※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

美術館入り口に館長がいました。

  • 入り口付近のたこ焼き屋がマヨネーズをかけて来るんですが -- (ふっく) 2009-03-19 00:37:28
  • ほっとけば帰ると思います。 -- (BP) 2009-03-20 18:31:01
  • やっぱりピカソ的な絵よりも写実的な方がすきです。 -- (よいしゃっ) 2009-03-21 21:39:53
  • 分かりますその気持ち。フェルメールの作品の中で、時々怖いと思う絵があります。それは「笑み」です。モナリザをはじめてみた時のように、何か自分でも分からないような恐怖がありました。 -- (BP) 2009-03-22 14:09:57
  • きっと何に微笑んでいるのかわからないからだ、ということに私の中では落ち着きました。日常でも何に笑っているのかわからない人はちょっと怖いからそれと同じかな、と。 -- (よいしゃっ) 2009-03-22 22:42:41
  • 目の書き方にも関係あるかもです。フェルメールの場合、絵を見つめている時、逆に絵の人物に見つめられているような感じになります。 -- (BP) 2009-03-23 09:56:12
  • やっぱりフェルメール凄いですね。もっと作品数があればよかったのに・・・無念です。 -- (よいしゃっ) 2009-03-28 21:30:12
  • むぅ、たしかに。まぁ数が少ないからより一層有名になったのでしょうし。 -- (BP) 2009-04-01 09:12:07
  • 希少価値も高まりますね。 -- (よいしゃっ) 2009-04-24 22:47:56
  • 小さい作品ばっかで見るのが大変でしたよ。 -- (BP) 2009-05-09 19:42:17
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る