※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第1話「戦いの始まり」


あの石版から封印から開放してから数年後…。
日常はいつも平凡でポケモンと共に暮らしている中で
シンオウ地方のフタバタウン、いつもの奥さんと世間話を聞いていた。

「ママさん。うちね。明後日息子のダイキが旅にでるの。旅にでて帰ってくるの心配で…」
「そうなの。でも安心して。私の息子もあさって旅に出るから…」

201番道路…。ここはムックルやビッパ達がよくここに来る場所。
最初のトレーナーにとっては初歩の場所といえる。
そんな中一人の少年がムックルとビッパ達と遊んでいた。

その少年こそがこの話の主人公、ショウタ 10歳。ショウタも明後日トレーナーとして旅にでることになる。
普通では3匹のポケモンのどれかを選んで旅にでるはずがそのまえに何かに出会うことをまだ知らない。

話は戻して。明後日旅に出るショウタは何か思いついたようだ。


「明後日から旅に出るのか…。かなしいな…。あ!そうだ!201番道路の凄さを知らしめるためにどれかいいポケモン1匹選んで旅とお供にさせるってのはいいじゃない?」


ムックル、ビッパ達は大賛成していた。
早速ショウタはムックル、ビッパ達を見つめ始めた。

1時間後。


ようやく見つけたようだ。
すぐにそのポケモンをつかんで持ち上げた。

「それじゃキミに決めた!」

ムックルだ!皆は反対はない。

「お!すばやいムックルだ。これだったらポケモンマスターも夢ではない!」
「先輩かー。まあ、超えられない相手だ」

見つけたムックルの目に涙が。

「有難う…。でも僕と戦ってゲットしてからだよ」
「分かっている。ポケモントレーナーになったらすぐにゲットしにいくよ」

とか言っているうちに日が暮れていた。
夜になると危ないためムックル、ビッパ達は森へ帰っていった。

自分も帰ろうとフタバタウンへ向かうが。そこにモンスターボールが。

「ここにモンスターボールが…。誰か落としたのかな…」

手に持った瞬間ボールが光った。

「な…なんだ?」

すぐに手を離したあとボールからポケモンが現れた。
見たことないポケモンだな…っと見つめていた。

近づいて調べると目が開いた。見た瞬間すぐに抱きついてきた。

「封印から開放してくれて有難う!」

開放?っとあわてて説得してみる。

「それは僕の父さんのことか?」

落ち着いてまともにみたがすぐにはなれ。木の近くについた。

「ごめん…。人間違いだった。まじで似ていたから…」

「すぐに落ち込むな!!」っと怒りをあらわにして怒る。

詳しい説得をして1時間後。

「というわけだ。そういえばキミの名前きいてないな…。ポケモンみたいだけど教えてくれないか。僕の名前はショウタ」
「名前教えて無かったね。俺の種族名はタツベイ。ニックネームはライガーと申す」
「タツベイ…」

後ろにあるポケモン図鑑からだして調べてみたが…。

「現時点このポケモンのデータはありません…」

「そういうことね。この図鑑はシンオウに生息するポケモンしかないからね…」

「落ち込むなよ。ちょっと頼みがありますがいいですか?」
「いいですけど。なるべく早くおわらしてくれよ」

落ち着いてライガーは頼みごとを言う。

「気のせいかも知れませんが俺は何者かに狙われています。かくまってとはいえませんが一緒に仲間に入らせてください」
「う…ん…」

ゆっくりと考えた。その結果は…。

「いいだろう。仲間が多いほど旅は楽しくなるからね。それじゃ」

ボールを差し出していれようと思いきや爆弾音が出てきた。

バーン!!

聞こえた場所はビッパたちがいるところだっとすぐに気づきライガーとともに行くことに。


走ってから10分後ビッパ達は逃げていてまた爆発音が響いた。
一体誰だ!っとショウタは叫んだ。

「ばれたか…。弱い森だな…これは」

すぐにマルマインを出して攻撃を仕掛けてきた!
ショウタもライガーでやってみるがやっぱり気になるところが。
マルマインは一体っと気になってポケモン図鑑を開いてみるがそのポケモンも詳細不明。

ガチで進むがかなわない。すぐに後ろへいって考えるものの…。
すぐに近づいてきた。あわてて指示をだそうとするが。

間に合えずにマルマインの近くに。

「マルマイン!大爆発!」

ドシャーン

「これで勝った。って何!」

ライガーの前にショウタが。しかも意識はない。
怒りをあらわになって攻撃しようと立ち向かうが相手はマルマインを出してきた。

「名前言い忘れたが、名前いう資格ないか。俺の職業はポケモンハンターでね。質の良いポケモンをさがしているんだ。続きはお前をたおしてからだ」

前進してきた。ライガーも攻撃しようとするが指示される相手がいない。
迷っているうちに近くに来てしまった。

「これで終わりだ!だいばく」

技を言おうと思いきやショウタの声が。

「ライガー、かみつく!」

かみつくでマルマインがひるんだ。

「すまなかった。ライガー」
「ショウタ!」

立ち上がった姿に驚いた。

「何故だ…。大爆発をもろに受けたはずなのに」

答えを出すためにショウタは上着を脱いだ。中にあったものは。

「プロテクト…」
「そう。もしものときにつけていたものさ」

何故意識は一時的に失ったか気になってライガーはショウタに質問する。

「何故このときは意識を失った」
「それは…。衝撃が大きすぎたから気絶しただけ」

でもかつのは代わりないと高笑いする。

「ふははははは。でも勝利するのは変わりない。マルマイン、だいばく」
「ライガーずつきだ!」

強烈なずつきによってマルマインはポケモンハンターのところへ飛んできた。

「ああああああ!マルマイン、大爆発をすと」

指示がおくれたか大爆発して倒れた。
爆発が終わったあとビッパたちがやってきて感謝された。

早く家にもどって明日のために寝ることにした…。



謎の基地では。

「今回の調査結果であのタツベイはライガーと判明しました」

謎の人はちょっと笑った。

「そうか。ついに見つけたぞ。ジオン」

そこにジオンが現れた。姿はカイリューだが…。

「ライガー…。ついにこのときを待っていた…」

何たくらんでいるのやら。