※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

CSEを利用してマスターを参照・編集


Common SQL Environment(フリーソフト。以下CSE)を利用して
WinMedical22のマスターの内容を参照したり、編集できます。
また、バックアップにも使えます。

たとえば、WinMedical22の画面から職員マスタに全職員の氏名や職種等を入力していくのは意外と手間が多く、PCオペレーションに慣れている人にはかえって使いづらいものです。
ですがCSEを利用すれば、あらかじめEXCELで職員マスタを作成してコピー、ペーストで登録完了!ということが出来ます。
大変便利だと思いますので紹介しますが、くれぐれも使用は自己責任で。

手順


1.CSEをダウンロードする(配布元:つみきウェブ

2.WinMedical22インストール済みのPCに、CSEをインストール。

3.CSEを起動し、メニューバーの[データベース]-[接続]

4.[接続]ダイアログが表示されるので、
 DBMS:ODBC汎用
 データソース:mdicache  とし、[OK]

5.DBエクスプローラ(デフォルトでは画面右中央に表示されている)の中から
 [テーブル]をWクリックして展開する。

6.WinMedicalのマスタテーブルが色々と表示される。
 参照したいテーブル名を右クリック、[全データを開く(A)]

7.[コンソール]にテーブルの内容が表示されるので、参照や編集を行う。