|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

犬の十戒 & 虹の橋

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


● 犬の十戒 - The Ten Commandments of Dog Ownership -


Author Unknown 作者不明

1. My life is likely to last ten to fifteen years. Any separation from you will be painful for me. Remember that before you buy me.

私の一生は10年~15年くらいなんだけど、
その間、ほんの少しの間でも、あなたと離れる事は苦痛で仕方ないの。

私を飼う前に、それを忘れないで。

2. Give me time to understand what you want of me.

あなたが何を望んでいるのか、理解するのには時間がかかるかもしれないわ。

3. Place your trust in me-it's crucial to mywell-being.

私を信頼して。
それだけで、私は幸せなの。

4. Don't be angry at me for long and don't lock me up as punishment. You have your work, your entertainment and your friends. I have only you.

私に長い間怒りを感じ続けたり、罰として、檻に閉じ込めることはやめて!

あなたには、仕事や、友達や、趣味、色々なものがあるでしょう?
でも・・・私にはあなただけしかいないの。

5. Talk to me sometimes. Even if I don't understand your words, I understand your voice when its speaking to me.

時々私に話しかけて。

あなたの『言葉の意味』は理解はできないかもしれないけれど、
私に話しかけてくれる、あなたの『声』はわかっているのよ。

6. Be aware that however you treat me, I'll never forget it.

あなたがどんな扱いをしようと、私は絶対に忘れることは無い。
それを常に気にかけて私を扱ってね。

7. Remember before you hit me that I have teeth that could easily crush the bones of your hand but that I choose not to bite you.

私を叩いて叱ろうとするのなら、思い出して。

私にはあなたの手の骨すら砕く歯があるけれど、あなたを噛まないって決めてるって事を。

8. Before you scold me for being uncooperative, obstinate or lazy, ask yourself if something might be bothering me. Perhaps I'm not getting the right food, or I've been out in the sun too long, or my heart is getting old and weak.

「なんで言うこと聞かないの?!」
「なんてわがままなコなの?!」
「なんでそんなにのろまなの?!」

そんな風に叱る前に、自分自身に問いかけてみて。

ちゃんとご飯あげていた?
太陽の照りつける場所に、長時間放置していなかった?
歳を取って、心臓が弱っているんじゃないの?

9. Take care of me when I get old; you, too, willgrow old.

あなたが歳を取る様に、私も歳を取るの。
その時もちゃんと面倒見てね。

10. Go with me on difficult journeys. Never say, "I can't bear to watch it, or, "Let it happen in my absence." Everything is easier for me if you arethere. Remember, I love you.

私はいつか、あなたより早く天国へと旅立ちます。

その時に
「見ているのが辛いから」とか「私の見ていないところで・・・」
なんて、哀しいこと言わないで・・・。

あなたが傍に居てくれれば、それが辛い別れだとしても、私の苦痛はやわらぐの。

そして、これだけは忘れないで。

私はあなたのことをずっと愛してるって事を。



和訳:comy
   飼っている犬がメスなので、女の子っぽい訳に・・・(--;)


● 虹の橋 -Rainbow Bridge-


Author Unknown 作者不明

Just this side of Heaven is a place called Rainbow Bridge.

天国のちょっと手前に、『虹の橋』と呼ばれる場所があります。

When an animal dies that has been especially close to someone here, that pet goes to Rainbow Bridge.

あなた共に過ごした動物たちが死んだ時、『虹の橋』へと行くのです。

There are meadows and hills for all of our special friends so they can run and play together.

そこには、草原や丘があり、仲間たちと走り回って遊べんでいます。

There is plenty of food, water and sunshine and our friends are warm and comfortable.

そこには、十分な食べ物、水、光にあふれ、
そして、たくさん仲間たちに囲まれ、
全ての動物たちが暖かく安らかな時を過ごしています。

All the animals who had been ill and old are restored to health and vigor; those who were hurt or maimed are made whole and strong again, just as we remember them in our dreams of days and times gone by.

病気になった動物も、年老いた動物も元気を取り戻し、
傷付いたり、不自由な身体になった動物は、健康な身体を取り戻すのです。

まるで、過ぎ去った、あの夢のような日々のように・・・。

The animals are happy and content, except for one small thing: they each miss someone very special, someone who was left behind.

ただ、そうやって幸せに暮らしている動物たちにも、1つだけ不満があります。
それは、大切なあの人と、離れ離れになってしまった事です。

They all run and play together, but the day comes when one suddenly stops and looks into the distance.

そして、いよいよその日がやって来ました。

いつものように、動物たちは一緒に遊んでいたある日、
その中の1匹が足を止め、遠くを見つめています。

His bright eyes are intent; his eager body begins to quiver.

その1匹の目は爛々と輝き、嬉しさに耐え切れず、身体は小刻みに震えだします。

Suddenly, he breaks from the group, flying over the green grass, faster and faster.

そして、今で過ごした仲間たちから離れると、走れる限りの速さで草原を飛ぶように駆け抜けていきます。

You have been spotted, and when you and your special friend finally meet, you cling together in joyous reunion, never to be parted again.

そう・・・あなたを見つけたのです。

あなたたちは、とうとう出会うことができたのです。

そして、再会を喜び合い、抱きしめ合います。

もう、2度と離れることはありません。

The happy kisses rain upon your face; your hands again caress the beloved head, and you look once more into those trusting eyes, so long gone from your life, but never absent from your heart.

あなたに会えた喜びのキスが顔に降り注ぎ、あなたはあの頃のように、愛おしそうにその頭を優しくなでます。

そしてあなたは、長い間離れていたけれど、
決して忘れる事の無かった、信頼に満ちたその瞳を再び見つめます。

Then you cross the Rainbow Bridge together...

それから、一緒に虹の橋を渡って行くのです・・・



和訳:comy


● 虹の橋のたもと - AT THE RAINBOW BRIDGE -


Author Unknown 作者不明

There is a bridge connecting Heaven and Earth.

地上と天国とを繋ぐ橋があります。

It is called the Rainbow Bridge because of its many colors.

様々な色で構成されるその橋は『虹の橋』と呼ばれています。

Just this side of the Rainbow Bridge,there is a land of meadows, hills and valleys with lush green grass.

その橋の傍には、緑にあふれた、草原や丘や谷があります。

When a beloved pet dies, the pet goes to this place.

愛された動物たちが死ぬと、その場所に行きます。

There is always food and water and warm Spring weather.

その場所は、常に食べ物と水があり、春のように暖かなのです。

Those old and frail animals are young again.

年老いて体の弱った動物たちは、若さを取り戻します。

Those who have been maimed are made whole again.

不自由な身体になった動物たちも、元の身体を取り戻します。

They play all day with each other.

みんな毎日一緒に遊んで暮らしています。



Some of them here by the Bridge are different.

ただ、その橋の傍には、様子の違う動物たちもいます。

These pets were beaten, starved, tortured, and unloved.

疲れ果て、飢え、酷い扱いを受け、そして愛されることのなかった動物たちです。

They watch wistfully as their friends leave one by one,to cross the bridge with their special person.

その動物たちは、仲間たちが大切な誰かと橋を渡って行くのを、
羨ましそうに見つめています。

For them there is no one, no special one.

その動物たちにとって、そんな大切な誰かは存在しないのです・・・

Their time on earth did not give them one.

生きている間、そんな人に出会うことは無かったのです。

But one day, as they run and play,they notice someone standing by the road to the bridge.

ところがある日、いつもの様に走り回って遊んでいると、
橋へと向かう道に、たたずんでいるいる人がいるのに気づきます。

This person wistfully watches the reunions of friends,for during life, this person had no pet.

その人は人と動物たちが再会するのを、羨ましそうに見つめています。

その人は生きている間、動物と暮らすことはなかったのです。

This person was beaten, starved, tortured, and unloved.

そしてその人は、疲れ果て、飢え、酷い扱いを受け、誰にも愛されることはありませんでした。

Standing there alone, one of the unloved pets approaches,curious as to why this one is alone.

そんな彼が、ポツリとたたずんでいると、
愛されたことの無い動物たちのうち1匹が
なぜ、この人は1人なの?と、不思議に思い、近づいて行きます。

And as the unloved pet and the unloved person get nearer to each other,a miracle occurs,for these are the ones who were meant to be together,the special person and the beloved petwho never had the chance to meet while on Earth.

すると、地上では愛し合う機会に恵まれなかった2人が
お互い歩み寄った時、奇跡が起こったのです。

Finally, now, at the edge of the Rainbow Bridge,their souls meet, the pain and the sorrow disappears,and two friends are together.

ついに、今、『虹の橋のたもと』で2つの魂は出会い、
今までの苦痛や悲しみは消えてゆきます。

こうして2人は一緒になったのです。

They cross the Rainbow Bridge together, never again to be separated.

2人は一緒に『虹の橋』を渡っていきます。

そして2度と、離れることはないのです・・・。



和訳:comy


wiki内検索

● メニュー

  • TOP
  • 犬の十戒 & 虹の橋
  • 基本知識
  • 意見はコチラ
  • リンク

● 更新履歴

取得中です。



● 管理人について


  • 名前:comy
  • wanko-to-hutari@hotmail.co.jp
  • 飼い犬について
    • 名前:monaca
    • 性別:♀
    • 2007/06/11生まれ
    • 犬種:トイ・プードル
    • 色:ブラウン


○ このページの閲覧者

  • total:  -
  • today:  -