※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

研究会の人たちに内緒で、サイパンはひそかに変わろうとしていた。
この東京で、人に優しくして生きていこうと思っていた。

でも、実際にやってみようと思っても、何をしていいか解らない。

困っている老人を助けたり、道に迷ってる人に道を教えてあげたり。
そんなもんでいいのだろうか?もっと漠然と優しく出来ないのだろうか?

い、いやぁ・・・。そんなこと言っちゃいけないな、
小さなことからやらなければ、大きなことはきっと出来ない。

うん、きっとそうだ。まずは小さなことから始めよう!

あ!ほらそこに、困っているおじいさんがいるよ!助けてあげよう!
どうかしましたか?おじいさん!

「おおっ!なんじゃ、サイパン殿じゃないか!」

大失敗☆作戦大失敗だぜ!!

だ、だが・・・こんな簡単に挫けてたまるかっ

「な、何しているんですか?かもめさん、こんなところで・・・?」

「ちょいと道に迷ってしまっての・・・困っとるんじゃ」

なるほど・・・道に迷って困っている老人ね・・・・ビンゴ☆!

「どこに行こうとしていたんですか?」

「洋酒取り扱い店の〔クリスタル〕じゃ、この近くにあるはずなんじゃが・・・」

「ああ、そこなら俺知ってますよ」

というわけで、サイパンを案内役として「クリスタル」にたどり着いたかもめは、
それなりの手続きを済ませて、「日本酒」と書かれたダンボールを抱えてさっさと店を出た。

サイパンも「今日はどうせ暇だしな」と言って、「ビール」と書かれた箱を持ってかもめに同行した。

その帰り道。。

「お前さんには、将来の夢とかないのか?」

「特に無いですかね・・・」

「まぁ、その答えが何よりだな。それは自分の将来を決めつけていない、つまり真剣に
考えてるって事だからな」

「そうですか?普通はこう答えたら「つまらない人間だね」とか言われるのがオチですが」

「そんなこと言う奴はほっとけ」

「はぁ・・・そうですか・・・」

俺はもうちょっと教訓めいたことを期待したんだが・・・。ああ、でもまぁほっとくのが最善か・・・。

「はいっ、そうですね」

さっきは生返事をしたが言い直しておいた。俺の気分的になんとなく。

その後もとりとめのない世間話が続いた。

研究会メンバーの組み合わせで最も年齢差のあるこの二人だが、会話はけっこう弾んでいた。
もちろんサイパンは「俺、人に優しくしようと思ってるんです」なんてことは言わなかったが。

そんなこんなしているうちに、「フルハウス」にたどり着いた。

「結構大変だったな・・・・」

かもめは真夏の日差しを見上げているサイパンに、

「人に優しくしようと思った時点で、お前さんは優しい奴だ」

とだけ言って扉を開けた。

ガチャリ。

「ただいまぁ~」

おかえり~という声が小さく聞こえる。


「はぁ、そうですか。・・・・・・・・・はいっ、そうかもしれないですね」

独り呟き、サイパンは中へと入っていった。