※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

おまけ

シンオウ地方のフタバタウン、いや、マサゴタウンの研究所
「明けましておめでとう。ヒカリ」
「こちらこそ。明けましておめでとう」
そう、1月1日は元日の日、マサゴとフタバタウンの皆とお祝いをやっているようだ
実はこの話は何年後なのかは分からない
そういうことは気にせず、話の続きを見てみよう
「ヒカリとか皆のすがたすごいね」
「苦労して選んだものなのよ」
「へえ~」
するとだれかが対戦を仕掛けた
「ショウタ先輩!新年最初の バトルお願いします」
「OK!」
バトルを仕掛けた人はヤイバ。ショウタの後輩だ
ヤイバはこの話とこれからの話の重要者である
「それじゃ1対1でお気に入りのポケモンを」
「おう!」
ヤイバはフライゴンを出した
ショウタはライガーをだした
皆も知っているようにライガーはボーマンダのことです
「先に行かせてもらうよ。ライガー、ドラゴンクロー」
「うおおおお」
ライガーの攻撃は当たったが
「フライゴン、破壊光線」
「破壊光線で行くか!ライガーも破壊光線だ!」
「ゴオオオオ」
2つの破壊光線がぶつかり合ってそして


ドカーーーーーーン


威力が高かったか大爆発を起こった
そしてバトル場は壊れた
「壊れちゃった…」
「こりゃ…さすがに…試合続行不可能だな…」
ヤイバとショウタのバトルは終わった
というよりかかなり荒れ果てた結果であった
けども今年初の戦いは思い出として残ったのであった
それでは今年もよろしく!