※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第49話「なにかの覚醒後編」



進化したポケモンはエンペルトとムクホークであった
「フーディン、図鑑を返してくれないか」
「わかった」
そしてポケモン図鑑を返したのである
「エンペルト・・・・・・ムクホーク・・・・・」
ショウタは図鑑を開いた
「エンペルト、皇帝ポケモン、くちばしから伸びている3本の角は強さの象徴。リーダーが一番大きい」
「ムクホーク、猛禽ポケモン、獰猛な性格のポケモン。自分よりも体の大きい相手にも勇敢に挑みかかる」
「こういうポケモンなのか・・・・・」
ハイドは
「まあいい。トレーナーが出ただけでも勝てる。レントラー、スパー」
すると裏から大きな声で指示を出した
「エンペルト、アクアジェット。ムクホーク、電光石火。フーディン、サイコキネシス」
「エンペー」
「ムックー」
「フーン」
技はあたったのである
「うわああああああ」
「レントラーどもー」
「ライガー、竜の息吹」
「ぶおおおおおおお」
ハイドは
「うわあああああ」
さらに技があたったのである
バシャーン
そして、ハイドは飛んでいったのである
そして夜明けになった
「ふー、1秒でも遅れたらどうなるかと・・・・・」
するとエンペルトは
「あのーショウタ・・・・前世の前の話だけど」
エンペルトは別の世界がいたことの話をしました
ショウタは納得した
「そういうことか・・・・これからもよろしく、エンペルト、ムクホーク」
「よろしく」
「それじゃ次の町へいくぞー」
エンペルトとムクホークは進化して次の町へ向かうのであった
その横に誰かいたのであった。その人はこういった
「何故だ・・・・・何故・・・ライガーがあの少年と一緒にいるんだー。くそー」
その少年とは



次回へ続く



第50話「怪しい少年」



ショウタは214番道路で修行していた
そして今日の修行が終わってトバリシティへ向かおうとしてた
そのころ隠れている少年は
「う~やっぱりイライラする~。くそーやけくそだー」
するとライガーがなんか気配を感じて強制的にモンスターボールからでて攻撃をした
「何者だーーー」
ライガーは竜の息吹をだそうとしたが人の声がした
「すいません。俺が気配を感じさせました」
ライガーは攻撃をやめた
「なんだ。ただの人間だったんだ」
すると少年は切れて対戦を仕掛けた
「ただの人間だって!!!俺はポケモントレーナーだ。あったからには勝負だ!!」
ショウタはビックリした
「いきなり何なんだよ」
少年は聞いていなかったのであった
「3対3のシングルバトルだ。ちなみに俺の名前はDIO、これからこういう名前で言ってくれよ」
ショウタは
「分かりました。よろしくお願いします。ちなみに僕は1匹だけで十分です」
「ほう・・・・やる気だな」
「当然のことです」
「それじゃ俺からだ。出て来い!ムックル」
「ムックー」
ショウタは
「いけー、ライガー」
「コモールー」
DIOはこうおもった
「(これが・・・・・ライガー・・・・でも今の状態はコモルーだよな・・・まあいい)」
「ムックル、ツバメ返しだ」
「ムーーっク」
「ライガー、よけろ!」
「了解」
ムックルの攻撃をよけた
「なんだって!!!!」
「ライガー、ずつき」
「うおおおおおお」
ドシーン
ライガーの攻撃にあたったのである
「ムックーーー」
「くそ・・・・ムックル、戻れ!出て来い!スコルピ」
「ピーピーピー」
するとショウタはすぐに
「ライガー、火の粉」
「ブオオオオ」
「スコルピ、よけろ!!!」
ライガーの攻撃がよけた
「スコルピ、毒びし」
「ぴー」
ショウタはその隙に
「ライガー、火の粉」
「ブオオオオオオ」
ライガーの攻撃はあたったのである
「ピーーーーーーー」
「スコルピーーー。なんか完全に切れてきた・・・。出て来い!グレッグル」
「ヒヒヒヒ・・・・・」
「グレッグル、不意打ち」
「おりゃーーー」
バシ!!
グレッグルの攻撃はあたった
「ぐはっ!!!」
ショウタもダメージをおくった
「うぐぐぐ。ライガー、ずつき」
「うおおおおおおお」
ライガーの攻撃はあたった
「ヒー」
「今だ!グレッグル、はたき落とす」
「うおおおおおおおお」
「ライガー、よけろ!!!!」
グレッグルの攻撃はよけた
「何故よけるんだあああああ」
「ライガー、竜の息吹」
「ブオオオオオオ」
「うぎゃああああああ」
「グレッグルーーーー」
バタン
「うひひひひ」
「よそう通りの勝利だな」
「まけたよ・・・・・・またポケモンリーグに」
ショウタは疑問におもった
「ポケモンリーグって」
「それは後にわかる・・・それじゃ」
DIOは去ったのである
「まて!あ~去っていったよ~。僕も先に行かなければ」
ショウタは歩きつづいてようやくトバリシティについたのであるが
「お~い。ここは俺達の領域だぜ」
「は?」
はたして4つ目のバッチをてにいれることができるのか



次回へ続く

第51話「悪の組織?」



この話はショウタの言葉からはじまった
「えーー何故」
すると不良は
「ここは10歳という小さいお子ちゃんが来ないところだ。早く去れ!!」
ショウタは断った
「嫌だね。ジムバッチを手に入れるためにここにきたんだから手に入れるまで去らないよ」
不良たちは
「ほー俺達の親方を挑戦する気だな。それじゃお前の力を試してやる」
すると不良達一斉にワンリキーをだした
ショウタはムクホークを出して風お越しで全滅した
不良たちはおびえた
「うわ~~どうしよう・・・・親方に知らせなきゃ」
そして不良たちは去ったのである
そしてショウタは
「はやくポケモンセンターへいって回復と転送をしなければ」
そして回復とマルマインをあずけ、フワンテを引き出しました



そのあいだトバリシティのトバリジムでは
不良たちが
「すいません、一人のトレーナーがトバリシティに侵入しました」
するとジムリーダは
「へえ~数ヶ月ぶりだろう。まあいい、懲らしめてやる」



そのころショウタでは
「よーし、今回に使うポケモンはムクホークとフーディンとライガーだ」
3匹は了解した、そしてトバリジムへ行った
すると誰かの人の声が
「ひひひひいひひ~」
ショウタは疑問に思った
そしてその声を出した人は不良達だった
「ようやく来たな・・・・これが親方様だ」
そしてジムリーダがやってきた
「ようこそ・・・・・トバリジムへ。いまからバトルを開始しましょう
ショウタは構えた



その頃、ダイキは待ちくたびれたのである
「ようやく、ポケモンセンターの仮を完成したか・・・・」
するとマキシムがやってきた
「ごめんよーようやく完成できた。ジムバトルをしよう」
ダイキは元気を出した
「はい」



そのころショウタは
お互い2対2になったのだ。そしてショウタはこう思った
「(なんか胸騒ぎがする・・・・・あのジムリーダは本心のジムリーダじゃない。それじゃ説得するかな)」
「フーディン、サイコキネシス」
「フー」
ゴーリキーを浮いた
「うわあああああ」
するとショウタはジムリーダにこういった
「トバリジムリーダ、スモモ。キミはこういう人ではないはず。正気に戻ってくれ」
するとスモモは
「これが私なんだよ」
ショウタは反抗した
「違う!こういうジムリーダなんていないよ。目を覚ましてくれ!スモモ!!」
するとスモモは気がついた。そうその過去であった
そう、ショウタが来る前の怪しい人がはじまった
普通どおりバトルしてスモモは負けた、すると怪しい人はあるものを渡された
そして今にいたるのであった
スモモは思った
「(そうだ・・・怪しい人が来る前、楽しくバトルしていた。でも今は・・)」
スモモはうなされていた。するとゴーリキーは
「スモモ殿」
「ゴーリキー」
「スモモ殿は楽しく対戦する人です。今のスモモ殿は本来のスモモ殿ではありません。目を覚ましてください」
スモモはゴーリキーの声を答えて立ち直った
「そうだ・・・・・私は・・・・いつも楽しくバトルしていた私なんだ・・・でも今は私ではない」
ショウタは
「そうだ・・・・いいぞー」
「だから今の私ではない私はもう必要ないのよー」
すると黒い物体が出てきて消えていった
「また・・黒い物体か・・・・。フーディン、たたきつけろ!!!」
「フーン!!」
そしてたたきつけてやられたのである
「やられた・・・・・」
ゴーリキー戦闘不能、フーディンの勝ち
「ゴーリキー、戻れ!そして波動弾」
ショウタは
「ってポケモンを出していないのになぜ」
「だしているよ」
「どこに」
するとフーディンがやられた
フーディン戦闘不能、ルカリオの勝ち
「ルカリオ!!!くそーフーディン、戻れ!いけー、ライガー」
「コモールー」
スモモは
「勝負はこれからよ、いけールカリオ」
ショウタは
「そうだな! 立ち向かえーライガー」
果たして決着は



次回へ続く



第52話「決戦!トバリジム、スモモ」



「ライガー、ずつきだ」
「うおおおお」
「ルカリオ、よけて!」
ライガーの攻撃をよけた
「なんだって」
「ルカリオ、波動弾」
「うお!!」
「ライガー、よけろ!!」
しかしルカリオの攻撃はあたったのである
しかもライガーの攻撃はショウタにも受けたのである
そしてショウタは
「ライガー、竜の息吹」
ライガーの攻撃はあたったがルカリオはあんまり効いていなかった
「何故」
スモモは
「ルカリオは格闘と鋼、ドラゴン技じゃあんまり効かないよ」
「くっそ~」
そしてスモモは
「ルカリオ、インファイトだ!!」
「うおおおおおお」
ルカリオのすばやいこうげきでライガーを大ダメージをおくった
ショウタも激しいダメージをうけた
そしてショウタは・・・・・
「う・・・・・動けない・・・・・」
ルカリオもかなり疲れ果てているようだ
スモモは
「あと1回でおわりよ。ルカリオ、インファイト」
「これでおわりだああああ」
ショウタは
「ライガー、火の粉だあああ」
「ブオオオオオオ」
ライガーの攻撃は確実にあたった
「うわあああああああ」
そしてルカリオは倒れたのである
ルカリオ、戦闘不能。コモルーの勝ち、よって勝者、ショウタ選手
「よっしゃー」
「すごいね・・・・それじゃ、コボルバッチだよ」
ショウタはゴボルバッチをもらった
そしてスモモが言った
「そういや、ライガーについてしっているよ」
「本当ですか!スモモさん」
「はい」
スモモはライガーについて話した。そして・・・・
「そうですか・・・有難うございます」
「いいですとも。それじゃ健闘祈ります」
そして、ショウタはトバリジムを去った
すると急にヒカリがやってきた
「ショ・・・・ショウタ君!!!」
「なんだい?ヒカリ」
「あの・・・・ポケモン図鑑がだれかに取られちゃったの」
「えええー」



次回へ続く