※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 その夜、荒野に一人、空を見ていた。

「風と無か…。奥深いな…」

 それは数時間前にさかのぼる。



第3話 種族、属性、種族

「説明が長いから、歩きながらでもいいかな?」

「いいですよ」

「それじゃ…」

 種族:魂獣の重要となるものだ。これが原型となるのだ。種類は竜、獣、鳥、魚。かなり種類は多いが今はこれだけだ。

 属性:これも重要となるもの。これがないと技が出せないぐらいである。種類は火、水、雷、鋼、石、風。今はこれだけ。

 ウエホン:これはいるもいないもどっちでもいいものだ。これがあれば戦略が広まる。種類は騎士、破壊、針。今はコレだけだ。

「前にも言ったと思うが、騎士獣は種族は獣、属性は鋼、ウエホンは騎士。石獣は種族は獣、属性は石、ウエホンはなし。っとなる」

「それで速訊竜は?」

「速訊竜は…種族は竜、属性は…珍しいな風と無だな。ウエホンはなしっというわけだ」

「そうなのか…」


 そして歩き続き。夜にひとまず休む。そして今に至る。


「謎が多すぎて分からないよ…」

 そこに誰かやってきた。そう、アルマーだった。

「アルマー師匠! どうしたんですか?」

「今日はいい風だ。何かいいことがありそうだ。リュウト、ちょっとお手並み拝見をしようではないか。過去話をしながら」

 すぐにアルマーから騎士獣になって攻撃してきた。リュウトも速訊竜になり、すばやく離れた。

「こういう風にならないと勝負にならないからな。いざ!」