※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プロローグ



第1話「探検隊での初めての冒険」

ここはポケモンの世界。そこはポケモンがいっぱいいて自然豊かな世界である
しかしその日は大変な大嵐が起こって皆は避難していた
大嵐を起こったその雷でなにやら出てきた
「う・・・一体ここは・・・・・何なんだ・・・・」
そして倒れてしまった。倒れたポケモンはポッチャマだったってこと
その翌日、大嵐はまるく収まって晴れた朝、探検隊本部ギルドの前にいたのはナエトルであった
「今日こそ探検隊に入るぞ。・・・ってあんまり自信がないよ・・・」
そして扉の前に行くと・・・
「侵入者発見。侵入者発見。足形はナエトル、ナエトル」
ナエトルは驚いた
「うわあああ。やっぱ探検隊になれる勇気ないよ」
するとナエトルは何か出してきた
「これは僕にとって大切で珍しい宝なのに見せられないって、ちょっと残念だな」
そしてナエトルはギルドを後にした。すると悪いポケモンが現れた
「うひひひひ。みてよ。あれはめっちゃ売れるぜ。な、ドガース」
「確かにあれは珍しいぜ。ズバット、あの宝は取りますか?」
「いいねえ~とりましょう」
そのころナエトルは海に来て眺めていた
「やっぱりこの空はいいねぇ~。僕が勇気が出ないときはこの海を眺めるのが1番だ」
ナエトルは左を見ると何か倒れたポケモンの姿が
 「誰か倒れている。大丈夫か」
ナエトルはポッチャマを揺らした
「本当に死んでいるの、大丈夫か」
するとポッチャマが起き上がった
「う・・・・うう」
「たすかったー。もう死んでいるかとおもった」
するとポッチャマは驚いた
「ポ・・・ポケモンが・・・しゃべっている」
ナエトルは普通に言った
「大丈夫なのか。しかも見かけないポケモンだな」
「実は僕は・・・・」
ナエトルは思いかけないほど驚いた
「えー人間なの」
「うん。しかし人間だったころベランダに落ちたころしか覚えていない」
「そうなんだーでもでもキミポッチャマだよ。最近悪いポケモンが増えているからなー。」
「えええ」
ポッチャマは全面調べた
「本当にポッチャマになっている」