※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

安全管理事項

 毎日気象情報をチャックする。(気温・天気・降水確率)

 河川の付近や山の斜面の調査時は降水による水の増加で起きる災害に注意する。

 遺構面が検出してある場合は、夏場は乾燥、冬場は凍結に注意し、遺構面の破壊を防ぐ。

 現場が広い場合は安全点検をこまめに行う。

 体調管理をきちんと行う。無理はしない。

 危険箇所があれば報告してもらう。

 重機作業は有資格者が行い、合図等を確認しておく。

 産業廃棄物等がある場合はその自治体の条例等に従って適切に処理する。

 現場付近の道路や私有地が汚れた場合はきちんと清掃をする。

 1mを超える段差やトレンチ等には木橋やはしごを設ける

 その他以下画像ファイルを参照してください