※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

六人全員がそろった店内は
まったく知らない者同士なので
何か気まずいムードが漂っていた。

周りがおっさんばかりなので
すこし不安になっていたよいしゃっだが
それほど怖そうな人はいなかった。

黙っていても仕方ないと思ったフックが口を開いた。

「え~と、この6人が西洋何とか会の会員なのですよね?」
「だろうな。」
みんなが招待状を見せ合った。
「とりあえず初対面なんじゃ、自己紹介といこう。」
かもめの提案に賛成した5人は順番に話した。

「私はフックだ。45歳で、見てのとおりこの店でマスターをしている。トランプ専門だ。」
「ワシはかもめじゃ。もう87歳じゃが麻雀だけは得意なままじゃ。」
「サイパンです。15歳です。ダーツ専門です。」
「かたつむりです。今年で77歳になります。チェス専門っす。」
「coxinhaッス!5ツノトキブラジルカラキタ。32ス。ビリヤードヤッテマス。コトヨロ!」
何だこいつ?外人?絡みづら!それに27年も日本にいるのにカタコトかよっ!!
全員そう思っていた。

順々に紹介が終わり残るよいしゃっに目線が集まった。
「あ・・・、えっと。。。」
ぼーっと聞いていたよいしゃっは不意に振られ、慌ててしまった。
「よいしゃっです。あの大学通ってます。一応数学はトップです。」
おぉ~という顔がまばらにあった。
まあ取り合えず、これで集合ってわけだ。

一通り全員の自己紹介が終わり、空気も話しやすくなってきた。
「じゃあつまり・・。」
かもめが口を開いた。
「ワシら6人でこれからこの会をやっていく訳だな?」
「いや、そうでもないぜ。オレはくだらなかったら帰るつもりだし。」
とかたつむり。
「おれも。」
サイパン。
「私もが学校あるし・・・。」

最初の空気に戻ってしまった。
気まずいのでフックが話した。
「どちらにせよ、おれ達はここで何をすればいいんだ?
 集まれとは言われたけど、この会の目的は何なんだろう?」

その意見に全員が賛成した。

たしかに、集まってそれから何をするのだろう。「西洋文化」って言うくらいだから
それが絡んでくるはずだし。そして偶然にも、ここにいる皆は全員が西洋の文化と関わっている人であること。
そして何らかの形で、両親が突然死している。本当に偶然か。裏には絶対何かがある。
「だいたい、西洋文化を研究する会なんておかしくないか?
 そんなもんが存在すること自体、おかしいんじゃねぇの?」
サイパン。
「ワタシ、ブラジルシュッシンデスケド、セイヨウブンカスキデス。」
頼むから、お前は黙っていてくれと思う皆であったがそのとき、
全員のケータイがいっせいに鳴った。

ぷるるるるるるるるる・・・。

急なことなのでびびった。
全員が緊張した気持ちを落ち着かせ
ケータイを取り出した。
画面には非通知のマークがあった。

「もしもし?」

一瞬、間があった。
そして男の声が聞こえた。
「西洋文化研究会会長です。」

全員が、息をのんだ。

present by coxinha