※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 こんにちは。お久しぶりです。
大学の合否が決まっていないと予想以上にやることが無いので、どうしようと思ってたんですが、ちょうどいい所に暇つぶしがあったからなんか書こうと思います。
やっぱ敬語止めるわ。

 さて、まず題名の理由について書く。
この言葉は科学者のパスカルが言った有名な言葉である(確かパスカルが考えたんじゃなくて知らん人の手稿から勝手にとったみたい)。大樹と葦を比べて、大樹は強いけどそれ以上に強い風が来たら根本から折れてしまう。葦は自分の力を知っていて、自分より強い風にはしなやかに対応する。みたいなことが含まれているって聞いたことがある。自信はない。
 この言葉を題名にした理由は、単に時事ネタだから、旬だからである。人間は嫌でも一生勉強と付き合うことになるから、どうせなら良い大学行きたいじゃんっていう浪人生の気持ちを上手く表現したつもりである。最後に(迫真)と付け加えたのは、浪人生は相当厳しいと浪人した先輩に聞いたからである。「浪人生相手かよ~敵わね~」「センターは二回目だから大丈夫だよね~」……そんなもの幻だ。虚言だ。と一浪で大阪大学に落ちた先輩は言っていた。私が卒業した高校は約50%が進学する。1%くらいが家庭の事情などの理由で働き、残りが予備校に進学するので、そういった話は良く聞く。怖ぇよ。一浪で慶應義塾に行った教師は10kg痩せたと言っていた。
 とりあえず題名についてはこんなもんで。何について書こうかな。

 思いつかないからとりあえずまだ終わってないけど今やってる深夜アニメについて。(順番は適当)
偉そうに言ってるけど、そこは勘弁。叩かないでね!ネタバレ含む

  • ギルティクラウン
 どうだろ。一言で言うと、一貫性が無い(キリッ)。放送前の期待度からの落ち具合が半端ない。リーダー格死亡→ネジはずれて生き返り→俺「はいはい」って感じだけど、最新話見る限りだと、ネジはずれてる訳ではなさそうだからまだ判断できない。
 集「僕はこんな力欲しくなかったんだ」っていうの聞いた時とか祭が死んだ回はアンチヒーローモノやりたいんだなぁって思った。王道だし無難に行くかと思ったけど微妙ですね。
 いのり「私を使って」とかは、ギルティクラウンを象徴する言葉かと思ったが、ヴォイドを取り出しても意識が継続する追加設定でなんかもうぐちゃぐちゃ。
 友達使って戦うとか設定は面白い。ツグミの動きも可愛いし、戦闘シーンも良い。大雲が死ぬシーンも王道過ぎて泣いたけど、やっぱりなぁ。
 まだ最後までわからんけどね。

  • 偽物語
 やっぱり化物語シリーズは原作読者が楽しむアニメだと思った。俺は化物語だけ読んだけど、二回目に見たアニメ化物語の矢継ぎ早に送る文字がすんなり入ってきて面白かった。偽物語は原作読んでないから、なんとも言えない。面白いのか面白くないのかわからない。誰でも楽しめるのは撫子回と歯磨き回と白金ディスコくらいかと。
 ステマ騒動もあったしBDの売上はどうなるのか期待。

  • パパのいうことを聞きなさい
 安定のfeel.。なんか展開とか絵がやっぱりまよチキ!っぽくなるね。別にいいけど。ギルティクラウンより面白い気がする。というのも、内容が結構薄くて、なんも考えずに見れて、キャラクターが可愛いからである。典型的な萌豚枠でござる。
 上坂すみれの強烈なキャラクターによって売上を伸ばすやもしれぬ。

  • あの夏で待っている
 あの花かと思った。監督が一緒で雰囲気がもろそれで、あの花よりあの夏の方が俺は見れない。というのは、もうね、会話がリア充過ぎてつらい。最新話とかもう死ぬかと思ったわ。リア充が好きそうな内容を除けば、制限時間のある夏休みを舞台にすることで設定がわかりやすくて結構良いと思った。軽井沢を舞台にするとかも、今の聖地巡礼の流行に乗っていて、経済効果あるかも。むむむ。しかし、あんなに関係をこじらせる必要あったんかね。そんな俺は柑菜好き。石原夏織はNo。

  • ブラック★ロックシューター
 5話で切ったからあまり言えないけど、言う。意味がわからないです。
アニメの説明がもうだめ感をぷんぷん漂わせてる。ニコ厨と人気若手声優信者が騒いでるアニメだ。ブラックロックシューターの絵は完全に黒ミクだし、OPもまたsupercellねはいはいみたいに、ストリングスとピアノを適当に入れていい曲っぽくしてるようなはったり曲。イラスト一枚でアニメを作ろうとする事自体信じられないから、そこはすごいよね。

  • モーレツ海賊
 これはちょっとやばいね。俺は全然駄目だわ。まずOPEDが受け付けない。録画してからOPED飛ばして見るレベル。評価できるのはナレーションが小山力也という点くらいかな。ヨット部員達で危機を回避するとか、そういう路線で続けると思ったら、最初っから完成されてる弁天丸クルーに任せっきり路線だった。宇宙でのCGは美麗だけど、それはアニメの評価に繋がるか微妙だし、場面転換が早すぎるせいか、宇宙と住んでいる惑星との境界が曖昧すぎるので俺の感情が追いつかない。私掠船免状とかも…面倒だからこの辺で。

 読み返すと偉そうだな俺。まあ暇つぶしの戯言であるから気にしないでください。
他に書くことありそうだけどもういいや。またなんかあったらここを使わせて貰う。

 ブログタイトルの件だが、私は何でも良い…ってか今思いつかんからまた今度ね。
ではまた

文責/かもめ