※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第3話 蒼い狼(後編)

帰ってきた陵輝とみて母は歓迎する
「帰ってきたのね陵ちゃん」
「ただいま。おかげさまで」
でも何か不安そうな顔をしているそうだ
「でも…。部屋にきて」
一回陵輝の部屋へ来てみた。部屋の中は手紙、新聞、DVDがある
新聞の内容は「陵輝 プロになりすぐ引退か!」と大きく1面に出ている
ニュースでは《「陵輝選手の病状とフェニックス病と判明しました」これは多分ひどいと引退という声もあります》
その内容は色々だ

これは遅すぎるフェニックス病ではないかと思います。
完全に引退という考えもあります

そしてレース協会からの手紙はやっぱり引退の場所をという手紙だった
何故引退とわかっているのかは陵輝にも理解できない
ちょっと気分が悪くなっているので車にのってドライブをしてみた
でも鍵開けようと思ったけど手が出せない…。何故なのか…
力ずくであけて椅子に座ってみたがエンジンつけられない。手が言うことがきかない
エンジンはつけられることは出来たが最後はハンドルを握るだけ。でも握れない
必死に握ろうとしているが握れない…
「引退確定というのはこのことだったのか…」
陵輝はかなり落ち込んでいた

翌日の朝、こんな手紙が届いた

             紹介状

  菱崎陵輝殿

           退院おめでとうございます
 1ヶ月前からフェニックス病と判断されてニュースや新聞など数々報道されています。
 なんとレース協会から引退も考えられているといわれてわれわれは何とかせねばいけないと    
 思いました。
 なので今、貴方を救済することに決めました。
 提案なのですが詳細上貴方はロボット式が嫌っているのはわかっています。
 でもそれが嫌がっているのであれば引退をやむにおえません。
 貴方はどうしますか?レーサーとして続けたい場合下記の地図へ来てください
 ※小説なので写真は貼れません








 担当員:青坂 北道(アニマルロボッツ)

気になった陵輝は地図に沿って行って見た
勿論車に乗れないから電車で行くことに

その1時間後

「かなり遠かった…。ここか…。鈴鹿サーキットより遠いけど部屋の範囲が…」
着いた場所はアニマルロボッツの本部
入ってみるとすごい練習場が
「これは…」
「ようこそプロレーサー菱崎陵輝殿。やっぱり貴方は」
「そうです。プロからやめたくないのでロボット式を希望します」
陵輝は自分のためにロボット式を希望したのであった

早速倉庫へ向かった
目の当たりをしたのは蒼い色をしていて、しかも狼だ
名前はと陵輝は質問する
「ああ。貴方が乗る特別なロボット式レースカー「ブルーウルフ」だ」

聞いた陵輝はビックリする
「このブルーウルフが…。何故ブルーウルフは俺を」
北海は笑う
「そりゃ勿論貴方とブルーウルフは深い関係になっているとも」
でも悩みがあった
「そうか…。全ては納得したがどうやって操作するの?」
「まあまあ乗ってからで」

とりあえず陵輝はブルーウルフのカーフォルムの中に入った
中はハンドルとは違っていた。これは某アニメのようなものだった
動かしても動く様子も無い。やっぱり気になった
「動く様子も無いんだけど…。これをどうすれば…」

「それは…。お前が死んでからで。生死については保証するので」
腹にパンチして気絶した
すぐに扉を閉めて電気を流した


流した10分後動きだした。ロボットに変形し、暴れだした
副担当は慌てた
「ああああ。暴れだしたぞ。どうしますか?」
「別にいい。絶対目覚めるからな」
でも倉庫が壊れていく。暴走を止まらないままに

でもようやく動きは止まった。ということは
「あれ?俺はここにいたのか…。すっかり忘れていたよ」
そう。陵輝は気がついていた
「一回死に掛けていて、このロボットの中に入っていて…。なにもかも滅茶苦茶だ。一回戻してみるか」
ロボットモードからレースカーモードに戻った

「陵輝殿。いや、陵輝君。ようやくロボット式に乗れたようだね。ようこそアニマルロボッツへ」
よって陵輝はロボット式を使いこなし、引退は免れた
でもまだ遣り残したものがある。そう、完全復帰してレースに臨まなければいけないのであった