※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第39話「ハクタイビル」



ショウタはハクタイギンガビルへ来たのである
「ここが・・・怪しいと思うハクタイギンガビルか・・・・でかいなー。それじゃ、でてこい、パチリス」
「ミーミー」
「パチリスは僕の考えだと切り裂くが覚える、だから秘伝マシン01を使って覚えさせる」
秘伝マシン01「切り裂く」をパチリスに覚えた
常識豆知識:秘伝マシンはつかってもなくならないんです。ですのでもしも使うポケモンがいなくても別のポケモンで使えるのである
「パチリス、木を切り裂く」
「わかった。おりゃ」
木が切り裂いた
「よし、いいぞ。パチリス、お疲れ。これではいれるぞ」
そしてショウタはビルの中へはいるが入ってすくそこにギンガ団のしたっぱ約30人がやってきた
「侵入者発見!ドガース、自爆」
「いきなりこれですかー」
ドガーンドドドドドガーンドドドドド
爆発のあとギンガ団のしたっぱは全員爆発にまぎれて倒れていた
そしてショウタは・・・・・
「ふう・・・・・有難う。ユンゲラー」
「どういたしまして」
「ユンゲラー、お疲れ」
人気がないところにいた。そして、奥までいった
「あ、ナタネ!」
ナタネは縛られていた
「ショウタさん!早くたすけて」
「わかった」
ショウタはナタネをたすけようとした。そのとき
「あなた!私達の企みを邪魔するき?」
「何者?」
「私の名前はジュピター。ギンガ団の幹部よ」
「ギンガ団の幹部だと・・・・まさかお前達なにをしようとしている」
「何も私達の勝手でしょう。まさか邪魔する気?」
「ギンガ団の企みが怪しいからだ」
「そうか・・・・それじゃポケモンバトルで排除しますかな」
「望むどころ」
「ゆけー、ズバット」
「ズバッ」
「出て来い!ユンゲラー」
「ユンゲラ」
「ズバット、ちょうおんぱ」
「ピー」
ズバットの攻撃はよけてショウタは
「ユンゲラー、サイケ光線」
「ユンッ」
「ズバーーー」
「1匹目撃破」
「ズバット、戻れ。出てきて・・・・・」
するとショウタは
「何を出す気なんだ」
「もう、出しているよ」
「どこに」
するよユンゲラーの状態がおかしくなった
「う・・・・」
「ユンゲラー、大丈夫か」
「体が」
「まさか・・・・・」
「そう、そのまさかなの。スカタンクよ」
「スカタンク・・・・」
ショウタはポケモン図鑑を開いた
「スカタンク、スカンクポケモン、しっぽの先から酷い臭いの気体を飛ばして攻撃する。飛距離は50メートル以上」
「こういうポケモンなんだー。しかしかなり臭い」
「そうよ。最初から臭いんだもん。そして出したポケモンは毒づきよ」
「(だからユンゲラーは苦しがっているんだ)戻れ!ユンゲラー。いけー、ライガー」
「タツー」
「やっぱりあのポケモンの登場ねかかってきなさい」
「ライガー、最大パワーで火の粉」
するとジュピターはビックリした
「え?」
「ブオオオオオオオオ」
「ブー」
「スカタンク!、何故ずつきを使わない」
「ライガーに臭い匂いを嗅ぐのはごめんだから」
「そういうことね。覚えてろ」
そしてギンガ団は去ったのである
そしてナタネとピッピをもったおじいさんをたすけた
「ありがとう ショウタさん。一時はどうなるかと」
「私も有難うございます。ピッピが連れ去られそうだったので」
「どういたしましてっておじいさんは何故縛られていたの」
「ギンガ団がなピッピは宇宙からやってきたポケモンって意味分からない言葉いっていて要求してきたんじゃ」
「そういうことですか」
「助かったもんだし、自転車をあげます」
ショウタは自転車をもらった
「有難うございます」
ナタネは
「それじゃジムに戻る。ありがとう。じゃあね」
「ばいばい」
「私も自転車屋さんにもどるは」
「また会える日まで。それじゃ自転車に乗って次の町へ行くか」
ショウタは次の町へ向かったのである
その頃謎の基地は
「2個目のバッチを手に入れるとは思いもしなかった」
ため息をついてグリード。ジオンは
「まあいいじゃないか。ちょうど送る人が見つけたもんで」
「なんだ」
「こういう人です」
すると謎の男がやってきた
「その人か・・・・強そうだな」
「強そうだろ。よろしくな」
「なんとかお役に立てるように頑張ります。まず、依頼は」
「依頼はライガーを倒すことだ」
「わかりました。それでは向かいます」
依頼を受けた謎の男の正体は。そしてショウタの運命は



次回へ続く



第40話「初めての敗北」



ショウタはサイクリングロードを超え今、207番道路にいたのである
「サイクリングロードは長すぎたな。次の町までダッシュするか」
ショウタは次の町まで走ろうとすると謎の男がやってきて話してきた
「キミはトレーナーですか」
ショウタは答えた
「はい、トレーナーですけど」
「私の名前はネッシと申します。是非バトルを受けたいと思います」
「いいですけど」
「私は1匹であなたを倒します。あなたは6匹だしてください」
「わかった。まず、出て来い、ポッタイシ」
「ポッター」
「出てきなさい。メタモン」
「モンモン」
「メタモン・・・・・・」
ショウタは図鑑を開いてみてみるが
「このポケモンは現時点データには入っていません」
「どういうことだ。まさか」
「そう、このポケモンは全国図鑑しかでないポケモンだ」
「そうか・・・・行くぞ」
そして・・・・ポッタイシをはじめ、ムクバード、ユンゲラー、トドゼルガ、フワンテを出してきたが



「な・・・・何故・・・・相手が1匹なのに・・・・・変身が原因か」
ネッシは
「そういうことさ、最後のポケモンをお願いします」
「いけー、ライガー」
「タツー」
「メタモン、変身」
「タツー」
「くそー、ライガーも2匹になったか。ライガー、ずつきだ」
「メタモン、ずつきだ」
「うおおおおお」
「うおおおおお」
2匹のライガーがずつきでぶつかり合ったのである。しかし
「ぐああああ」
「ライガーー、うぐぐぐ。大丈夫か」
「大丈夫だ」
「その隙にメタモン、火の粉」
「ブオオオオ」
「ぐああああああ」
「あちいいいい」
「その隙の隙にメタモン、ずつき」
「ぐおおおおお」
ドシン
受けたずつきはライガーの胴部にあたったのである
「ぐあああああああ」
ドシン
そして壁にあたったのである
「ライガー、撃破完了」
「ライガー、何か・・・・意識が・・・・」
ドシン
ショウタも倒れたのである
そしてネッシは怪しい行動をしてきたのである
「これでライガーを完全にしとめることができる。これで終わりだ!」
すると何者かの攻撃でしとめかけたのである
「何者だ」
「何者?俺の名前はシャドー、最強のトレーナーだ」
「最強のトレーナーだと?ただガブリアスの仮面を被ったすがたでこんなトレーナーとは」
シャドーは切れた
「ならばポケモンバトルで理解させてもらいましょう」
「いいとも、倒してやる」



そして、数分後ネッシはまけたのである



「そ・・・・そんな・・・・まけるとは・・・・・」
「これでわかっただろ、早く去りな。さもなければゲンガーのシャドーボールで」
「分かりました。覚えてろーーー」
ネッシは去ったのである。そしてシャドーは
「この子がショウタという人か・・・・見込みもあるトレーナーだ」
シャドーはどうしてショウタの名前が知っているのか
そしてショウタの運命は



次回へ続く

第41話「いた場所は」



そのころダイキはハクタイシティのポケモンセンターで寝ていた
するとダイキは・・・・・
「う・・・・うう・・・・」
おきあがった
「あれ・・・・・僕は何故ここに」
ジョーイさんが言いました
「あら、気がついたみたいだね。あの黒い物体のことはしっているかな」
ダイキはこう答えた
「しっています、クロガネゲートで必死に修行していて、突然黒いポケモンがみえたのです」
「黒いポケモン?」
「その黒いポケモンは催眠術をかけられたんだ。その後、なにもかもが無茶苦茶になっていた」
「そうなのね・・・・わかりました」
するとダイキは急に立ち上がってこういった
「ショウタは!ショウタはどこに行っている」
「次の町、ヨスガシティにいっているわ」
「そうですか・・・・僕も早速・・・」
するとナタネがとめられた
「ちょっとまって。その前にフォレストバッチを手に入れてからだ」
ダイキは抗議した
「お前は何者だ」
「私の名前はナタネ、ハクタイジムのジムリーダさ」
「ジムリーダ。わかった。フォレストバッチをゲットすればいいんだな」
「そういうこと。準備できたらジムにきなさい」
ダイキは同意した
「わかりました」
ジョーイは
「ポケモン達はもう大丈夫よ。あとはキミの心を直すだけです」
「そうですか・・・落ち着いたらいきます」



そのころショウタは気がつき、そして・・・・
「あれ・・・・まさかここはヨスガシティのポケモンセンター?」
ジョーイさんは
「はい、ここはヨスガシティのポケモンセンターです。あなたはだれかを抱かれこまれてきました。はい、あずけていたポケモンは元気になりました」
「有難うございます」
「あなたはここに来るのはじめてかな?」
「初めてです」
「それじゃ先にポケモンコンテストの会場を行ってみるといいですよ」
「ポケモンコンテスト?なんですか」
「ポケモンコンテストはポケモンの魅力を確かめるところなの」
「そういうところなのか」
「まあ1度ぐらいは行ってみてください」
「わかりました。有難うございます」
そしてショウタはポケモンコンテストの会場を行きました
そしてポケモンコンテストの会場についたのである
「ここが・・・・・ポケモンコンテスト・・・・行ってみよう」
そして入ろうとしたとたん何者かがやってきた
「すみませんね。私の名前はヨスガジムのジムリーダ、メリッサよ。けど今の貴方には勝てないの。だから。強くなったら戦いましょ。またねー」
ショウタは固まった
「何なんだ?あのひと。はいってみよう」
そしてショウタははいるとなんと母のすがたが
「お母さん!」
何故ショウタの母がいるのか



次回へ続く



第42話「ポケモンコンテスト」



これはショウタはかなりのビックリさに驚いたところから始まった
「母さん!!何故ここに」
母は
「ショウタ!まっていたよ」
「待っていたってどういうこと」
すると母は本当のことを言ったのである
「実は私は昔、トップコーディネータなの」
ショウタは
「えー母さんは昔トップコーディネータだってー。しかし母さんの願いと僕の夢とは違うから」
「ねがい・・・・ゆめ・・・・」
「母さん?」
母は泣き声でこういった
「う・・・・一回やってみてらいいのに・・・・」
「わかったわかった。やってみるよ」
すると母は
「それじゃタキシードとアクセサリーケースとシールボールとシールケースをあげる」
ショウタは
「おもいな・・・・・特にタキシードが」
「タキシードは私がつくったの。大切につかって」
「わかった・・・・」
「それじゃこれにて家に帰りますわ」
そして母は帰ってきたのである
ショウタは
「1回やってみよう・・・・・・・」
できるか不安のままショウタはポケモンコンテストへ出ることにしました
そしてショウタは冒険する基本服をタキシードへ変わった
しかしショウタはしらなかった。コンテストへ参加するためにはポケモンを1匹だけしか選ばれない。
そう今迷っていた
「どうしよう・・・・・・どれにしようかな・・・・・コンテストなんて知らないからな。しょうがない。ムクバードに決定だ。出て来い、ムクバード」
「ムックーってここは!!」
「ごめん、ムクバード、手をかしたいことがある」
するとショウタはいろいろと滅茶苦茶なことをことをした結果
コンテストを始まった
そして司会者が会場にやってきた
「いよいよ開催された。ポケモンコンテスト。今回も頑張っていきましょう」
観客全員、盛大な拍手がでた
「さて・・・・まずデザイン審査をはじめます」
そして最初の人からショウタの前までやっていたのである
そしてショウタの出番がでたのである
「さーて、最後のエントリー、ショウタさんです」
「よーし、最低だけどやってみるか」
そしてショウタはムクバードをだした
そのムクバードは最悪だった。そう。何でもかんでもつけすぎだった
「ムックー」
すると観客は静まりかえったのであった。そして得点は・・・・・



「ゼ・・・0ーー」
ショウタとムクバードは唖然とした。つぎの演技はコンビネーションの審査である
そして最後にショウタが出る出番だった



「(今度こそ、まじめにっていってもどうすればいいのか・・・・思いついた)」
「ムクバード回転して風お越し」
「わかった。ムークー」
すると観客は盛大に盛り上がった
「おーっとムクバードは回転しながら風お越しで竜巻を作っています。すごい」
そしてショウタは次の指示を送った
「ムクバード、電光石火で上へ上がって、そして下へ急降下」
「ムーック」
ムクバードは電光石火で急上昇して、そして、電光石火で急降下して竜巻にはいった
「すごーいムクバードは自力で竜巻の中にはいったー。あとはどうする」
「ムクバード、竜巻の中で翼で打つ」
「ムーーーーック」
ドシャーン
「うおおおお。すごいフィニッシュです。竜巻は翼で打つできれいにできました」
「これでいける・・・・」
そして結果発表が出た
「優勝者はヤシロさんです」
ヤシロはよろこんだ
「よっしゃー」
ショウタは
「当然の結果だな」
そしてショウタはコンテスト会場から出て行きました。そしてショウタは大声でこういった



「もうコンテストは嫌だー」



ショウタはもうコンテストをやらないと決心にしたのである
そしてショウタは次の町、ノモセシティへ向かったのである



次回へ続く

第43話「勇気ある女の子、ミサト」



ショウタは今ノモセシティへいくべく212番道路にいるのである
「よーし、じっくりとすすんでノモセシティへいくぞー」
するとなんかおおきな切り株があった
「おーすごいおおきな切り株だなー練習にはもってこいだ。でてこい、ライガー」
「タツー」
「新しい技「竜の息吹」でこのおおきな切り株を燃やすのだー」
「OK ブオオオオオオ」
竜の息吹で切り株を燃やした」
「成功したぞ」
すると何か女の子の声が
「きゃああ。あつーいー」
ショウタは
「まさかおおきな切り株の近くに女の子がいたなんて。今すぐ消さなければ」
そしてショウタはポッタイシをだして、バブル光線をつかって火は消えたのである



そして女の子は
「あのね、私がいるとき恐ろしい技を使わないでよ。あともうちょっとで火傷していたからね」
「すいません・・・お詫びの代わりですが・・・・」
「そうね・・・・ポケモンバトルしましょう」
「いいですよ。ルールをお願いします」
「2対2 シングルで」
「わかった」
そして2人ともは勝負の準備をかかった
「いけー、ポッタイシ」
「ポッタ」
「いきなさい、ゴース」
「ごおーす」
「ポッタイシ、メダルクローだ」
「ポータタタタタタタタ。ぐおおお」
「ゴース、ポッタイシに舌でなめる」
「ゴース」
ポッタイシが攻撃する前にゴースの舌でなめるでしびれた
「しびれてきた・・・・・・」
「ポッタイシ、大丈夫か」
「だめだ・・・・動けない・・・」
「いまよ。ゴース、だまし討ち」
「ゴーススススス」
ドーン
「あーこんな程度でまけるポッタイシではないのに~。麻痺してしまったからしょうがないな」
ショウタはポッタイシを戻し、そして次のポケモンを出した
「いけー、ライガー」
「タツー」
「ライガー、噛み付く」
「うおおおお。ガブ」
ライガーの噛み付くはあたった。そして効果抜群だった
「うわああああ」
そしてゴーストはやられた
「ゴースト戻って、でてきて、フカマル」
「フカー」
ショウタは攻撃を指示をした
「ライガー、竜の息吹だ」
「ブオオオオ」
「フカマル、ドラゴンクローよ」
そして、2つのドラゴンの技をぶつかりあって。そして、消えたのである
「ライガー、その隙にずつき」
「うおおおおおおとりゃー」
そしてあたったが、そのあたったところはフカマルの口の中だった
するとライガーが
「いたいたいたいたい」
ショウタはこうおもった
「(僕も痛んだけど・・・・・(お前が与えたダメージが伝えてくるから))」
「フカマル、竜の怒り」
「フーカカカ おーりゃ」
ドシン
「ぐあああああ」
ショウタもダメージが与えた
「うぐぐぐぐ・・・・」
そしてミサトは次の指示をしたのである
「フカマル、竜の怒りであのポケモンをタックルしてください」
「うおおおおおおお」
ショウタは
「(どうしよう。ライガーは動く姿もでない。運賭けだ)」
「ライガー、最大パワーで竜の息吹」
「ぐ・・・・・ブオオオオオオ」
その竜の息吹は最強でフカマルの竜の怒りは超えていたのである
「ぐああああああああ」
「フカマルーーーー」
そしてショウタは勝ったのである
「勝ったか・・・・・・」



そしてミサトはお礼を言ってくれたのである
「有難う。楽しかったわ」
「こちらこそ」
「次はもっと強くするから。またあったらバトルしましょう」
「いいとも」
そしてミサトとのバトルをおわって。そしてようやくノモセシティについたのである
「ようやくついたぞー。明日ジム戦するかな」
ショウタは3つ目のバッチを手に入れることができるのか



次回へ続く