※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第34話「ライバル対決再び」



「えーーー」
ダイキは
「どうしたんだ。まさか逃げる気か」
ショウタは拒否る言葉でいった
「逃げてはいない。ただ今日はかなり疲れたから休みたいだけだ」
するとダイキは怒鳴ったのである
「ふざけるなー。俺は今戦いたいんだ。さもないと・・・うぐぐぐぐ」
「さもないとってどうしたんだ」
「何も無い!今すぐバトルだ。いけールクシオ」
「ルクー」
「しょうがない。出て来いユンゲラー」
「ユンゲラ」
「前と同じ3対3だ。ルクシオ、スパークだ」
「ルークーー」
バチバチ
「ユンゲラー、よけてサイケ光線」
「了解」
ユンゲラーはよけたのである
「なんだって?」
「フー」
ユンゲラーの攻撃はあたって混乱になったのである
「ルク~」
「ルクシオー でもしかしこれでかてるとおもうなよ」
ダイキは何でも直しをつかった
「何でも直しか・・・・そう簡単に勝てるもんじゃないね」
「これでわかったかショウタ。前より強くなっただろ」
ショウタは
「それじゃ今から本気でいくから覚悟するんだな」
「当然さ」
「ユンゲラー、ねんりきでルクシオをうかせろ」
「了解」
そしてルクシオを浮いたのである
「ル~」
「ルクシオ、スパー」
するとよこからショウタの指示が
「ユンゲラー、金縛り」
「フッ」
「ル~ク~」
「何故スパークをださない」
「金縛りは相手が技を出す直前に出すとその出そうとしたポケモンの技を出せなくなる。ユンゲラー、たたきつけろ」
「ユーンッ」
ドシン
「ルクー」
「ルクシオー。てめー俺も本気になってきた。でてこい、ハヤシガメ」
「ガメー」
「そして現在の最強の攻撃、メガドレ・・・」
するとダイキの背後から何者かに攻撃した
「ぐ・・・・」
ドサ
ハヤシガメが
「ご主人様ー」
すると何者かの声が・・・
「どうやら間にあったようですね」
ショウタは
「貴方は」
「そういうより離れたほうがいいですよ。悪い物体がでるので」
「はい」
ショウタは離れるとダイキの中から黒い物体が
「う~ぐぐぐぐ」
そして消えていったのである
するとショウタは
「何故黒い物体を」
「話はあとです。黒い物体についてはポケモンセンターで話します。ですので至急ポケモンセンターへ」
そしてショウタと倒れたダイキと謎の女性と一緒にポケモンセンターへいったのである
はたして黒い物体とは



次回へ続く



第35話「シロナの話」



ポケモンセンター
「ダイキ君についてはぐっすり眠っていますし、ポケモン達もかなりの疲れもありますので回復します」
ショウタは
「有難うございます」
そして謎の女性は
「それじゃショウタさんが言った黒い物体について話しましょう」
するとショウタは
「何故僕の名前を知っていますか。貴方の名前は」
「私の名前はシロナ、シンオウ地方のチャンピオン。名前については貴方の父、ギロングから教えてくれました」
ショウタはビックリした
「チャンピオン!ってお父さんから。友人だったの」
「はい、ギロングとは仲がよかったから」
「そうだったのか・・・・そういうより黒い物体について」
「わかりました・・・それじゃ本題に入りましょ」
するとシロナは真剣な顔になった
「あの黒い物体はトレーナーのストレスによって起こるの」
「そうなの」
「ストレスがかなり溜まると謎のポケモンが出てきます」
「そういえばダイキはクロガネジム1回敗退したからな。謎のポケモンって」
「私も謎のポケモンについてはあんまり知りません。しかしストレスを溜まったトレーナーの前に来ると分かっています」
「はい」
「そして出会ったトレーナーは謎のポケモンからもらった黒い物体をうけて精神的に狂ってしまうの。そして・・・」
「そして・・・・」
「過去に対戦した人にまた対戦したがるのそして、もらった翌日以内に戦わないとどんどん体に蝕むの」
「こわいな・・・」
「だからゆっくり対戦すると最終的に恐ろしい結果になるの。これで話は終わりよ」
「そういうことか・・・・・・・」
「だから私はあの子を気を無くさせたの」
「分かりました」
すると誰かポケモンセンターに入ったようだ
「すいません。だれかジムを挑もうとしている人がいるので来ましたが誰でしょうか」
するとショウタは手を挙げた
「はい、僕です」
「君でしたか。私の名前はナタネ、ハクタイジムのジムリーダ。明日だね」
「はい、よろしくお願いします」
「よろしく。それではこれにて」
シロナは
「私はこれにて。その前にこれを渡そう」
秘伝マシン01をもらった
「秘伝マシン01。いいんですか」
「いいですよ。私にとってはいらないものですので」
「有難うございます」
「それじゃ、またあったときまでさようなら」
「さようなら。それじゃ明日にむけて考えるか」
ついについたハクタイシティ、そして翌日、ハクタイジム、ナタネとバトルする約束をした。果たして2個目のバッチをゲットすることができるのであろうか



次回へ続く

第36話「対決ハクタイジム前編」



翌日、ついにこの時がきたハクタイジムの対戦である
そしてショウタはやる気満々である
「今日は2個目のバッチをとるぞー、3対3だから出すポケモンはライガー、ムクバード、ユンゲラーだ。勿論シロは出せないし、ポッタイシはこのタイプじゃ苦戦するし、フワンテはいきなりは出せないから今日はゆっくりしといてね」
3匹は承知したのである
「わかった」
「それじゃいくぞーライガー、ムクバード、ユンゲラー」
「おー」
そしてハクタイジムの挑戦にしに行ったのである
そしてナタネへだとリ着いたのである
ナタネは
「ようやく来ましたか。正々堂々とバトルしましょう」
ショウタは
「はい」
「それじゃいくよ。いけー、チャリンボ」
「チェリー」
「チェリンボ・・・・・」
ショウタはポケモン図鑑を開いた
「チェリンボ、さくらんぼポケモン、進化に必要な栄養分が小さい玉に溜められている。とても甘くておいしいらしい」
「(こういうポケモンなのか・・・・そのポケモンのタイプは草か。それじゃ)」
「出て来い!ムクバード」
「ムックー」
「チェリンボ、体当たり」
「チェリー」
「ムクバード、電光石火」
「ムックー」
ドシン
「チェリー」
「何故?先に指示したのは私だよ」
ショウタは解説した
「電光石火は先制攻撃の技だから体当たりより攻撃を仕掛けることができる」
「そういうことね。でも、勝負はこれからだよ。チェリンボー」
「チェリーーー」
ピカ
するとチェリンボの体に進化の光が
「うそ・・・・チェリンボが進化することを知っていたな」
「そうよ。昨日チェリンボが進化しようとしたが私がキャンセルしたの。そして、ショウタさんとのバトルまで進化するの待った結果なの」
そしてチェリンボからチェリムへ進化した
「チェリムー」
「チェリム・・・・・」
ショウタはまた図鑑を開いた
「チェリム、サクラポケモン、日差しが強くなると花開く。つぼみの時にたえしのんだうっぷんをいっきにはらすのだ」
「そういうポケモンなのか・・・でも閉じているな・・・」
「今の姿はネガフォルムです。しかしあの技で姿が変わります」
「どうやって」
「こういうことよ。チェリム、にほんばれよ」
「チェリー」
日差しが強くなった。するとチェリムの姿がかわってポジフォルムへ変わった
「にほんばれで日差しを強くしてかわるのか・・・・納得しました」
「それじゃチェリム、ソーラービーム」
「ビー」
ショウタとムクバードはビックリしてショウタはこういった
「何故ソーラービームを覚えている、おかしすぎじゃないか」
ナタネは
「おかしいか?ただ技マシンを入れただけですよ」
「技マシンで?」
「そうよ、それじゃないと普通で覚えるためにはかなりのレベルが必要だからあえて技マシンをつかったの」
「そういうことかうわあ!危なかった。ていうか乱射しすぎだろ」
ムクバードは
「確かに。この状態だと技を出すの難しい」
「ごめんね。チェリムは進化したうれしさにソーラービームをとめられないらしい」
「えー。しょうがない。ムクバード、かぜお越しでチェリムをとめてくれ」
「わかった。あたれー」
するとソーラービームの砲弾がムクバードに直撃したのである
「うわああああ」
「ムクバードーー」
ムクバードが急降下していく
「あら、あたったようだね」
「全然反応が出ない・・・・。しょうがない。ムクバード、この程度で負けるポケモンか。これで負けたらもっと修行が必要になるかもしれないな」
するとムクバードは
「(この程度で負ける。そんなぐらいで負ける僕じゃない。だから厳しい修行はごめんだ)うおおお」
そして地面ぎりぎりで復活した
「なんだって」
「やっぱり僕の言葉が通じたようだ。ムクバード、ツバメ返し」
「うおおおおお」
「チェリム、ムクバードをターゲットにソーラービーム」
「ビー」
「すまんが俺はお前がうった玉が見えるから無駄だ」
チェリムのソーラービームが全部よけた
「何ですって」
「うおおおおお」
そしてツバメ返しはあたった
「チェリー」
「チェリムー」
「チェリム戦闘不能。ムクバードの勝ち」
「よくやったぞムクバードって大丈夫か」
ムクバードは
「大丈夫だ・・・はあはあはあ・・・この程度で倒れる僕じゃない」
「わかった。交代はしません」
「それじゃ、出てきて、ナエトル」
「ナエナエ」
「今度はナエトルか・・・・・」
ナタネが2匹目に出したポケモンはナエトル、はたして勝負の行方は・・・



次回へ続く



第37話「対決ハクタイジム中編」



前回のあらすじ、ナタネの最初のポケモン、チェリンボを出し、ショウタはムクバードを出した。
そして先制攻撃でムクバードの攻撃で普通のダメージを受けたが、なんとチェリンボからチェリムへ進化したのである。
そしてチェリムのソーラービームを撃ったが、なんと進化した喜びかソーラービームを乱射したのである
そしてその乱射は当たったのである。でもしかしショウタの声によりムクバードは立ち直り、そしてツバメ返しがあたってチェリムを倒せたのである。
ムクバードはかなりのダメージの中次のポケモン、ナエトルを出してきたのである
「ナエナエ」
「く・・・・・」
ショウタは次の指示を出してきたのである
「ムクバード、電光石火」
「ムックー」
ナタネは
「この攻撃は当たらないわ」
するとムクバードの攻撃はよけたのである
「何!」
「何故」
「その隙にナエトル、葉っぱカッターよ」
「ナエー」
「ムクー」
「ムクバード、大丈夫か」
「大丈夫だ・・・」
「それじゃ、ムクバード、空に飛んで、ツバメ返しだ」
「ムックー」
するとナタネは
「忘れているの。今でも日差しを強いってことを」
ショウタは今でも日差しが強いってことを忘れていたため次の指示を遅かったのである
「しまった。ムクバード、技を中止しろ」
「分かった」
「遅いよ。ナエトル、ソーラービーム」
「ナエー」
その瞬間ムクバードのツバメ返しはぎりぎりにナエトルに当たって
その瞬間ソーラービームはムクバードに直撃した
そしてムクバードを倒れた
「ムクバード。大丈夫か」
「もう・・・無理」
カクン
ムクバード戦闘不能、ナエトルの勝ち
「ムクバードーー」
「ナエトルも大丈夫?」
「大丈夫だけど受けた攻撃のダメージは高い」
「そうか」
ショウタは次のポケモンの準備は受けた
「それじゃ2匹目だ。ユンゲラー、出て来い」
「ユンゲラ」
「ナエトル、ソーラービーム」
その瞬間ショウタは指示した
「ユンゲラー、金縛り」
「ユン」
するとナエトルは
「だせない・・・・・」
ナタネは
「確かに出せないわ」
「その隙に。ユンゲラー、サイケ光線連発だ」
「ユンゲラー」
「え?え?え?」
すると一瞬で
「ぐあああああ」
「ナエトルーー」
ナエトル戦闘不能、ユンゲラーの勝ち
「ナエトル、ご苦労様。最後の1匹よ。いけーロズレイド」
「ロズズ」
「ついに来たか・・・・慎重にかかれよ、ユンゲラー」
「わかった」
「ロズレイド、フラッシュ」
「ロズー」
ピカ
「うわっ何なんだ?この光は」
そして光は消えたのである
「消えたか・・・・ユンゲラー」
ユンゲラーはもう・・・倒れていた
ドサ
「ユンゲラーが・・・・一発で」
ユンゲラー戦闘不能、ロズレイドの勝ち
「ユンゲラー、ご苦労だった。どうやってユンゲラーを」
「それはフラッシュした瞬間の間に何発もソーラービームをうったの」
「そういうことか。最後のポケモンだ。出て来い、ライガー」
「タツー」
「やっぱりこういうポケモンでいきますか。最後まで一生懸命頑張りましょう」
そして手持ちのポケモンはお互い1匹、勝負の行方は



次回へ続く



第38話「対決ハクタイジム後編」



前回のあらずし、ムクバードとナエトルの対決でナエトルのソーラービームによってムクバードを倒された
そしてショウタは次のポケモン、ユンゲラーをだしてあっさりナエトルを倒せた
しかし、ナタネの最後のポケモン、ロズレイドを出して、そしてフラッシュ+ソーラービームでユンゲラーは倒される
そして、ショウタは最後のポケモン、ライガーを出した
ナタネは
「さて、早速攻めるとしますか。ロズレイド、フラ」
「そうは行かない。ライガー、にらみつける」
「にっ」
ロズレイドはビックリした
「うわっ」
「今だ!ライガー、火の粉」
「ブオオ」
「ぐああああ」
「ロズレイドー」
「よし、かなり効いているぞ」
ナタネは次の作戦をだした
「ロズレイド、痺れ粉を浴びせなさい」
「ロズズ」
「ライガー、よげろー」
「わかった」
上手くよけたが足の痺れ粉をついてしまってしびれてしまった
「動けない・・・・・・」
「ライガー(そういえば僕もしびれてきた。どうしよう)」
そして
「(ライガー、念にいれて火の粉の力をチェージしてくれないか)」
「(わかった。しかし1回限りだけど)」
「(うん)」
「ロズレイド、威力を高く、そして確実に当たるためにマジカルリーフ」
するとショウタは笑った
「かかったな」
「え?」
「ライガー、最大パワーで火の粉」
「く・・・ブオオオオオオ」
「ロ? うわああああ」
「ロズレイドーー」
ロズレイドは倒れた
ロズレイド戦闘不能、タツベイの勝ち。よって勝者ショウタ選手
「よっしゃー。よくやったぞ、ライガー」
「ふー」
ナタネは
「よくやった。それじゃフォレストバッチ」
「ありがとうございます」
「ついてだけど、このポケモンのニックネームはなんでしたっけ」
「ライガーです」
「ライガーでしたか。そのポケモンについて話したいことが」
「何でしょうか」
「ライガーは昔、最強のトップクラスとして世界中に恐れていたポケモンだと知られている。でも何故ここに」
「何かお父さんから封印をといたって言ってたけど」
ライガーは
「封印からといてもらったんだ。しかしその前の記憶がないんだ」
「そうなの・・・わかった。それじゃ」
するとギンガ団のしたっぱがやってきた
「おっと。その前に俺達と来るんだな」
「きゃーー」
「ナタネさん」
「いけー、ドガース、煙幕だ」
「ドガー」
ジム全体が煙幕だらけになった
「ごほ ごほ。ムクバード、煙幕を吹き飛ばせ」
「ムックー」
煙幕からはれることができたのだが
「ナタネさんがいない。」
ショウタは外へ出るのだが
「何なんだ?この風景は」
ショウタが見た風景はギンガ団のしたっぱがいっぱいであった
「しょうがない、あの怪しいビルへ向かおう」
そしてショウタはハクタイギンガビルへ向かったのであった



次回へ続く