※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

西洋文化研究部教育課程


1西洋文化を学び日常に取り入れ有効活用できるようにする。

普段の生活の中で「お、これ西洋じゃね?」と思うことがあると思います。
それをただそのままにしておくのでなく、

「なぜそう思ったのか」
「なぜそのような結果にいたったのか」
「他にも使えないか」

などというように、ひとつの事柄から樹形図のようにいろいろなことに
関連させていき、今後の生活に役立てるということです。

2数学に対する十分な学力を身に付ける。


この世の中数学の能力が重要視されるようになってきています。
とくに「三平方」などはとっても有名なので確実におさえましょう。
そのためには研究に平行して基礎学力というものも付けておかなくてはなりません。そのためには研究内容にもこのようなものを入れていきます。

3何事も「ボルシャックデダブル」の精神を忘れない。

「ボルシャックデダブル」

かの有名な「ボルシャックおじさん」が残した言葉です。
この会の原点ともなる言葉です。

この会が一番力を入れているものは「トランプ」です。
そしてこれからも研究いくであろうこの分野には
とても難しい構造によってできています。

そのためには、

「うぇ~し」 という一直線な気持ちで行くのではなく、
「うぇ~し」+「リリリリ(ギリギリ)まで頑張る」

という重なった二つの心がけ
つまり
「ダブル」のこころで研究していかなくてはならないのです。

4西洋のルールにのっとって行動する。


そんなの当たり前ですよねぇ~?

5研究を最後まで続け後世に残す。


もちろん研究会なので
築き上げてきた研究結果をしっかりと後世に残せるような教育をしていきます。