※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「もうすぐ完成だ…。私自作バイオビースト第1号が」

 この大きな水槽の中に第1号が眠っている。実はあの人もバイオビーストらしい。

 バイオビーストとは、野生獣の心に支配し、人間の心がない悪の魂獣のこと。味方の悪の魂獣だって倒さなければいけない相手なのだ。

「さあ目覚めろ! 第1号よ!」

 水槽のガラス破壊とともに目覚めた。

「完成した…。これで、第1号! あいつらを倒すのだ!」

「グオオオオオオオオオオオオ」



第6話 電気土竜


 テントの中。

「はぁ~。ストームは気をうしなうわ、リュウトは疲労で動けなくなる…。想定外だった…」

「すみません…」

「でも何故だ? リュウトが速訊竜と同化の時と同じく、ストームの時も最後のときはかなり疲れきっている。私は全然なんともなかったのに…」

「俺にも知らない。速訊竜と意識同化した時、急に身体に負担がかかってきて…」

「うむ……。ちょっとまってよ」

 アルマーのアイテムボックスから《魂獣大辞典》とかかれた大きな本を出した。

「こ…これは…」

「ああ。昔から使っていた大辞典だよ。昔までは相手の戦略のために見ていたが、今は、魂獣について色々と調べる道具となったんだ」

「へぇ~」

「えーっと、意識同化は…。ここだ!」

 辞書から意識同化を見つけて、それを声を出して読む。

 意識同化とは、その名の通り、姿だけではなく、意識も同化させるいわゆる完全覚醒といわれている。しかし、初めて意識同化したとき、激しい負担が出てくる。下手でもすれば死に至るケースも。2回目以降、別の魂獣を同化してもしっかりと慣れているため問題はない。

「こういうものなのか…」

「そう見たいだな。今日一日ストームは目覚めそうもないな。今日一日ゆっくりしよう」

 しょうがなく今日は休息をとることに。

 その夜。静かで、ほとんどの野生獣は眠っている頃、何か音がうるさい。気になったアルマーは外へ出て行くと…。大きな野生獣(?)が一体ここへやってくる。これはっとアルマーは騎士獣になって野生獣のところへ走り、とめようとするが…。

「なんだって!? こんなに野生獣は強かったっけ? (弱点相手は除く)」

「野生獣……なんかじゃない…」

「!?」

「人間の力を借りて作られた悪の魂獣《バイオビースト》だ」

「バイオビースト…。改造獣ってことか。かなり強いと思っていたよ。でも…なんというパワーだ…。ぐあ…」

「このまま地面にたたきつければいい…うおおおおお!」

 凄い怪力で騎士獣を地面にたたきつけた。すぐには動けない。

「これで最後だ!」

 その時! 地中から土竜が出てきた。

「土竜!」

「いや…。ただの土竜ではない…。見たことあるような…」

「久しぶりに地上へ出られたかと思いきや、バイオビーストじゃないか」

「せっかく騎士獣に勝てるかと思いきや、空気読めないやつが…。破壊!」

「改造獣! その土竜に手を出すな!」

 でも遅かった。バイオビーストの右手が土竜に触れた。すると…。

「エレキビリビリ!!!」

 凄い電気がバイオビーストに襲い掛かる。

「ぐあああああああ」

 そして、身体中麻痺になって、倒れた。

「やっぱり凄い…。電気を使うってことは電気土竜エレギンか?」

「あ! お久しぶりです。騎士獣アルマー! バイオビースト相手に苦戦しちゃって。もう年をとっているんかい?」

「ただ単に油断してしまっただけだ!」

「まぁ、無断で電気土竜の身体に触れると。感電してしまうぜ!」

「(いや、感電どころではない)そういえば、これからどうする気?」

「うーん…。今行きたい場所はないし…暇つぶしのためにお前と一緒に旅についていくよ」

「本当なの!?」

「ああ! あ! 情報だと、新しい仲間が入ったって情報があるけど、その場所に連れてってくれないか」

「いや、すぐ近くのテントにいるから」

 騎士獣はアルマーに、電気土竜はエレギンに戻り、テントへ入った。