※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第6話「時空の叫びC」
トゲトゲ山
マリルはかなり険しいところに着いてきたのである
「ここがトゲトゲ山よ」
「トゲトゲ山・・・・・すごいところだ・・・・・」
その山はナエトルとゴウキにも驚くほどであった
そしてナエトルは決心した
「いいとも。ゴウキがいればなんでもいけるさ」
ゴウキは
「あはは・・・ナエトル・・・・僕を頼る気?」
ナエトルは「そうとも・・・・」と言ってゴウキは呆れた
マリルは
「早くルリリをたすけてください」
ナエトルとゴウキは了承した
「わかりました」
そして  ポケダンズはトゲトゲ山をいくのであった


移動中、ナエトルは移動していても怒りをあらわになりながら進んでいた
「スリープめーかわいいルリリちゃんを何しているんだ」
ゴウキはこう思った
「(ナエトルは今怒りをあらわにしている。どうすればいいのだが)」
「変なことがあったら絶対倒してやる」
「(もう知らない・・・・・・・・)」


そして、最上階までついたのである
そこにスリープとルリリがいるのである
「ルリリ、ひとつ頼みたいことがある」
「なんでしょうか。つか、りんごは?」
「りんごはあとでみつけるよ。そこの穴をみるのだ」
そこに小さい穴があった
「その穴をどうする気?」
「キミが入るのだ」
ルリリはビックリした
「入るの!!何故!!」
「キミの体は小さいから入るの簡単だからだ」
「入る理由を聞きたい」
「それは、この穴を抜けるとすごいお宝があるんだ。だからはいるんだ」
ルリリは断った
「いやよ!!宝のために入るのは!りんごは?」
「りんごりんごってウザいな。早くやらないとおしよきするよ」
「た・・・・・・助けて!!」
するとポケダンズがやってきてナエトルは言った
「おい!スリープ!よくも僕達をだましたな?」
スリープは言った
「ばれましたか・・・・まさか指名手配のやつがきたのか」
ナエトルは怒鳴った
「そうさ。おかげで今の機嫌が最悪だー 絶対倒す」
ゴウキはしゃべる言葉も無かったのである
「(もう・・・・ナエトルは止められない。戦うしかないな)」
「いくぞ!ナエトル!」
「やる気満々で行くぜ!」
スリープもやる気満々であった
「まあいいぜ~とことんあそんでやるぜ」
そしてポケダンズとスリープの戦いが始まった

その数分後、ゴウキは倒れ、ナエトルは頑張っていた
「体当たりだー」
「無駄よ」
ドシーン
「うわ!」
ゴウキは
「(ナエトルが危ない・・・・どうすれば・・・・・)」
するとルリリの声が
「ゴウキーあきらめないでー」
するとルリリの声を答えてゴウキは異常行動が起こった
「(ルリリ・・・・・)」
「ボーチャー」
すると大きな水砲はスリープにあたったのである
「うわああああ」
そしてスリープは倒れたのである
「ゴ・・・・ゴウキ・・」
ゴウキは気がついたのである
「ナ・・・・ナエトル!あれ?スリープが倒れている」
「ゴウキーお前が倒したんじゃないか」
「そ・・・そうか?」
するとジバコイルがやってきた
「指名手配者発見!取り押さえろ」
するとコイルがやってきてスリープを動かなくなった
「ポケダンズだって。ご協力感謝する」
そして、ギルドに戻ったのである
そして、ジバコイルから報酬をもらったのである
「これが報酬です」
3000円をもらった
しかし、3000円をへラップを没収されて300円になった
そしてビックリした
「これがギルドのルールだ!我慢しておけよ」
ナエトルは
「は・・・・・はい・・・・」
そして、今日の仕事は終わったのである

第7話「見張り番」

翌朝・・・・・
「こらあああ起きろーーーーー」
ドゴームの叫び声からはじまった
ナエトルは
「おはよう・・・・・・ゴウキ・・・・・」
「おはよ・・・・う・・・・」
そして、中央で朝礼をしてそれぞれの仕事に取り掛かった
するとドゴームからポケダンズへこういったのである
「お前ら!コッチに来い」
ポケダンズはドゴームがいるところに行った
そしてその場所についたのである
するとディグダはこういったのである
「すみません・・・・お父さんからの呼び出しで今日は見張りできないんだ」
「ということなのでお前達が今日は見張り番をさせる」
するとナエトルは
「ちょっとまって!どうすればいいのか分からない僕達になにを」
ドゴームはあるものをだした
「この本を先に渡す」
ポケモン全集の本をゴウキに渡した
その本の重さは異常であった
「お・・・・・も・・・・い・・・・」
「当たり前だ!この中に詳しい情報があるからな。しかし、調べるの時間かかる
でも見てから答えるまでの時間は30秒だ」
ポケダンズはビックリした
「30秒!!!」
「当たり前だ。時間かかると大変なことになるからな」
ゴウキは
「別にいいよ。頼まれたものは絶対やり遂げなければな」
ナエトルも
「そうだな。やってみるか」
そして、ポケダンズは見張り番をやることになった


そのころ人間界では
とある病院の病室でゴウキは寝ていた
その横に善樹がいたのである
善樹はこう独り言を言ったのである
「俺はお前を見て思ったんだ・・・・まともに勉強して高校へ進学しようとかんがえたんだ」
すると、ゴウキは泣き声で言った
「でも今は・・・・・お前が寝ている間俺はまともに勉強しているけど大半は剛毅の病室
そう、剛毅が起きるの待つだけ・・・・う・・・・・」
善樹は泣いたのである
「この状態じゃ・・・・力自慢できないや・・・・」


そのころ、ポケモン界は結果発表していた
ぺラップが仕切っていた
「結果は・・・・・・」
ポケダンズとドゴームは静まりかえった
そして・・・・・
「合格だ!!しかも全問正解だ!!!」
ポケダンズとドゴームは喜んだ
「やったーーー」
ドゴームは
「さすが弟子ポケダンズ。やれるものだねー」
ぺラップは
「これからも頑張ってくれよー」
ポケダンズは
「はい」
そのよる・・・・・
ナエトルは
「初めての見張り番だったね」
「うん・・・・・」
「明日も頑張ろう」
ナエトルとゴウキは寝たのであった

第8話「初めての探検」

翌朝
「ごらああ起きろーーーー」
いつものようにポケダンズはドゴームによってたたき起こされたのである
「おはよう・・・・ゴウキ・・・・」
「おはよう・・・・」
いつものように朝礼をして、いつものように仕事をかかったのである
するとぺラップからこういう依頼を出したのである
「君達!新しい指令だ」
ナエトルは
「何でしょうか」
「頼みたいことがあってな、滝つぼの洞窟で宝石について調べてほしいんだ」
するとナエトルはうるうると鳴いた
「う~ついに・・・・ついに来たーーーこれって探検だよね」
「そうだけど」
「うはーーー早速いこうぜ!ゴウキ!」
「え・・・・うわあああああ」
ナエトルは急遽ゴウキをつれて滝つぼの洞窟へ向かおうとするが
「ナエトル!滝つぼの洞窟の場所知っているのか?」
「地図を見れば分かるさ!!」
そして、ナエトルは走って滝つぼの洞窟へ向かった


1時間後・・・・



「ここが・・・・滝つぼの洞窟か・・・・・」
ゴウキは
「そうみたいね・・・滝だし」
ナエトルは
「・・・・滝だし・・・どうやって・・・・・」
ナエトルは滝を近づいてきた
すると跳ね返った
「うわ!」
「ナエトル!大丈夫か」
ナエトルは立ち直った
「大丈夫だ。ゴウキも滝を近づいてみてよ」
「うん・・・・」
ゴウキは滝を近づいてみた。すると、跳ね返されたのである
「うわ!」
「大丈夫か」
「大丈夫だ」
するとまたゴウキの目の前が見えなくなった
「(まただ・・・・スリープのときと同じことが・・・)」
すると見えたものはひょうたんみたいなポケモンが滝の中に入った
映像が見えた
そして、見えなくなった
「(これは・・・・・・)」
ナエトルは伺った
「ゴウキ、どうした」
「ごめん。また夢見てしまったようだ」
「その夢って」
ゴウキはさっき見えたことを話した
ナエトルばビックリした
「えー!前と同じやり方で見ると滝に入れるだってー」
「そうなんだ・・・・分からないけど」
「うむ・・・・・」
ナエトルは決心した
「いってみるか。ゴウキもいるしね」
「(何故僕も)」
「それじゃ、飛び込んでみるか!」
ナエトルとゴウキは滝へ飛び込んだら入ったのである
そして、コロコロと転がって着いたのである
「入れた・・・・・・」
「(やっぱりアレの言うとおりだったようだ)」
ポケダンズはおくまで探検したのである 


そして、30分後
「これがぺラップから言われた宝石か・・・」
ナエトルは宝石を取ってみたが
しかし、取れない。もとに埋め込めていたのである
「とれない・・・・・。ゴウキ、埋め込めている宝石を取ってみてよ」
「いいよ・・・・・」
ゴウキも宝石を取ってみたが、取れない
「(取れないな・・・・う・・・・まただ・・・)」
ゴウキはあるものをみたのである
姿は入ったときのものと同じで宝石を押すと何か流れたのである
そして、消えたのである
「(これは・・・・・)」
ナエトルは伺ったのである
「ゴウキ?どうしたの?」
「ナエトル・・・・ここで待ってろよ」
ゴウキは宝石を押した
するとゆれたのである
「あれれ~」
そして、大きな水がでてきたのである
「うわああああああ」


そして、気がつくと温泉にいたのである
「ここは・・・・」
するとコータスは伺ったのである
「気がついたな。上空から落ちてきたので・・・・」
ゴウキは
「そうですか・・・・・・」
「まあまあゆっくりしなさい」
「分かりました」
ポケダンズは温泉でゆっくりをしたのである 

ギルドに戻って報告したのである
ぺラップは
「そうか・・・特に無いのか・・・・・」
ゴウキはこう思った
「(あの影は・・・・まさかギルドの親方のプクリンじゃないか)」
「ぺラップ、ちょっと親方にあわしてもいいですか」
「いいですよ」
親方部屋へ入ってプクリンをあったのである
「や 探検について疑問あるかい?」
「親方って過去に滝つぼの洞窟へ入ったことありますか?」
するとナエトルとぺラップはビックリしたのである
「何故親方様のことを」
「なんとなく・・・・・・」
プクリンはにこっとしたのである
「そうとも。僕は過去に滝つぼの洞窟に行ったことあるよ」
「何故、親方と同じ場所を」
「それは試練だから」
ポケダンズは「そうなのか」とおもった
ゴウキは
「そうですか・・・・・」 

その夜ナエトルはこういった
「今日、初めての探検は楽しかったよ」
「僕も。前から気になったけど・・・・寝ている間、何か見えるんだ」
「どんなものなんだ?」
ゴウキは
「歯車のようなものがたまに見えるんだ」
「その歯車は時の歯車か?」
「時の歯車?なんだそれ・・・・・」
ナエトルは説明した
「時の歯車とは世界を動かすものでそれを奪うと大変なことになるんだ」
「それを奪うと何が起こるのですか」
「それをとると・・・・1部の場所に時間が止まるの」
「そうなのか・・・・・今日は寝よう」
「うん・・・・・」
その頃、とある森で何者かが着ていた
「初めてみるぞ・・・・・これが俺を求めた時の歯車!」
謎のポケモンが時の歯車を取ると時間が止まってきたのである
「すぐ避難しなければ」
森全体が時間が止まったのである
その時の歯車を取ったのは・・・・・ジュプトルであった
「早く出て来い!ゴウキ・・・・」
そのジュプトルの企みとは

第9話「ドクローズ」

翌朝
「ごらああああ起きろーーーーー」
ドゴームの起床によって1日が始まった
ナエトルは
「おはよう・・・・・・ゴウキ・・・・・・」
「おはよう・・・・」
いつものように朝礼をして各地の作業に入った
するとぺラップはポケダンズに案内をした
「ポケダンズ、親方様の連絡だ!親方室へ」
ポケダンズは親方室へ入った
するとプクリンは振り向いて連絡した
「やあ!君達にいいお知らせがあるよ」
ナエトルは喜んだ
「え!何々?」
「それは普通では数ヶ月は必要だが君達はよくやっているから特別に遠征を許可するよ」
ナエトルは疑問に思った 
「遠征って何」
「遠征とは探検隊にとってはかなりの試練で、皆にとっては待ちに待った探検なの」
ナエトルは目を光った
「えーーーーその中に僕達がえばられたと」
「そういうこと。でも普通通りでやらないといけないかも」
「えー!それじゃ今すぐ普通に働こう!ゴウキ」
「うん・・・・・」
ポケダンズは普通通りに仕事を取り掛かった
すると掲示板にズバットとドガースの姿が
ナエトルは怒りをあらわにした
「おい!何故お前がいる!」
ズバットは普通通りの顔でこういった
「何だよ。俺達は探検隊だぜ」
「探検隊!何故僕の大切なものを取ろうとした」
ドガースは
「それは金になるからだ」
「金?」
「そうさ。俺達の目的は金稼ぎ。ナエトル、俺らについて来い」
「え!えーーーー」
「?」
ドクローズとナエトルはゴウキとちょっと離れたところで何か話したようだ
ドガースは
「ナエトル、今すぐ探検隊を辞めろ」
「何故やめる必要がある」
ズバットは
「だってナエトルは弱虫だろうし、あのゴウキというポッチャマもお前を巻き込むかも知れないしな」
ナエトルは厳しく拒否した
「嫌だね!ゴウキがいるから今僕がいるんだ」
「やめなければ絶望に満ちるぜ」
ナエトルは目つきが変わった
「絶対断る!どんな試練だって乗り越える!」
ズバット
「知らないからな。」
話が終わってゴウキは
「ナエトル、何の話をしてた?」
「なんでもない。でも・・・・・あいつらむかつく」
するとドガースは自慢のように言った
「まあ勝てたのはボスがいるからだ」
「ボスって」
「ボスはなお前達えおひれ伏せる力を持っている。お前らなどひねり潰せるんだ。おっと!ボスが帰ってくるぞ」
するとあまりにも臭いポケモンがやってきてゴウキに攻撃した
「ゴウキ!何なんだ?あいつ・・・・」
ズバットは
「はははははは。これこそが我ボス、スカタンク様だ!!」
「こんにちは。お前達がポケダンズかね。」
ナエトルは怒りをあらわになった
「こいつがスカタンク・・・・・・」
「子分よ、依頼の内容は」
「それがさー金になる依頼がないぜ」
「そうか、まあいい」
ナエトルは
「ゴウキ!しっかりして!」
「うううう・・・・・大丈夫だ・・・・ナエトル・・・・」
「良かったー。」
「スカタンク・・・・・・・」
ドクローズとは一体。果たしてポケダンズの運命は

第10話 「セカイイチ収穫と信頼を失った思い」
「ごらあああああ起きろーーーーーーー」
ドゴームの叫び声から始まった
「おはよう・・・・ゴウキ・・・・」
「おはよう・・・・・今日からドクローズがいるから警戒しよう」
「うん・・・」
そして朝礼して各仕事に取り掛かった
するとぺラップはポケダンズに依頼を出した
「ポケダンズ、1つ頼みたいことがある。」
ぺラップはある依頼を出してきた
「親方様が大好物であるセカイイチをリンゴの森で収穫する依頼だ」
「セカイイチって・・・」
「セカイイチとは最も旨くって親方様にとっては唯一の食料だ」
「そうなんだー」
「そういうこと。というわけで夕方までセカイイチを収穫せよ」
ポケダンズはリンゴの森へ向かった
するとドクローズはこういうことをヒソヒソと行った
「ボス、ポケダンズはリンゴの森へ行くぜ。どうします」
スカタンクはこういう企みを立てた
「それじゃ嫌がらせに行こうか」


ポケダンズはようやくリンゴの森の奥地へついた
ナエトルの目は輝いた
「ここがセカイイチの木か・・・でも実がない・・・」
するとセカイイチの実が落ちてきた
ゴウキがセカイイチをとると
「う・・・・またあの時の・・・・」
すると見えたものは
なんと・・・ドクローズがセカイイチの木に入った瞬間が見えた
そして見えなくなるとゴウキは大声で言った

「ドクローズ!お前達そこにいるだろう。出て来い!」
するとドクローズが降りてきた
「俺達がそこにいるってことを見抜くとはね・・・」
「当たり前だ。こういうことをするのはドクローズしかないと思ってね」
「ふーん。見つけたからこれ上げるよ」
スカタンクは木を揺らしてセカイイチを落とした
「見抜けたお礼だ。セカイイチを好きなだけ上げるよ」
するとナエトルは動いた

「それじゃ遠慮なく」
ゴウキはナエトルを止めた
「待て!ナエトル。おかしいぞ…。絶対こういうことをしないはずだ」
「確かに…」
「僕達は取らないぞ。怪しいからな」
ドクローズは怒ってこういった
「そうか…したかたない。ドガース」
「あいよ」
「いくぜ!スーパー最強奥義 デカオナラバースト」
スカタンクとドガースのコンボでポケダンズは飛んでいった
「うわああああああああ」

ゴウキは目を覚ました
するとその前にズバットが
「う…。あ!ボスーーーーーー」
ズバットは走り去った
ナエトルは気がついた
「う…。ゴウキ?」
「ナエトル!気がついたのか?」
「大丈夫だ…でも…」
ポケダンズはセカイイチの木を見ると
もう実は無かったのであった
「ゴウキ…どうしよう…」
「くそーーーーー」

ポケダンズはギルドに戻って報告した
するとぺラップは驚く
「何だって!セカイイチが収穫できなかったと?」
「そうです…ドクローズによ」
「お前ら…人のせいにしますか?」
ナエトルはあせった
「僕達の目で見ましたよ。ドクローズがとったとこ」
ゴウキは口を伏せた
「もういいナエトル…収穫できなかったことを反省しています」
「失敗して人のせいにするなんて…。ポケダンズ、今晩は飯抜き」
ポケダンズはビックリして声出せないほどだった
「う…」

その夜…親方部屋で
「やあ」
ぺラップは汗をかぎながらも報告した
「親方様…報告が…」
「報告?そういえばセカイイチは?」
「そのセカイイチは収穫できませんでした」
「え?」
プクリンは固まった
「本当に申し訳ございません」
「う…」
するとギルドがゆれてきた
「うえええええええん」
「ゴウキ…どうしよう…」
するとドクローズがやってきた
「親方様、セカイイチです」
スカタンクはセカイイチを渡した
「有難う…」
「どういたしまして。それじゃ」
ドクローズは去っていった
「ポケダンズ、今日は寝なさい」
「はい…」
翌日、いつものように朝礼して仕事を取り掛かった
するとぺラップがポケダンズに呼んだ
「ポケダンズ」
「はい」

「ポケダンズ、今回の遠征は諦めたほうがいい」
ポケダンズはビックリした
最もナエトルはビックリした
「えええ?」
「これだけだ。仕事に取り掛かりな」
「はい」
するとキマワリの声が
「ポケダンズ、こっちに来なさい」
ポケダンズはキマワリについていった
するとギルドの仲間達がいた
「ポケダンズ、君たちが依頼に失敗したことは分かっているの。だから」
仲間はリンゴを差し出した
「これは…」
ビッパは笑いながらこういった
「これは昨晩飯のときにリンゴだけ残していて明日まで保管していたでゲス」
ナエトルとゴウキは泣いた
「有難う…」
ナエトルとゴウキはリンゴを食べた
そしてキマワリはにこっと笑った
「遠征の希望を捨てないで。だから普通に働いて」
「わかった」
ポケダンズはいつものように依頼をこなしていたようだ
そして翌日…