メニュー




豆知識


戦闘について


もっと楽しむ



リンク




ポエムコーナー

vs犬
ウーアー賛美歌
フラットな関係
Wurm人の目


開拓村思い出
Wiki編集練習ページ


ここを編集

スクリーンショット








ここを編集

戦ってみよう


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

戦闘民族サイヤ人講座

敵を右クリック→Attack>targetで戦闘開始だ。

敵との距離に気をつけろ。
近接武器なら近づかないと攻撃は当たらないぞ。

戦闘ログ

このゲームは剣を振ったり、狼が噛み付いたりするモーションなんてないぞ。
あるのはドラクエ風の戦闘ログが流れるのみだ!(たまにこけたり、刺したりする)

最初は戦ってるかどうかわからないと思うがログを見るとしっかりと戦っている。
(Spam modeをONにするとミスなども表示される)

基本的に
You <攻撃方法> <ターゲット> <攻撃力> <攻撃箇所> and <ダメージ> it.

のように表示される。
オレンジ色のログは相手からの攻撃で緑色のログが自分の攻撃ログだ。

・<攻撃方法>

切ったり、叩いたり、パンチだったりキックだったり。
相手の弱点の攻撃方法だとよりダメージを与えられる。

・<攻撃力>

very lightly<lightly<pretty hard<hard<very hard
<extremely hard<deadly hard
この攻撃力の欄がダメージというわけでは無いので注意しよう。

・<ダメージ>

slaps<irritates<hurts<harms<damages

弱点などを踏まえた上で、
実際に相手に与えるダメージ量によって選ばれる。

ブラックウルフのクロウが、ゆるーくお腹にヒットした例。

怪我(ダメージ)

・傷(Wounds)

戦闘中には体の各部位に傷(Wounds)を受ける。
傷      ダメージ量  包帯必要数  最低治癒力 
Very light 0.01~5.00 0.1kg 0
Light 5.00~15.00 0.1kg 0
Medium 15.00~30.00 0.2kg 1~
Bad 30.00~45.00 0.2~0.4kg 12
Severe 45.00~ 0.8kg 16

同じ部位への合計25ダメージ以上の傷は死ぬまで体力が減り続けるので注意。
効果12以上のヒーリングカバーはいくつか常備しておくと安心。
作り方はここをどうぞ → ヒーリングカバー

・状態

キャラクターや敵にマウスポインタを乗せると名前の横に状態がでる。
何も表示されない場合はダメージを食らってない状態である。
Healthy very lightの傷がいくつかある程度。
Hurt lightの傷が少し増えてきた状態。
Wounded mediumの傷などダメージを受けている。
Bleeding badの傷などが増えて出血ダメージを受けている状態。
Dying 傷の状態がsevere以上になり死にかけている状態。

常に相手の状態と自分の状態を把握して引く時は引こう!

集中力(Focus)

戦闘中はFocusレベルというものが存在する。
これは高ければ高いほど命中率や回避率が上昇するといったものだ。
AutoFightをONにしていればたまにFocusをしてくれる。

オフの場合はこのウィンドウの目の部分をクリック。

Focusに成功すると以下の文章が出る

1. You balance your feet and your soul.

2. You are now focused on the enemy and its every move.

3. You feel lightning inside, quickening your reflexes.

4. Your consciousness is lifted to a higher level, making you very attentive.

5. You feel supernatural.

6. Invincible!

数字が高いほど効果が現れる。
現在のFightingスキル/5あたりのものが出やすい。
戦っている間に集中力レベルは下がっていくのでこまめにFocusすると○。
(現在のFocusレベルは「/fl」と打ち込むと調べる事ができる。)

姿勢(Stances)

スキルが上がると戦闘中に変えたりできるらしい?

超必殺技(Special moves)

スキルが上がると必殺技が出せるらしい?

スキルが上がっていくと戦闘ウィンドウがこんなんになるらしいヨ。


.
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|