※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ストキャスティクスは転換点を実態の動きより先に知らせてくれる。
ストキャスティクスは%Kラインと%Dラインの2本で構成されますが
おもに%Dラインを使います。
ストキャスティクスとは相場の売られすぎ買われすぎを100%の数値で表示するテクニカル分析の方法です。

売買のポイントとしましては
%Dが70以上は買われすぎ
30以下は売られすぎとされています。

特に85以上又は15以下で%Dが反転した場合は信頼度がSD、
それをまたさらに移動平均化したSDスローというものがあります。
SD、SDスローともに期間3日のものがよく使われます。 
売買のポイントとしましてはSDがSDスローの下にある状態でSDがSDスローを下から上に抜けたとき (ゴールデンクロス)が買いのシグナル、
その逆にSDがSDスローの上にある状態でSDが SDスローを上から下に抜けたとき(デッドクロス)が売りのシグナルといわれています。