※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「救える力」

~これまでのあらすじ~

数学が得意な大学生、よいしゃっは東京という町が嫌いらしい。というか
この社会そのものが嫌いらしい。理由は簡単、つまらないから。

そんな退屈な日常をただ生きていた彼女の元に、「西洋文化研究会」という謎の
団体からの招待が。なんとなく足を運び、なんとなく溶け込んだその会はなんと、
「この社会を救う救世団体」だったのだ!

研究会員の仕事は、正体不明の会長から下される指令をこなすこと。

そして今回の指令は「紳士的な企業を救うこと」なのだが、果たして彼らは無事任務
を達成することが出来るのか!?



「-で、なにをすれば良いのか」
かたつむりが困ったように言った。

実際、「企業を救う」と言われても、なにをしていいのか全く分からない。
残りの二人もそれは同じだった。

「わからんなぁ、とりあえずここが危機的状況なのはわかるが・・・」
サイパンは辺りを見回した、周りには三人を除いて誰一人いない。

彼らが今いるのは「橋本弁当」という名の小さな弁当屋のレジだ。
何故彼らがこんなところにいるのかというと、ここが会長のいう「紳士的な企業」らしく、
とりあえず来てみて成り行きで働くことになったのだった。

しかし昼間の12時だというのにも関わらず、客一人やってこない。何故だ?

「売ってるものは普通の弁当だよな~」
フックが弁当を開く。なかなか旨そうである。腹減った。

「なんで売れねぇんだよう!?」

「お前が考えろ!」

「さっぱりだ!」

「きっぱりだな!」

フックが外に出て店を眺めてみる。

「そんな別に問題なんて・・・」

外装は少し古くなってるような気もするが、別にそこまでというほどでもない。
目立つ位置にある宣伝用の看板にも「弁当一つ2000円!」としっかり書かれている。

問題発見。

「弁当一つ2000円!?高ぇ!!」

「どうした!?」
サイパンとかたつむりが駆けつけた。

「これは・・・明らかに弁当の値段では無い・・・!?」
そうだ、では一体アレはなんなのだろうか?

三人は店内にたたずむ山積みの弁当に恐怖を覚える。

      • とそこに、店の周辺を掃除していた橋本店長が現れた、三人はすかさず聞く。

「店長!!」

「はい!?」

「あの弁当の正体は一体!?」
三人が店内の弁当を指差す、十分な距離。爆発してもここなら平気だ。

「あれは、ヘチマをふんだんに使った、ヘチマ弁当です」

ヘチマ!?

それは爆発するのだろうか?

いや待て、2000円のヘチマだ、爆発くらいするのだろう。

「なんでそんなものを!!」
危険じゃないか、と三人が口を揃える。

「だって、ヘチマが好きなんだもん!」

「ですよね!でなけりゃ爆発するヘチマ弁当なんて作りませんよね!」
社長がヘチマ好きで、三人は安堵した。

「え?ヘチマが爆発する訳ないじゃないですか、だってヘチマなんですから!」

なん・・・だって・・・!?

「爆発しない普通のヘチマ!?それじゃあの弁当は何故2000円もするんですか!?」

「それは・・・あのヘチマ、高級品なんですよ」

なるほどなるほど、それなら2000円でも納得出来るわけねぇだろ。

「ちがぁぁぁう!絶対違う!!」

「お前は弁当を舐めてるのか!?」

「ふざけるのもいい加減にしろよ?」

三人は切れた。バイトが店長に切れていいものなのかと社会常識が聞いてくるが、ツッコミだからとそれっぽい返答をしておけば問題無い。

      • こうして弁当は一つ400円の「旬の具材たっぷり弁当」へと変更となった。
これだけではいけないと種類も増やす予定もあるそうだが、とりあえず今はお客が入るようになったことを喜ぼう。

それから店長がヘチマ店長と呼ばれるようになったとか、三人の中に弁当に対する情熱が生まれたとか、いろいろ後日談はあるが、書くのが面倒なので割愛させてもらうことに。

三人の力で、橋本弁当は倒産寸前から復興した。だが出る杭は打たれるとはよく言ったもので、周辺地域の弁当屋にマークされるようになった。

その結果、橋本弁当は地域最強の弁当屋を決める過酷な戦争、「弁当屋サバイバル」に巻き込まれることになるのだが、三人はそんなこと知る由も無かった・・・。


writer:フック