは最初は美味いが1枚食うとなると
あいてくるので、ノーマルで。派手な味ではないが、
和チックな味わい。




ガーリックは…ピザであるが薄味なので、
余り選択肢上位にいれないほうがいいかも。



総評としては、先述したとおりl生地が薄く
食べやすい。なかなか美味いピザである。
お持ちかえりもOKであるので、頼むとよいだろう。


【パスタ評】

アマトリチャーナは、最近少しトマト風味が薄れたので残念。
今回の画像にはない。

赤いカルボナーラは、普通のカルボナーラとそれほど味が変わらない。
トマト風味は余りないが、普通に細めんで多少ベタツキ感があるが、
十分食える一品です。




・後は食していないのでが…女史によれば、

『私とダーリンが頼んだきのこのパスタは超こうばしかったです。
なんやろ…隠し味に焼肉のタレでもいれてるのかなぁって
思ったんやけど…今度家で試してみよ(*´艸`)』



総じて麺が細く、食べやすいのが特徴か。
種類はそれほど多くないが、いずれも麺がちょうどよい茹で具合で
柔らかすぎず、という感じ。


【ケーキ評】
ウメコ姉によるチーズケーキ評

とむそーやの洋梨チーズケーキですぴかぴか(新しい)
ゆずシャーベット付き。
チーズケーキは濃厚すぎないほどよい感じ。
それでも口の中が甘くなってきたらゆずシャーベット
でさっぱりできるので良いです。



女史によるアップルパイ評

夢想野のおみやげのアップルパイが気になりまくり、
一口かじってしまいましたああ(笑)

やさしい味で美味しかったです





【総評】

和歌山市内の人間からすれば秘境と言わしめて久しくない
本地は、苦労して行くに足りる”異空間”な場所。
わいわいパーティーでもしながら楽しく思い出として
残る場所である。



味もよく、”最高!”点がつくかは人それぞれにしても、
味や場所、空間、雰囲気総合的に高いレベルでまとまっている
場所である。
まだ行ったことがないのであれば、チャレンジするとよいだろう。
ただし冬場は凍結して以下略なので、やめておこうね…。


【個人的感想】

発言者 イメージ 感想
D★

味や場所、空間、雰囲気を総合的に勘案すると
結構レベルの高い場所だと思われる。
カッポォでチャレンジだ!昔のわしのように…
(遠い目)

     
     
     
     



トップページ