※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第24話「ヒカリとの再タックバトル」



ショウタはクロガネシティを後にしてそしてクロガネゲートを越して、
コトブキシティについてそして北へ向かっていた
「ようし、次はソノオタウンへ行くぞーってあれ、ナナカマド博士とヒカリじゃないかどうしたんだってあれは」
その前はギンガ団のしたっぱであった
「うひひひひ博士よー図鑑をくれないか。今大切な仕事があって必要なんだ」
「それは無理だなー絶対悪用して使うよだから絶対渡さん」
「それじゃ強制でも渡すぞ地球の名誉のために」
その裏にもうひとつの声が乱入された。その人はショウタであった
「ムクバード、ギンガ団のしたっぱに電光石火」
「承知!ムックー」
ドシン
「おわあああ。な・・・何なんだ?」
「あっショウタ!」
「おっショウタじゃないか」
「久しぶりだなーいったいどうしたんだ」
ナナカマドはこう言った
「急にギンガ団がやってきて要求してきたんです。」
「要求じゃないわ、。ただ頼みたいことがあっただけだ」
ショウタとヒカリとナナカマド博士はこう思った
「(要求じゃないか。この態度は・・・・・)」
「まあいい強制でも奪ってやる」
「しょうがないな~。ヒカリ」
「何でしょうか」
「またタックバトルしよう。相手は2人だし」
「分かった」
「ほう作戦タイムは終わったか」
「今からひれつぶすだけだ」
「こいよ。どんな相手でも倒してやる」
「そうか。それじゃいけーケムッソ」
「俺もだ。いけーズバット」
「けむー」
「ズバズバ」
「ほーお前達が出したポケモンなのか・・・」
「そのとおりだお前も早くだせよ」
「分かった。ヒカリ、」
「うん」
「いけーユンゲラー」
「ユンゲラー」
「いくのよモウカザル」
「ヒヒー」
「すごいポケモン出してきましたねそれじゃさきにってうわあああケムッソーーー」
「なに!ズバットがあああ」
「君達遅いよ先にユンゲラーはズバットにサイケ光線、モウカザルはケムッソに火炎車をつかったからだ。全部一発で終わったけど」
「くっそー覚えてろーー」
そしてギンガ団のしたっぱが去ったのであった
「助かったよ有難う」
「どういたしまして」
「これから北へ向かうとソノオタウンだってことは分かりますよね」
「はい。有難うございます」
「それじゃヒカリも旅の続きを」
「分かりました」
「それじゃ図鑑完成をめざして続いてくれ」
そしてショウタとヒカリはまた別のところへ分かれたのであった



次回へ続く



第25話「初めての自分だけのタックバトル」



ショウタは草むらを越えて、洞窟を越えて、今洞窟の上の出口に出たところである
「うわあああ。すごいなーコトブキシティの上空が見えるよ。しかも花がきれいだなー」
すると小さい子供2人が何か言ったそうです
「すいません。あなたはポケモントレーナーですか」
「ああポケモントレーナーですとも。何か用件でも」
小さい子供の1人はこういった
「一回タックバトルしませんか」
「タックバトル?僕一人だけですけど」
「あなたが一人でもいけますよ」
「どうやって」
「簡単なことです。あなたが2匹出せばいいことです」
「そういうことか。分かりました。それではタックバトルしよう」
「ポケモンはタックバトル、交代は認めるわ。お互いどちらかポケモンが無くなった場合負けってことで」
「OK!それじゃ行くぞ!いけー、ポッタイシ、ムクホーク」
「ポッター」「ムックー」
するとスパークのような電撃がでて、そして直撃したのである
「うわあああ」「ぎゃあああ」
「ポッタイシ!ムクホーク!」
ドサ
「ポッタイシ、ムクホークもどれ!君達何やったんだ?」
「もちろん攻撃しましたよ」
「どのポケモンで!」
「パチリスで」
「パチリスだって」
すると小さい子供2人ともいいました
「あたし達は姉妹なの。だからあたし2人ともパチリスを持っているの」
「パチリス・・・・」
ショウタは図鑑を開いた
「パチリス、電気リスポケモン、静電気が溜まって、パチパチする毛玉を大好物の木の実と一緒に幹の穴に隠す」
「ほう。分かった」
「分かったなら早く次のポケモン出しなさい。まさか無いのでは?」
「無いことは無い。もう2匹いるから」
「じゃ見せなさいよ」
「分かった。いけー、ライガー、ユンゲラー」
「タツー」「ユンゲラー」
「へえ~すごいポケモンもっているんだー」
「すごいのは見た目だけじゃないぜ。ライガー、火の粉。ユンゲラー、サイケ光線」
「そのとおりにはさせないわ。パチリス、スパーク」
「そのとおりよ。パチリス、スパーク」
「パチイイイ」
「無駄だ」
するとライガーとユンゲラーの姿が消えた
「どこいったの」
「そうよ。どこいったの」
「パチリスの足元、もう一匹のパチリスの状態を見てくれないか」
「ん?、あーーーー」
右のパチリスは足元に炎まりれでバタバタとあわてていて、 左のパチリスはクルクルと混乱した
「いつの間に」
「君達も隙をみせすぎですよ・・・・だからこんなことになるってこと」
「そういうことね。というよりあの2匹はどうしたの」
「呼ばせたい?」
「呼ばせたいよもちろん」
「分かった。出て来い、ライガー、ユンゲラー」
すると影からライガーとユンゲラーがやってきたのである
「希望通り出てきたぞ」
「え・・・・・どうやって影ができるの」
「もちろん。テレポートを使っているからだ」
「どうやってテレポート使ったの?」
「攻撃する直前にテレポートをつかって。そして攻撃して。またテレポートで今をいたる」
「すごい・・・・あたしの負けたわ」
「よっしゃーチームワークの勝利だーー」
「これからもこのチームワークの力を忘れないでね」
「わかった。それじゃーまたねー」
ショウタは自分だけのタックバトルを覚えて、そしてソノオタウンへ向かったのであった



次回へ続く

第26話「ソノオタウン」



ショウタはついにソノオタウンについたのである
「おーここがソノオタウンか~すごいな~」
すると少女がやってきてこういった
「あら、あなたは見かけない顔ね~名前なんていうの?」
「ショウタと申します」
「ショウタ君ね。先に私がいい場所を招待するよ」
するとフラワーショップへ来たのである
「ここがフラワーショップですよ」
「おーこれは何なんだ?」
「木の実です。これは回復したりいろんなことができるものです」
「へえ~」
「まだ木の実は熟成されていませんが熟成されるとおいしい木の実になります」
「すごいな~」
「あなたも水やりしませんか?」
「水やりって如雨露もっていませんが」
「如雨露ならフラワーショップでもらえます」
「分かりました。それじゃまた後で」
すると少女はポケギアをだしてこういうこと言っていた
「グリード様、ショウタはソノオタウンに着きました」
それはグリードであった。グリードはこういった
「そうか・・・ならしばらく様子を見てくれ・・・あとで戦闘行って倒すがいい」
「分かりました」
そしてポケギアの通信は切った。そしてショウタがもどってきたのである
「よっしゃーやっぱりあの人のおかげだな」
「私はあの人じゃないわ、私の名前はジュリーよ」
「ジュリーさんですか~有難うございます」
「いいですとも」
「というよりもう日がくれたな~今日はここで休むか」
「そうか。ゆっくり休んでね」
「分かりました」
その深夜、ポケモンセンターの後ろの窓の前でジュリーがたってみていた
そしてポケギアをだして報告しだした
「グリード様、今ショウタは睡眠中です。どうしますか」
グリードはこう言った
「朝ごろ、ショウタはソノオタウンを出る、その時にしとめてくれ」
「分かりました」
そしてポケギアを切ってそしてグリードはこういった
「ショウタ、ジオンよ・・・このソノオタウンがお前の墓場となる」
そして翌日朝、グリードの予想通りショウタはソノオタウンを出ようとした
「昨日は有難うございます。それではこれにて」
するとジュリーはこういう行動をしたのである
「まって」
するとショウタはビックリするように止まった
「何?」
するとドガースを出してきてショウタの前に近づけたのである
「え!」
「ドガース、自爆よ」
「ドガース!まさか」
そして爆発したのである。しかし
「ほーほっほっほっほついに倒したわ。ショウタを、って何!」
すると戻ってきたのである
「何故・・・・倒したはずなのに・・・・」
「常識なことだ。ユンゲラーのテレポートで一瞬消えただけだ。お前はギンガ団だな」
「しょうがないな~それじゃもう一匹、いけードガース」
「ドガー。ド?」
「どうしたの?ドガース」
ドス
「ドガース!あなた何をしましたの」
するとライガーの姿が出てきた
「まさか・・・・」
「隙を見せすぎなんだよ。ドガースが出した瞬間ずつき攻撃したんだよ」
「むむむむ~覚えてよ~」
そしてジュリーはさっていったのであった
「よかったああ。それじゃ次の場所へ行こう」
しかしショウタには知らなかった。次の場所はいけないと
そしてたにま発電所付近へきたが・・・・・
「そ・・・・そんな~ギンガ団のやつら塞ぎやがったな」
そうギンガ団のしたっぱが道を塞いであったのであった
これからどうするか迷うショウタであった



次回へ続く



第27話「たにま発電所1」



前回と同じところにいたる
「そ・・・・そんな~」
ショウタは次を進めようと思ったがギンガ団の待ち伏せでとまっていた
「くっ強制的に・・・・」
強引に進めようとしたが・・・・
「おい!ここからは俺達の領域だ」
ショウタガッカリした
「しかし先へ進みたいですよ~」
しかしギンガ団のしたっぱは偉そうに言った
「むりだよーーここはおこちゃまにはいけないどころだから」
「なんだとー。それならば・・・・」
するとギンガ団のしたっぱがいっぱいやってきて、攻撃を仕掛けてきた
「ドガース」
「いー!」
「自爆」
「どがああ」
ドーンドドドドドドン
「うわあああ」
ショウタは吹っ飛んでしまったのである
ドサ
「もう1発だ」
「は!」
「自爆」
「どがあああ」
ドーンドドドドドドン
ギンガ団のしたっぱの1人は気楽に言った
「ほーこれで死んだもの同然・・・・・何!」
ショウタの姿が消えた
「消えた!どういうこっちゃ。くそーー」
ドン
そして数分後ソノオタウンのポケモンセンターにきたのは・・・・
「いらっしゃい。こちらソノオタウンの・・・・は!」
「助けてくれ・・・・爆発の群生に当たったんだ」
「キャアアアア」
それはショウタであった。ほとんど傷だらけであった
そしてさらに数分後、ようやく治療が終わったのである
「ありがとうラッキー」
「どういたしまして」
「そういうより何故爆発の群生にあたったのですか」
「僕が先に行こうとしたときギンガ団が立ち止っていて先に進めないから話したどころ、認めてくれなくって。そしてかっとなって攻撃しようとおもったらドガースの群生が出てきて、そしてやられたんだ」
「そういうことね・・・・最近、前に進めないというトレーナーが多いからね・・・」
「そうですか。これからどうしよう」
すると1人の女の子がやってきて、そしてなにやらと話してきました
「あの~あなたはトレーナーですか」
「はい、そうですが」
「それじゃー頼みたいことがありますけどいいですか?」
「はい、行くところがないので」
「たには発電所にパパがいるの、しかも誰かから要求され、そして閉じこもっています。助けてください」
「わかった」
そしてショウタと女の子は外へ出たとたん悲鳴が出てきた
「うわあああああ」
「何なんだ?」
「ソノオの花畑からは」
「行ってみよう」
「わかった」
そしてショウタはソノオの花畑に来たのである、そして間の辺りになったのは



次回へ続く

第28話「たにま発電所2」



ショウタと女の子はソノオの花畑にいったとき、大変なことが起こったのである
「何なんだ?これは・・・」
それはギンガ団のしたっぱが村長に脅されているようだ。するとショウタはとめようとした
「ギンガ団のしたっぱ!なにやっているんだ」
するとギンガ団のしたっぱの二人共の1人がこういった
「ただ仕事をしているだけだ!邪魔するのか?あ?」
するとショウタははっきりと自分らしく言った
「君達がたくらんでいることは完全におかしいからな。倒すのみ」
「ほうやるのか。それじゃダブルバトルでどうよ」
「いいとも。望むどころだ」
すると女の子は心配そうに言った
「トレーナーさん。傷大丈夫なの?かなりの傷ですけど」
ショウタはまともに言った
「大丈夫さ、こんな傷大したことないよ」
女の子は少しはよかったーと思った
そしてバトルははじまった
「よーし、いくぞーいけードガース」
「俺もだ。いけード、ガース」
「ドガース。ド?」
「どうした。ドガース」
バタン
「ドガースううう。お前なにを・・・・え!」
「早すぎだろ」
ショウタは素直にいった
「君たちが隙を見せすぎなんだ。だからやられるんだ」
「くそ・・・・それじゃ2匹目だ。いけーケムッソ」
「いけーゴルバット」
するとまたすぐに・・・・
バタン トン
「ケムッソー」「ゴルバットー」
実はショウタを出したポケモンはライガーとユンゲラーだった
そして・・・・・
「どうやらこちらの方がすばやさが高かったようだね」
「く・・・・覚えてろー」
そしてギンガ団のしたっぱ二人は走り去ったのである
「ありがとうございます。おや?」
すると鍵が落ちていたのである
「これは何の鍵だろう。君にわたしてもいいかな」
「別にいいですよ。預かります」
「さらにこれを渡そう」
甘い蜜をもらったのである
「これは・・・・」
「甘い蜜じゃ。ギンガ団のやつらこれを狙っていたからな。守っといたんじゃ。大事についかい」
「ありがとうございます。それでは」
そしてソノオの花畑は後に去ったのである。そして・・・・
「ギンガ団のやつら、鍵を落としてしまったからは僕が有利になるな」
「よかったね。それでは見守りますので」
「ありがとう。それでは再会できるようにがんばるよ」
そしてショウタはたにま発電所へむかったのである
そのころたにま発電所は
謎の女と開発者がいた
「く・・・・・」
「早くやりなさい。今夢をかなうべくやっているんだから」
「くそ・・・・・」



次回へ続く